FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

今週の映画感想
2/10 民放放送、’17上映【本能寺ホテル】
まぁ・・・結婚前の女性が本能寺ホテルという名のエレベーターから、ある条件が揃うと戦国時代にタイムスリップし、蘭丸や信長とあちら世界を楽しむと言う発想は面白かったのですが、このヒロインの現実世界との人間関係と言うか、恋人との結末と言うか・・・正直,、現実に生きる一人の女性としたら「このヒロインの思考ヤバくねぇ?歴史上人物にマジ惚れしてる?」と思わざる負えなかった。まぁ、現実男子に恋出来ないタイプの女子からしたら、この手の思考は理解出来るのだろうが(二次キャラへの恋愛等)・・・私には無理でした。何で危険犯してまで、光秀の謀反を信長に伝えにいかなならんのか?自分だったら無理。あんな純粋な真っ直ぐな想いで歴史上人物に惚れこまない。大体このヒロイン、会社倒産求職中に折角プロポーズしてくれた恋人との縁談を最終的には破棄して、自分のやりたい道に進む事に決めてんだもん(社会科歴史の先生になりたいらしい)。そこで漸く気が付いたのは、この映画って・・・就活中の新卒や転職者に向けたメッセージ的な映画?と言う事。
まぁ、どちらしろ・・・超現実主義、夢もロマンも想い出の彼方の自分がこのヒロインと立場と状況が同じだった場合、確実に彼女と違う決断と行動をすると言う事ですね。

2/12 ’18.2.9から上映【マンハント】
福山雅治氏が出演されてる中国アクション映画(日本との共同映画ですが)、初日は無理でしたが観てきました。
アクション場面は流石・・・と思えましたが、物語の流れ方がアクション前面過ぎてて所々「んっ?」と、アクション映画見慣れてない人間からしたら思う場面もあったのは事実です。ストーリー設定は良いのでもう二転三転と少し捻りがあった方が良かった気もする。この映画に関しての見所はマチャの身体張ったアクションと武士道取り入れた場面。後、ライダー暗殺者軍団との銃撃戦(監督の娘さんが出演されてたそうで)、薬投与で化物兵器人間化したドゥ・チウの肉弾戦。兎に角、アクションシーンに限りますね。
この映画の男女間の恋愛描写の仕方は、あれは・・・何というか・・・凄く中国らしいなぁ~と思い、何か昔見たアジア系映画等を思い出しました。でも、久々に恰好良いマチャの姿を大画面で観れて個人的には大満足です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.