FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

子孫が増えなきゃ国は発展しない
毎週、実家帰宅する際、山の木々がちょっとずつ秋色になりつつあります。つまり、陽が落ち始めると気温が大分下がってると言う事で、後期高齢者の身体は寒さで動きも鈍くなる季節が近づいてます。色々な介護事情で・・・年々これからの季節は、雪の日を除いて自分も動く機会が増えそうですね。

さて、そんな個人事情は置いといて・・・現在、北朝鮮との関係は別とし相も変わらず少子高齢化も国内では深刻化しております。で、個人的に何故そうなったか考えると、やはりバブル景気が分岐点だったのは?どこの企業も儲かり放題の時代、家庭持つより自分の収入を自分の為に使う方が良い思考が高まりました。又、二股三股・不倫等禁忌の恋愛が増えたのもこの頃。月日の流れで互いに清算出来てる男女間はまだ良いですが、続いてる場合は悲惨ですね。相手方の子供も歳重ねると何となく察知する為、色々な弊害もあり泥沼関係もある様です。自分も妻子ある人間から「誰でもやってんだから」と聞いた事はありますが、誰でもやってるからで援助交際的な、若しくはアバンチュール的な不倫をやりたいとは思いませんよ・・・安定思考の普通女性はね。それに「誰でもって、あんたの周りだけなんじゃねぇ?」と思ったのも事実。
まぁ「恋は盲目」と言われもするため、妻子(夫子)や他人目線からだと100%↑悪い不倫ですが、どうしても好きになってしまった当人達の感情的には、不倫が良いのか悪いのか返答には困りますね。でも、今、思い返すと・・・そういう思考の子持ち男性や女性が居たが為、結婚しない選択肢を選んだ男女もいたのかもと思えれなくもない。
どちらにせよ、子供が増えないと不必要業界企業だって今後出てくるかもしれない。輸出入だって、世界情勢で簡単に覆されるのが経済の実態ですから。

そんな中、育児労働まだ軽視?の記事が発表されてました。相も変わらず、働く男女間の育児に対する評価意識というのは、まるで親が自分に対し、賃金に見あう労働をせず(時間や金をかけず)、自分一人だけの力で大人になったと読み取れる節もある様に低いです。

毎回、働くママさん達が増えると必ず出てくる記事ですが、子育て主婦に対しての評価がゼロなら、主婦が働いてる人達の為に、必要以上な金銭浪費する必要もないな~と思った次第です(明らかに働いてる人間より金持ってないんだから当然な結論)。
身内に独身貴族が多数いるから言える事ですが、「貴様を産んで育てた親を舐めてんのか?」と、たま~に話を聞いて生意気な事を口走ったりすると蹴り倒しやりたくなる時もあるのは事実。
まぁ、親の苦労は自分が親にならないと解らないですから致し方ありませんが、「仕事してれば誰よりも偉く、家族に威張り散らして良い」と勘違いするのだけは・・・止めた方が良いかと思いますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © My Diarys. all rights reserved.