FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

生きてくのが疲れる
何かね~・・・自分、競争心が人より欠けてる人間故、何事にも「負けたくない」を前面に出してくる相手は苦手なの。特にその感情を私みたいな人間に向けてくれる奇特な人(時と場合でそう変貌する方が約一名有)。
本当にごくたまにだが、彼女がそういう感情を表にし「ほら私が勝ったわよ」という感じでチラ見される度、自分は貴方に対抗心燃やして頂ける程の人間性を持ち合わせてない為、大迷惑な感情の持主だと何時も思う。
後、ママさん同士で自分が優位又は優勢で居たいがる自尊心高い超賢い人とは距離を置く・・・否、なるべなら自分がクソ汚い言葉で相手に分千切れるのを避ける為にも関わりたくないこの頃。

以下、文字反転で愚痴ってます・・・
何と言うか・・・もともと計算高い、使うべきときに使わないケチ、周囲や家族を顧みないで好き勝手やる相手は好きじゃない。
後、他人様は自分の為に動き、自分に会いに家に来てくれる、又は自分に電話しえくれるのが当然と思ってる姫様思考人も苦手。

そんな性格故、高学年からは一人趣味時間が大好きだった。親しい友達には変わり者と思われてたかもしれないが、小学生時代から女友達の一人と色々ありまして・・・でも姉同士が仲良しだから、その妹と遊ぶのは心の奥では嫌でも遊びに行かざる負えなくて・・・本当に苦痛な低中学年を過ごしてた気がする。その子はOL時代に意味不明な絶縁状郵送してきた元高校クラスメートと性格似てたかも。思い返せば自分、母の使い走りをしてた頃から「何故姉には言わず自分だけ」不満(御駄賃貰える訳でもないのに)が凄くあり、恐らく物心ついた頃から女に好印象がないのだと思う。どんな事が家族内であったかの詳細は、あまりにも下らない事故に書き連ねる事はしませんけどね。
女嫌いが徹底的になったのは二社目の会社に転職した時。入社してすぐ、職場女性社員で派閥があり雰囲気が悪いのが解った(前職が幅広い年齢層女性オンリー職場だった為)。兎に角・・・相手の居ない場所で一番年上のいわばお局先輩に対しての悪口が半端なくて・・・一応自分はその先輩に誘われたりもしてた為、「彼女の前職を考えると普通だよ」と、その内容に関してのフォローはしてた。そんな悪口は言うが言えばすっきりタイプの子達が寿退社で辞めて行くと、そのターゲットだった一個上の先輩の色々な愚痴が始まり、その先輩も無事念願叶い退社すると自分がお局になったんですが・・・自分の席から社内全員の仕事風景が丸見えで・・・一部の女子が口だけ動かし手が動かない残業稼ぎ女子だった事を知り(当時、社長の息子から嫌味も出たほど)、その人達も転職やら結婚やらで退社し、新時代の新人入社が増えてくると一番年下だった社内アイドルが交替となる訳で、アイドル扱いされなくなる後輩の不満が凄いのなんの・・・って感じでしたね。生憎、自分は生まれてこの方そんな扱いをされた事がない為に良く解らん後輩の嫉妬心に、「そうだよね~嫌だよね~下が増えるのって~」と、彼女が目の前に座ってた為に自分を偽って話合わせてたことがあります。そんな感じで女性(特に負けん気強い外交的な女子)と接するのが苦手になったんだ。それは自分が歳重ねると共に酷くなっており、最近漸く直りかけてきてたのだが・・・って感じの日々です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.