FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

とんでない事態に憤り中
先月、母が直脱腸の関係で手術をしたのですが、手術前に医者が説明した手術法と自分で調べ上げた手術法が異なり、又、母の体質から医師が仰った手術法で、術後の排便が上手く回るのかとの懸念を姉が抱き、共に医師へ確認した時は「術後の問題は心配なく、極稀に何か問題が起きた場合、自分の説明した手術の方が対処しやすい」と言われた為に手術OK出したら・・・手術自体は成功だったですが、やはり私達が懸念した通り排便が上手くいかなくなり、それをICU入りした日にすら電話連絡もせずに居たという事実を、翌日主人と子供に見舞った私が知った訳ですよ。
そしてその翌日に病院の転居した当時からの担当医側から来てくれとの電話が入り、何となく危険なのに点滴だけして本来の病気への正当な処置もせず放置状態なのは察知してた為、急遽病院へ向かったら案の上「腸閉塞をおこすかもしれない上に、心臓カテーテル手術もしてる身故、呼吸困難に陥る非常に危険な状態」との話でした。
結局、直脱腸で良かれと思い腸を縛りあげた物をはがし、身体を術前の状態に戻し排便を促すしか今の危険な状態を打破する術はなく、明日緊急手術なのですが・・・問題なのは便がキチンと排出されてないと解った時点で何故、病院は直ぐに家族に連絡しなかったのかという事なんですよ。
便が何となく上手く排出出来てないとレントゲンで読み取れた時点で、何故、病院は家族に電話をしなかったのか?
医師の指示なのか、どうせ老い先短い身なんだし危篤状態で電話すればいいと思ったのか、誰かが見舞いに来た時でいいと思ったのか・・・色々な予測は後期高齢化社会故にボロボロでますが、少なくとも私の元には電話はなかったし、姉の電話にも「病院からの履歴なんか一度もない」と言う事で・・・「姉に電話してもつながらない」と言い訳しまくりの看護婦Wさんの言葉は真実とは違う様です。電話をしたと言う看護婦が正しいのか履歴がないという姉が正しいのかは、病院訪問するまで母の状態を全く知らされてなかった自分にはどちらが嘘ついてるか判断できません。ただ、外科医師含めて言いたいのは、色んな内科関連病気を抱え、何度も手術をし、長年の通院薬治療で抵抗力が常人より弱ってる患者が、自力で今回の事態を好転出来る訳ないんです(そんなの素人でも直感と感覚で理解出来る)。つまり、数日前に排便が全てされてなく膨脹してるのが判明した時点に家族に連絡し、即対応してくれれば今よりも危険度は低かった筈だし、貴方方が取ってた行動と処置は訴えられても致し方ないと言う事です。マジでこのまま亡くなった場合、洒落にならんぞ・・・ウチ等も母の兄弟姉妹連も。
誰も親を病院や施設にいれた段階で、「邪魔だから観殺しにしてください」とは思ってもいないし、頼んでもいないんだからさ。しっかりとまともな常識ある対応してよね。病院も医師も看護婦・看護士もさ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.