こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

人生嫌な時の個人的解決法
自分が人生に疲れた時必ずやる事、それは空を見る事。
晴れた日の朝や昼なら綺麗な青空を、夜なら星や月が輝く夜空を、雨や雪の日は雲の圧さと流れを・・・そんな風に空を見てると、自分は宇宙に生かされてるちっぽけな物体に思えてきて、何事も悩むのが馬鹿らしくなり結論でなくても自己消化しちゃいます。
で、悩むまでに至ってないが、毎日が平凡な同じ事の繰り返しだな~、つまらないな~と感じ始めた時、添付した自然の一寸した瞬間を見れると凄く嬉しい気分になれ、よし!ラッキーな物が見れたから一日頑張ってみよう!と言う気になります。
DBサイトで描いた天ラン1頁漫画みたいな虹も同じで、若干鬱加減の通勤中に、虹等滅多に見れないオフィスビル街の谷間に、7色ハッキリと解る虹を見た時は凄く嬉しかったです。要するに、自然界の綺麗な瞬間が生きてるてて幸せと感じる人間なんです。
今迄、空を眺めて凄く感動したのは、小説でも有名な某峠のスキー場の夜中に肉眼での天の川を観れた時と、富士登山中の大量流れ星と雲海の日の出(何時か写真UP)、それと富士登頂果たした時の青空ですね。

後、数分で夜が明ける空

さて、恋愛観について少し書いときます。結婚してる自分が言うのも変ですが、私は恋愛苦手タイプで晩婚高齢出産者です。
若い頃は誰もが羨む可愛い恋愛より、どちらかと言うと刹那的な恋を楽しむ思考があったかもしれません。でも、今から恋愛したいとか、好きな人が居る方は結果がどうあれ傷つくのが恐くて行動しないより、行動して出た結果で喜びや後悔を感じた方が良いと思います。自分も恋愛で凄く泣きはらした事もありますが、それは自分が強くなる為のステップだったと今では懐かしい記憶です。

恋愛は簡単に二つに別れ、成就する物とそうでない物があります。成就する物は恐らくその方が相手との交際に対し、キチンと真面目に向き合い努力した成果だと思います。そうでない物には理由が様々です。
過去のトラウマから恋愛が恐いと言う人もいれば、恋愛したがらない人、実らない恋愛好きな人、危険な恋愛をしてる人・・・綴り上げたらキリがありません。でも、そんな成就しない恋愛してる人の気持ちも長年持ち合わせた自分は、その方達の気持ちも半分は解る為、本人がそれで良いと思ってるならばそれが幸せだと思うし、恋愛や結婚だけが人生でない為に良いのではないのかなと考えます。ただ、それには条件があり・・・そんな道を選んだ当人が老い始めたり、親の世話をせざる負えなくなった時、けして自分と逆側人生を歩んでる人達に対し、同調を求めたり文句を口にしてほしくないです。又、そんな方は意外とシンデレラシンドローム的な面も持ち合わせてる方も居る為、現実と夢や妄想は別だと忘れない事と思います。
第三者が幸せに見える人の家庭にも色々な事があり、誰のどんな人生にも、悩みや不満は永遠に付き纏う物で、それが欲がある人間が生きてる証拠だとも、個人的には考えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.