FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

春休み終了でも色々と疲れる
漸く、趣味時間が見事に作れなかった春休みが終わった。まぁ、今年の春は桜も観たし旬の筍も土筆も食したし、子供部屋の不要物廃棄に若干の模様替えもし、本当に久々に車も何回か掃除し、今日はカップボードを片すついでに、欠けた食器と新しいのを交換したりしてた為、趣味時間設けれなくてもそこそこ家事で楽しめれてたかもしれない。
何はともあれ・・・明日からは給食開始!漸く自分ペースの自己スケジュールに戻す事が出来る点にはホッとしてます。
だが、この春痛切に感じた事は・・・これから先、益々育ち体力つく子供に反比例して、自分の体力がどんどんなくなっていくんだろうなぁ~と言う事です。

(以下は愚痴紛いの文です)
自宅で家事育児だけなら、後数年は子供に着いていける気もするが、実家往復運転がこの歳になると仕事以上に堪えますね。
20代の頃・・・5歳年上の相方だった営業の愚痴を聞いた際、「30を超えると・・・正直、長距離運転が身体に堪える」と言われた事がありますが、今に成りその「身体に堪える」の意味が解ります。ただ彼の場合、その手の弱音を吐くのは余りにも年齢的に早かったので、「馬鹿言ってないで自慢の奥さんと息子様の為にまだオジさんパワーで頑張れ!」と、無責任に激励発言した様な気がする。まぁ、今現在その方のHPを年二度程訪問し毎年長距離ツーリング旅してる頁を見た限りでは、あの「歳になると運転が堪える」と言う愚痴は本心でなく、当時はいきなり好景気からの景気転落で働く側も疲れており、自分の家族の前で言えない弱音を吐く事で、誰かに甘えたかっただけなんだろうなぁ~と理解出来ますけどね。
私の場合、両親の理不尽な姉との対応差に、子供心から腹立つ事が多かったかな~と思う。だから、前文の相手に「お前の思考と態度は、家と外を間違えてる」と言われたんだろな~。でもね、姉の我儘を両親が小さい頃から許したばっかりに、今現在、要介護の親の衣類も洗濯しない、自分は旅行・観劇三昧・・・と、あの歳で信じられん我儘ぶり。迷惑してるのは、その為に帰宅しなきゃならん、父親に文句言われ嫁に出た私の方で・・・友人等は姉を知ってて同じ長女の立場として、姉側を絶対擁護する為に私は誰にも愚痴れない。解ってくれるのは・・・「○○(姉の名)ちゃんさぁ・・・歩くのに不自由してるお爺ちゃんお婆ちゃんほっといて、遊び過ぎじゃない?」と、たまに母親の私に零す事もある我が子だけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.