こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

映画【バンクーバーの朝日】
野球好きな方なら鑑賞されてるかもしれない、1914年から1941年までカナダ・ バンクーバーで活動していた、日系カナダ移民の二世を中心とした野球チームの話を描いた映画です。そして大河で私の好きな直江兼次役を見事に演じた妻夫木君が主演の映画でもあります。
移民労働の厳しさを身を持って感じていた一攫千金を夢見て異国カナダに移民した日本人にとって、労働以外で白人との対決が出来る野球チーム「バンク―バの朝日」が元気の希望だった事は間違いなく、彼等がたった一勝を得る為に苦難の日々(ボールがストライクになる等の審判判断等)が続いてたが、ある日、主人公ショートのレジーが、白人には身体大きい故に小回りが出来ないと判断し、セーフティーバンドと盗塁という手段で一点をもぎ取る。そして朝日チームの反撃開始。そうした彼等の頭脳プレイに白人野球ファンも熱狂し、一旦は出場停止をくらったチームが白人達含む抗議の意見で復活する。まぁ、前半はこんな流れでした。
ここで思い出したのは巨人のバント名手だった川相昌弘元選手。もう、この方の巨人バント時代はモロプロ野球観戦にハマってた為に、その活躍の凄さを目の辺りにし何度手を叩いてた事か・・・懐かしいです。
映画は後半に進み、野球チーム「バンク―バの朝日」の輝かしい時代も、真珠湾攻撃から各国の対日本人対応が変化した事から崩れ始めます。それはカナダでも例外ではなく、職を奪われ車や舟を国に没収されたりと辛い日々が始まります。最終的に、世界大戦に繋がる途中の太平洋戦争勃発で、カナダの日系移民者家族達は全員収容所送りとなり選手もバラバラ。そして「バンク―バの朝日」と言うチームの姿が無くなります。収容された日系人が解放されたのは終戦から5年後となりますが、彼等がバンクーバーに戻る事はなかったらしいです。そして、野球チーム「バンク―バの朝日」の当時の人気と活躍が、カナダで評価され名誉を称えられるまでに実に60年の月日が流れたという・・・一種切ない青春映画でした。
何となく、遠い海外の地でそれなりの楽しさを見出してた日本移民者(そこで生まれた子含む)達・・・と言うより、この映画だと国籍関係ないスポーツ好きな人達と言うべきかな?の楽しさを、罪のない生命を奪うと言う人類最大の過ちである戦争で奪われたと言う感じに受け止めれなくもなく、戦時中映画みたいに起伏にとんだ映像等はなく、その時代を静かに描いてるだけではありますが、個人的には野球観戦は好きな為、野球の試合シーンはそれなりに楽しめたよなって感じですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.