こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

キッズウィークの個人意見
まぁ、週末は家族達と旅行等の行楽や旅行で過ごせれた(親がバブル時代の人間で貯えに余裕あったんでしょうね)ゆとり世代の人間から見たら、今の家族持ちも遊ぶ時間があった方がよいと思いこの制度に賛成する独身者が多いのかもしれませんが、正直、そうでない世代の子供育てしてる親からしたら今回のキッズウィークは大迷惑で、流石、バブル時代労働者の子供居ない首相が推薦される制度だな~と思いましたね。
何故嫌かと言うと、先ず収入が全く上がってなく物価が上がる一方で、そんな連休作っても家族で何処か行くお金なんか捻出できる家庭は、賞与昇給が確定出来る労組のある大企業か、役職収入のある人間で子供が少人数家庭のみ。
次に教育への弊害。学校週休二日になり国が定める教科別授業数消化が出来ず、ある教科については他教科への振替授業が今だ続く恐育現場で、来年度からは英語が本格的に小学校導入となると更なる授業時間不足と言う現象が起き、自宅学習又は塾等の学校外授業が重視され更なる費用がかかります。この教育問題については、働くママさんの職種や企業休日にもよりますが、何かと早退遅刻欠勤が必要にな現場故、週休二日でなく週休一日に戻して欲しい意見も実際はあるんです。
言いたくないけど、今の教育制度については自分達が子供時代に遊べれなく、大人になっても遊びたい親世代(バブル作った世代)が作ったゆとり制度故、世代違う親からは未だ賛否両論意見が堪えません。又、その弊害で塾が必要不可欠と考える親も増え、開塾され始めた自分達世代より明らかに余計な数万単位の家庭教育費も必要となり、それを良しと思わない人間も居て、ゆとり導入を必ずしも全国民が喜んでる訳でないんです。
同じ様に今回のキッズウィークも、家計費預かり一月ヤリクリ考える自分的には必要だとは思わず、正直に迷惑自体何物でもない。企業有休消化については、経営者最高者がそれを推進すれば雇用者は消化すると思いますが、企業によっては消化出来ない労働環境や状況と言うのもあります。又、この新制度については現代の子供の中にも反対意見はあります。と言えど・・・このキッズウィークには大賛成の親世代の方が多いんでしょうね。でも、恐らく政府が期待する程の経済効果はないと考えます。
又、個人的に考えるならば、後期高齢化少子化社会故にそう言う何処かに行き、誰かと出会える連休が必要なのは家族持ちでなく、結婚して子供産んでもらわないといけない、出会いの少ない又は結婚するのに何かと理由付けし身を固めようとしない独身世代(大半がゆとりと思うが)ではないのか?と思う次第です。
この文章を読んで腹立つ方も居ると思いますが、そのゆとり世代の親世代と長年間近に勤務し、ゆとり世代の親世代思考を知る人間故に、そう思い考える個人的反対意見でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.