FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

今週のドラマ&映画感想
1/7(日)放送開始【西郷どん!】
はい、今年から始まった大河ドラマ・・・一応、割と好きな俳優さんが出てるので見て観た。で、どうやら初回視聴率はワースト2で宜しくなかった様ですね。視聴率ってリアタイ放送に関してだけだっけ?他の番組にも言えるが、W録や見逃し放送が当然になってきてる時代でも、記事になる視聴率ってTV番組には欠かせないものなのかもしれませんね。
で、問題の番組感想ですが・・・確かに大河で視聴率狙うなら戦国物と過去言われてる通り、合戦等が多い戦国登場人物ネタ物語よりは地味な感じは受けました。又、まだ始まったばかり故に何ともコメントしづらいのですが、主人公役の鈴木亮平さんが軽い感じがありますね(周囲登場俳優が重い感じだったから余計)。まぁ、マチャの時の坂本竜馬も最初はそう見えたし、特撮ヒーロー初体験主役陣(今、旬若手俳優陣等)も同じだった故、追々、一年間同じ現場で叩きこみ直されたりして、別の顔になる様に成長してかれるのだろうな~と期待し、取敢えずは一年続けて見て観ようと思ってます。でも、林真理子先生が書いた西郷隆盛という人物像が、生涯通してあんな感じならずっとあんな感じなのかもな~という初回感想です。
ドラマとかは原作者の好き嫌いで番組観る方もいらっしゃると思うので、正直・・・私の周囲では林真理子先生作品が好きな方は少ないですね。私は先生の書いた小説は読んだ事なく、ドラマで「不機嫌な果実」と「星に願いを」を知ってる程度で、あの「東京ラブストーリー」のシナリオか脚色に関わってた程度しか知らないのですが、友達は嫌いと言いつつも凄く詳しい批評する子が多い為、一応、小説自体は読んではいるんだろうな~とは思いますね。まぁ、同姓からバッシングされるのだがら・・・結構、よむ人間の性格等によっては、遠慮したいとか認めたくないとかの・・・的を得た女性描写文作品が多いのかもしれませんね。

’14上映邦画【ルパン三世】
こちらは小栗旬さん主演の実写ルパン映画。何やら当時のCM等では、峰不二子の過去が明らかに・・・的な言葉が耳に入ったりしてたのだが、今回CATV放送映画観たらその件については「何じゃらホイ!」でしたね。
で、設定自体がルパンが次元と手を組む頃の物語だったので、漸く若い小栗旬さんや黒木メイサさん、綾野剛君や玉山鉄二さんらがルパン一味役で起用されたのか理解出来た。そう考えると、まぁ、割と上手く出来た配役でないかとは思いましたね。
映画自体も4年手懸けた作品だけあり、クレオパトラの首飾りとかの盗難品設定や、セキュリティプログラム等も去る事ながら、それにまつわる人物ドラマも中々の出来で、各自アクションも頑張ってました(特に黒木さんの不二子)。これなら、まぁアニメ世界壊してないのかもな・・・って感じの出来な実写映画でしたね(原作漫画は読んだ事ないので、実写版とは比較できないです)。
ただ、今回TV放送が吹替版だった故、外人さんが演じてる役の声が、誰役なのかは出てこないのだが割と聞き覚えある声ばかりで・・・アニメ観てるみたいな感じになり、手元作業しながら鑑賞だった為に画面みてない時は声から勝手に漫画キャラ頭で連想させ、動き回るSceneが浮かんだりした為、頃合いみてレンタルで吹替え無版で観直したいとは思いましたね。
でも、個人的にはやはりルパン三世は山田康雄さん作品しか観てません。栗田貫一さんの声になってから一度、アニメを見ましたが、長年山田さんの声で馴染んで育った世代故に受け入れ難く、栗田貫一さんは物まねだっころの方が観てたな~って感じで、現代っ子には馴染みつつある栗貫ルパンではありますが、個人的には声優が違えど我が子世代が観てるドラエもんとは違い、山田さんの声でないルパンは、シャアが居なくなったガンダム同様に、自ら進んでみてみたいアニメではなくなりました。
こんな感じで、好きキャラが消えたり、お気に入り声優さんが亡くなる度・・・人は御子様時代から馴染み深く好きだったアニメ作品から遠ざかる物なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.