こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

本年度最後の授業参観
今時の授業参観って授業通し2時間で・・・参観日の連絡頂戴する度、2時間続けて授業参観させる意味が解らないと思ってしまう。保護者に観なれながら授業する先生も生徒も、そんな長い時間嫌じゃないのだろうか?・・・と、学校行事で活躍しない人間側だった私は、親が病気持ちだった事もありますが「来なくていいよ」と申し出てた記憶があり、通し2時間の授業参観でない時代の人間故に現代教育現場は謎の境地でございます。でもこれは・・・早朝から数時間単位で働いている親への配慮なのかなとも思いつつ・・・二時間続きの参観はこの地区だけ?との疑問はあります。という事で三時間目と四時間目に授業参観を覗いてきます。
子供は周囲の勝手イメージと正反対な「引き蝙蝠的な母親」より、外交的な父親(親戚間の子供相手担当)に来て欲しがっておりますが、主人は我が家の稼ぎ主故に・・・こればかりは参観日を土曜にやってくれない限り致し方ない。

話は変わり・・・先日、某方のBlogコメントに20代の自分の異性評価で「一緒にいて笑える飽きない奴」と言う事を書いて送ったところ、その方はとても良い方向に解釈してくれたんですが(御心使いが嬉し過ぎで、本当はそんないい意味でないのにと落ち込んだ)、実はこの言葉・・・「一緒にいると誰もがしない事をしでかしてくれるから仕事が飽きない」と言う意味合の言葉なんです。その大ミスと言うのは話す気にならないので避けますが・・・相手が中・高卒なら兎も角、大卒の方から観ると私の言動も行動も思考も、当時は若干常軌脱してる判断を頂いておりました。自身フォローするならば、当時の年上大卒者側の方が学力不足の人間に対し、ありとあらゆる事態に対する予想や想像力が欠如したと言うべきなのですが・・・どんな言い訳しても、結果的には自分の判断が間違ってた為、20代の私が本当に世間知らずなお馬鹿さんだった事だけ書いときます。でも、あれだげ馬鹿やってると得る物も多く、そこの職場去る迄の短い期間に、自分の知らない常識や人生、社会の様々な事を色々教わり・・・けして馬鹿も無駄ではなかったと今では思いますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.