FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

今週のドラマと映画感想
1/18放送開始ドラマ【BG~身辺警護人~】
久々の木村君ドラマ第一話観ました。木村君起用某時期某局ドラマと違い、最近の木村君主演ドラマ同様、華々しい過去に対し現在は地味なパッとしない主人公ではありましたが、胸の奥には若い頃と同じ熱い物を持ち合わせてるという感じの役どころの様に感じれましたね。
まぁ正直ボディーガード役と聞いたので、ケビンコスナー的な物を期待した節はあるのですが・・・こちらのドラマのボディーガードは本当に身近な感じの物でした。普通に考えて、海外映画や海外長編ドラマみたいな大掛かりな事を、国内期間限定ドラマでやれる訳ないから当然と言えば当然な感じの事件警護でしたね。欲を言えば、警備側や警察側がそれなりの俳優さん使われてるので、犯人役ももっと凄味ある悪の強いのが欲しかった・・・と言うのは、単なる子供の頃から警察関連ドラマ数多く観過ぎてる一視聴者の我儘なんでしょうね(Gメン75は子供時代の憧れ世界だった)。
でも一話観る限りでは・・・警部課係長の宇梶さんのアクインパクトあり過ぎで・・・自分的には途中で誰か解った犯人が掠んじゃったんです。それでも気になる子は島崎(演:木村君)の息子である瞬役の田中奏生君。何か凄く普通にあの役柄を演じてる気がして、今時の子って感じで違和感なくいいですね~。菜々緒さんの悪女以外演技も私は観るの初めてなので今後の活躍に期待するし、何と言っても上川さんだけでなく江口ちゃんも出てて嬉しい!!と・・・俳優陣の事ばかり書いてると、先日知人に指摘された通り「あんた作品(話)より役者みてるだけじゃん」と言われるので、キチンと最後までお話も鑑賞させて頂きたいと思います。

'14英仏協同映画【パディントン】
パディントン2封切日に録画してた初回作を子供と一緒に拝見しました。しかも、桃李君の吹替版でなく字幕版を英語のリスニング兼ね観てましたが滅茶受けた。こんなに和む癒し映画とは知らなかったが、ファミリー映画故に、子供と一緒でも流血も過激な喧嘩や戦闘Sceneがなく安心して鑑賞出来ましたね(流血も「関ケ原」一緒に鑑賞してるから、グロイのでなければ平気だと思うが)。しかし、博物館のお姉ちゃんが出てきた段階で、この子・・・冒険家の血筋じゃないの?と思っていたが、まさか・・・父親と正反対な人格に育つとは・・・って感じで、いや~女の子の人生もどう転ぶか解った物でないと言う証明みたいな役柄でした。
色々書くと長くなるし、大抵の方が一度は観てる作品だと思うのであらすじ等書きませんが、全文でも述べた通り・・・色んな方々の駆け引きに翻弄され疲れた時に観ると、忘れてる大切な何かを思い出させてくれる様な癒され映画でした。
まぁ・・・色々あり、お友達宅親御様方(皆様頭は良い教育熱心さん)にコンプレックス抱え始めてる子供が、お笑い番組以外の作品を大声出して笑って喜んでたからいいとしよう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.