FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

’18.06上旬迄の映画鑑賞
'14英仏協同映画【パディントン】
今年1月に吹替え版を録画鑑賞した作品ですが、今回は松坂桃李君が声担当した吹替版を初観賞しました。
いや~パディントンの声聞きながら、桃李君がどんな顔で場面場面を演じてたのかを想像したりしながら、再度楽しく拝見しました。でも、吹替版鑑賞しながら我が子からは「シリーズ2がもうレンタル出てる筈だよ!」と・・・キツイご指摘を承り思わず苦笑。続編を観たいのを、ず~と・・・我慢してた様なので、母は早いうちにレンタルしに行かないとね・・・(^^;

'14アメリカ映画【メイズランナー】監督:ウェス・ボール
たまたまムービープラスで放送されたので、新作も6/15上映の為に試し鑑賞してみたが、こちらの映画監督は30代で若い。
で、問題の作品なのだが・・・以前劇場予告を見たときは、監獄みたいな迷路に複数人の男女の若者が閉じ込められてて、そこから脱出するスリルを味わうゲーム感覚の映画なのかな~と思ってたら全く違ってた。
いきなり記憶を失った青年がエレベータで迷路中核の様な広場に送られ、そこで生活してる同じ様に送り込まれた子達と巡り合う事から物語が始まったのだが、名前だけは直ぐに思い出すという。で、そこで暮らす若者たちは、何れ脱出する為に足の速いメンバーを集いランナーとして、一定時間で道筋が変わり閉じてしまう迷路の出口を探していた。だが、そこには巨大クモの怪物も居て、そいつに刺されると脳神経がやられまともな思考判断が出来ない狂人化してしまう。でもその蜘蛛はWCKDという組織の作りあげた有害ロボット昆虫(と言えばいいのか?)。なぜそのWCKDがそんな事をしたかと言うと、彼等が送り込まれた巨大迷路こそが、地球人の選ばれし新人類(太陽フレアに汚染されない子供達)を選別し、ウィルスの侵された人間を救うべくワクチンを開発する人体実験の場だったという。蜘蛛がロボットと知った主人公他は迷路の強行突破をし、何人かの犠牲を伴いながらも迷路から出た先は・・・血だらけの研究室というそして・・・と、シリーズ2に繋ぐ救出者達が現れEND。
まぁ、シリーズ1は迷路内のとんでもない数の巨大蜘蛛軍に襲われながらも、迷路を脱出するというのが見せかったんでしょうね。まぁ、音響効果も伴い自分的には苦手とするグロホラー的な描写もあった訳で・・・アドベンチャーサスペンスかと思ってた自分の予想を遙かに裏切る、ホラーとまではいかない、SF感覚なスリラーサスペンス。自分的には苦手でも、何とか絶えて最後迄観た。この手の映画には余り免疫がないから、一言で感想を述べるなら・・・「あ~こんな物なのかな?」が、シリーズ1を観ただけの正直な感想でした。

'15アメリカ映画【メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮】監督:ウェス・ボール
先に述べた映画のシリーズ2です。でも有害毒蜘蛛ロボとの対決が主だった前作より、前作ラストで救出してくれた団体やWCKD、太陽フレアに侵されゾンビ化した人類を相手にしてる今回の物語の方が普通に面白かった。
救出してくれた人間がWCKDで絶命していた筈の女性医師と通じており、主人公トーマス達を救出したのも仕組まれていた計画の一つで、トーマス達グループで唯一の女性だったテレサは仲間だと思っていたが、実はWCKD女医師の娘だったと言う。かと言えば、昔のトーマスを知るWCKD勤務していた一人の女性医師が反対派になっていたりと・・・シーズン1では不明だった人間関係、WCKDの目的、何故主人公がWCKDに必要とされ大事にされていたのか等のよく解らなかった点が明確になり、迷路に送られてた人間達とWCKDの全面対決もありと、二転三転とテンポよくフィルムが流れてたので、自分が苦手とする内容だったシリーズ1より、自分は飽きる事はなかったです。でも、ラストをみたらシリーズ3のトーマスが直接対決に挑む(挑まれるというべきか?)相手が分かってしまった訳ですよ。そんな感じなので、シリーズ3もTV放送かレンタルを待つだけで、私事も伴い映画館にまで赴いてまで・・・最終章を鑑賞する気は起きなかったですね。

'15ロシア映画【スターリングラード大進撃 ヒトラーの蒼き野望】監督:セルゲイ・ポポフ
タイトルからしてヒトラーの野望とかの歴史を物語る映画かと思えば・・・ヒトラーもスターリングも野望も無かった。
単にドイツ軍から攻められたソ連軍の若い兵士二人の戦場で芽生えた友情物語でした(一人は銃殺処刑を申し渡されたオガルコフ、もう一人はそれが執行されるまでの監視護衛してた融通の利かないズラバエブ)。
歴史フィクション物かと「これは学校で詳しく習わなかっただけにタメになる」と・・・期待して観てた自分としてはタイトルに騙された感はありましたが、戦場で何度も生きるか死ぬか、行く先々で廻り合う味方団体に受け入れられたり見捨てられたりを繰り返した二人と、それに関わる者達との人間模様という観点で見ると・・・ラストがとても切ない故に素晴らしい出来だったと思います。
全体的に時の流れがゆっくりとした、ハードなドンパチもない戦争映画故、その手の描写を好む方には不向きと言える映画でしょうね。

では、もう一本「8mm」という映画を録画してたのですが、急遽、鑑賞出来る時間が無くなった上に、録画残時間枠が足りなくなったので已む無く消去しました。また、CATVチャンネルで放送時に鑑賞したいと思います。そして劇場に「友罪」他6月新作映画も観に行く予定でしたが、こちらも映画館にまで足を運ぶ時間がなく、5月上映映画で上映館が遠方等の理由で観れなかったもの含め・・・追々レンタルを待ちたいと思う。暫く映画館での鑑賞はお預けなので、観たい作品はメモっておこう・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.