こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

福山雅治の番組を見て思い出した事
12/22NHK【残響の街・長崎】~福山雅故故郷を撮る~を見ました。内容は福山雅治さんが故郷長崎を旅しナレーターしながら写真を撮るという、まぁ世界遺産が増えた故郷紹介と言うべきなのかな?この番組拡大版が1/10~1/14に8Kハイビジョンで観れるそうです。興味ある方はNHKサイトにどうぞ。そして、この放送日にましゃに第一子誕生と言うHappyNews到来!おめでとう福山雅治47歳!来年は年男(幼馴染と誕生日付が一日だけ違いで覚え易かった)!頑張って御初育児頑張れ!

で、今日はこの長崎について書きます。
自分にとって長崎は、母方本家御家族が転勤で長く滞在してた場で、まだ親の保護下であった懐かしい時代に、家族4人で祖父法事で夏休みに訪れ、平和公園・浦上天主堂を見てチャンポンを食し、初めての宵祭り(燈籠祭り)を見た地でもあります。
その後は社会人になり慰安旅行でハウステンボスに行き、結婚して直ぐ共働き時に誰かに呼ばれるかのように長崎経由で佐賀の嬉野温泉(実家本家近く)に夫婦旅行に・・・自費は一回のみですが、贅沢にも通算3回も飛行機利用で赴いた地でもあります。
ましゃ御本人は、故郷の長崎は若い頃に好きでなかったと語ってた事もありますが、私は初めて訪れてた時が暗い法事の後に、あの賑やかでとても綺麗で神聖な燈籠祭りが観れた事への印象が強烈で・・・今迄訪れた地ではよく記憶に残ってる地ですね。
ましゃの【クスノキ】と言う歌も、心にしみじみと伝わる気持ちがあるので凄く聞いてて好きです。当初聞いた時は結構ブルーな心境だったので、運転しながら涙流しました。で、最初に長崎訪問した時、色々と歩き回った後に食べたチャンポンが美味で・・・あの坂が多い街並みも、登り切った時に振り返って見える風景には感動した覚えがあり、今回番組内で映ってる映像を見ながら、あっ此処知ってる、行った事ある、歩いた・・・等々結構昔を思い出し、もしかしたら自分は中学生のましゃと長崎市内で擦れ違ってたかもしれないと考えながら見てました。
現在は色々と本当の意味で揺れ動いてる九州地方ではありますが、飛行機嫌いな主人が珍しく自ら、入社して初めていった慰安旅行先のハウステンボスに行きたいと口にし(私も今度いくなら軍艦島行きたい)・・・子連れで家族旅行出来る様に準備開始してますが、九州に集まる親戚方々の身に何か不幸があった場合・・・この準備は別物に消えてしまう可能性が零でないのが悲しい現実と自分年齢です。子供の頃家族で長崎に法事訪問できたのも、実は、専業主婦の母が秘密裡にコツコツと家族旅行しようと何年か越で資金を溜めてたからなんです。じゃないと葬式でもないのに高校進学費用がかかる頃に家族全員で遠隔地法事まで、稼ぎ主一人の庶民宅では出席できませんって(^^;。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.