FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

9月上旬に観た映画
2016年米映画【スノーホワイト/氷の王国】監督:セドリック・ニコラス=トロイアン
先月鑑賞した「スノーホワイト」の続編が、漸く鑑賞出来ました。録画してから観れるまでの期間が二週間程空いてて・・・主人に録画消去されなくて良かった。
内容的には童話によくありがちな展開で、前作の邪悪な女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)の妹フレイヤ(エミリー・ブラント)が、好いた男との間に出来た子を殺された事により心を閉ざし、氷の王国を作り始めた事から物語が始まるのですが、そもそもそんな王国を作った事も全て姉であるラヴェンナの仕立て上げたシナリオだったという。
手短にまとめるなら、妹の生き方を妬んだ姉が幸せな愛に満ち足りた生活を送ろうとした妹を、自分と同じ世界の仲間にしようと人を操り、フレイヤの魔女としての潜在意識を目覚めさせたが、姉が犯した事に気付いたフレイヤと袂を分つ事となる。また、その事実に気付くまでのフレイヤは、自分の子供同様に敵に殺されない様、国の子供達を城内で鍛練させるという、少し屈折したやり方ではあるが子供を愛する思いはあった様です。その中の男女二人が成長し恋に落ち、その魔女姉妹闘争に巻き込まれつつも、その二人はフレイヤ王女の死の間際に芽生えた「育ての親の愛情」により危機を脱し、国民達はハッピーエンドだが魔女姉妹は共倒れのアンハッピーという最後。
前作同様、鑑賞後は女性の厭らしさがふつふつと伝わってきて、思わず「御免なさい」と、口から出そうになった映画でした。

2015年米ヒーロー映画【アントマン】監督:ペイトンリード
地上波録画したのを漸く鑑賞。流石、マーベル作品と言うべきで、アクション映像などは見応えあり。1.5cmになれるスーツを人生崖っぷちなバツイチ主人公が盗んだ事から展開する物語で、面白い事は面白いのだが・・・あの蟻の集団画像は虫嫌いな今の自分(子供時代は平気で触れた)には受入れ難く、あの博士の「蟻は友達!(C翼風)」みたいな思考から物本の蟻を操作してると言うのは解せませんでした。その映像を除けば、主人公が例のスーツ機能を使いこなす様になるまでの過程は楽しめたけど、正直に個人の好みの問題で、同じマーベル作品なら「アントマン」より「キャプテンアメリカ」、「スパイダーマン」や「アイアンマン」の方が、ミーハーと言われ様と自分的には好きです。
あと、ラストが敵に危険な目にあわされそうになる我が子を命かけで守ると言う、ドラマ的には日米変わらない有りがち展開なのでしたが、別れた妻には警察官という再婚婚約者も居る為、前科者の主人公と復縁とはいかずとも、今後は良き友達的な温和な人間関係を築いていきそうな気配のENDには、日本のドラマ「LAST COP」の京極(彼は前科者でないが)の、元妻や娘との現代での関係を思い出してしまいました。

2018年邦画【検察側の罪人】監督:原田真人
あらすじ:東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗(しつよう)に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始め......。 (シネマトゥディ記事引用)
 
という内容の現在放映中映画故、感想は下記に反転文字で記載してます。
正直にこの手のミステリー小説が好きな人なら、役者が誰であれ楽しめる映画でした。個人的には、ラストでも検察官として判断する「善」と「悪」に、どちらの判断が正しいのかの決着がついてない為、続編エピを少し観たい(読んでみたい)気分にはなりました。
この映画の意外性を上げるなら、あのキムタクが汚れ役を演じた!の一言ではないかと・・・。過去、フジTVはじめ各局ドラマ等や映画で、ヒロインを守る又は心から愛する好青年役を多く演じ続けた木村君故、まさか自分の手を汚す役をこの歳で演じたのには驚きです。でもその場面がまた良かったりしたのですが、これはファン心理の贔屓目と言う感じでしょうね。例えばこの役柄が二宮君と逆なら、「ふ~ん」で済んだですけどね。
今回のこの二人の役柄は、如何にも一般社会にゴロゴロ転がってそうな先輩後輩の縮図の様な物で、色んなものに関わり人生山あり谷あり・紆余曲折・七転び八起きと日々過ごしていくと、「悪」の行為が全体的な流れから「善」に思える又は見える様になる時も増えていくという・・・現実はけして夢物語でなく理想論通りに物事は流れず、正義感や理性だけではどうにも解決できない物は存在するいう・・・何とも微妙に色々と思い当たったり考えさせられた関係でしたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.