FC2ブログ

生きてくのが疲れる

何かね~・・・自分、競争心が人より欠けてる人間故、何事にも「負けたくない」を前面に出してくる相手は苦手なの。特にその感情を私みたいな人間に向けてくれる奇特な人(時と場合でそう変貌する方が約一名有)。本当にごくたまにだが、彼女がそういう感情を表にし「ほら私が勝ったわよ」という感じでチラ見される度、自分は貴方に対抗心燃やして頂ける程の人間性を持ち合わせてない為、大迷惑な感情の持主だと何時も思う。後、マ...

自民総裁、再び安倍さんかい…

若者が支持してると記事が流れた時、嫌な予感したんだ。安倍さんじゃ子育てしながら介護するとか、小孫が高齢になり様々な悪条件が重なる家庭の実情がどうかなんか解らんよな~。まぁ誰がなっても大差ない気がするけど、自衛の為の政治でなく国民の為の政治をして下さいませ。又、少子高齢化日本故、これから先前文で述べた様な家庭が増える事を、彼を指示した若者は(全員ではない)、自分がその時になるまで理解出来ないんだろな...

2018年鑑賞してた夏ドラマ終了

今年の夏は「この世界の片隅に」・「健康で文化的な生活」・「義母と娘のブルース」を観てたのですが、この3本何やら原作は全てコミックだった様で、「この世界の片隅」の他も漫画だったのは放送開始から大分たった後に知りました。「この世界・・・」はアニメ化にもされてた為、話の内容は解ってたのですが、やはり罪のない人々の命を奪いつくす戦争で子供が犠牲になる場面は何度見ても辛いです。「蛍の墓」を初観賞した時の衝撃...

9月上旬に観た映画

2016年米映画【スノーホワイト/氷の王国】監督:セドリック・ニコラス=トロイアン先月鑑賞した「スノーホワイト」の続編が、漸く鑑賞出来ました。録画してから観れるまでの期間が二週間程空いてて・・・主人に録画消去されなくて良かった。内容的には童話によくありがちな展開で、前作の邪悪な女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)の妹フレイヤ(エミリー・ブラント)が、好いた男との間に出来た子を殺された事により心を...

「2022年問題」以前に少子高齢化の深刻問題

バブル以後、崩壊後のダメージもそれほどなく、今も尚、景気がいい(バブルほどの景気の良さではないが)のは大手不動産業界。そこで今問題視されてるのが、現在の「生産緑地」の指定期限がきれ、2022年に「住宅用地」として供給される様になる「2022年問題」らしい。この「2022年問題」という用語は、「生産緑地」の法改正した頃に一度TVで耳にした覚えがあるので、その当初からかなり危惧された問題だったのではないかと思います...

検索結果&検索サイト

2018年9月6日付 <イラン原油>10月から輸入停止"><イラン原油>10月から輸入停止2018年8月27日付 自分用控サイト:住民税が非課税になる年金額。年金のみや収入あり夫婦二人の場合 (18.8.27日現在)2018年8月21日付 苦しい地銀、次の手は? 「手数料ビジネス」目立つ拡大2018年7月17日付 豊田小一男児熱中症で死亡Newsからの資料  【環境省熱中症予防情報サイト】 2018年6月28日付 【図解・行政】「働き方改革」...

親手術、姉同伴、自分自宅待機

先日日記に記載した内容の続。姉に医者から聞いた通りの事を話したら、「考え過ぎじゃない?」の苦情的な返答を頂戴した。確かにね・・・良かれと思って処置した物を母の身体から取り除く自体は、大した事ない手術かもしれん。でも、問題なのは今の母の身体事情で術中の体力・気力・血液の問題で、又、手術遅延しこのまま放置していたらどういう結果になるかと言う話でもあった訳で・・・姉が父の施設入居もあり働いてて疲れてんの...

とんでない事態に憤り中

先月、母が直脱腸の関係で手術をしたのですが、手術前に医者が説明した手術法と自分で調べ上げた手術法が異なり、又、母の体質から医師が仰った手術法で、術後の排便が上手く回るのかとの懸念を姉が抱き、共に医師へ確認した時は「術後の問題は心配なく、極稀に何か問題が起きた場合、自分の説明した手術の方が対処しやすい」と言われた為に手術OK出したら・・・手術自体は成功だったですが、やはり私達が懸念した通り排便が上手く...