こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

アニメ映画【ガンダムオリジンⅢ】
一時期お笑い世界でもブームを巻き起こしてる為、大半の方は機動戦士ガンダムと言うアニメは存じてるかと・・・この度、遅ればせながらそのアニメのオリジンシリーズⅢ、録画してたのを観ました。このオリジンはTVでは今一解り難かったシャアの過去が明確にされてて凄く良い物語です(ガンダムシリーズ、自分ではZZまでしか観てない)。と、言えどお笑い界でブームになった初代主人公アムロレイでなく、そのライバル「赤い彗星のシャア」サイドストーリーみたいになってますけどね。個人的にアムロは好きでなかったんです。たしかブライトか誰かにビンタされた時、「親父にもぶたれた事ないのに!」・・・あの一言で、お前男のくせに殴られた次の瞬間がその言葉かよ・・・と、子供心に何か今迄ヒーローと違う感を感じ、このキャラ嫌かもと思った記憶がある。シャアが出て来るまではセイラさんとカイの妙なコンビネーションが好きでした。

話はオリジンに戻し、あの「赤い彗星のシャア」の若かりし頃・・・当時、各局で競って放送してたTV刑事ドラマ好きだった自分が、一番最初に好きになったアニメキャラ故にオリジンと言う作品には惹かれまくりです。士官学校時代、自分の素性を知った者への非情な口封じにしろ、ザビ家御曹司ガルマを自分の都合よい立場へと言葉巧みに導いていく姿にしろ・・・これぞ己の復讐目的達成の為に手段選ばない、でもドロドロな嫌な感じがないスマートな復讐劇で・・・ニヒルなアニメイケメンキャラ未だ存在ありって感じです。初代作品でシャアは敵方(連邦軍からみて)だったのだが、自分には最後迄憎めない愛しいキャラでアムロを憎みました。

最後にシャアの活躍を画面で見たのは映画「逆襲のシャア」だった気が・・・この作品でシャアはすっかりおじさん化しており、原作の安彦氏の絵柄でもなかったんですよね。そしてお話自体も想像してたのとは大分かけ離れてて・・・個人的には期待外れだったのを覚えてます。でもオリジンは若いシャア満載で、少年期の田中真弓さんの声も良かったですが、やはり馴染みある池田秀一氏シャアの方がファンとしては心躍る物があります。あの何を考えて生きてるのか誰にも解らない、シャア・アズナブルと言うキャラを生かしてる、昔と今も変わらない池田さんの声演技に大拍手ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.