FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

2018年8月末までに観た映画
8月は子供の勉強監督も盆休みもあるし、映画は観れないな~・・・と思ってが、地上波もあったせいか、感想書きだしたら結構観てました。

2012年米映画【スノーホワイト】監督:ルバート・サンダーズ氏
お子様絵本の「白雪姫」とは違い、こちらの作品は何とも生々しい展開。
どの童話にも言えるのだが・・・原作初版版は結構顔を顰める展開が多いとは以前聞いた事がある。まぁ、このスノーホワイトはそこまでひどくはないし、恐らく映画用に脚色した部分もあるのだろうけど、「女性は永遠に若く美しくなきゃいけない」という価値観第一主義の人が見たら、あの継母の若さと美しさに執着する生き様は・・・自分を観てる錯覚を起こす人もいるかもしれない為、賛否両論ありそうですね。自分が知る「白雪姫」展開と全く違う点は、スノーホワイト(白雪姫)を目覚めさせるのは王子様が御約束事でだった訳で、その王子様が登場しそうもない展開の映画では誰がその役をやるのかと思いきや・・・鑑賞当初予想では小さい頃から護衛にいた幼馴染騎士君だなと思ってたのだが、意外や意外、途中で旅を一緒する事となった一度はホワイトスノーの命狙ったバツイチ男かよ~!って感じで・・・お姫様がバツイチとかかよという驚き。でもまぁ、映画の流れをみてたら至極当然な相手ではある。まぁ、個人的感想をまとめるとあの継母の性格が滅茶印象に残る映画だった訳で、魔力が消えてからの老い方と死に方は中々凄いというか・・・美人が老いる時はこんな感じの感情に囚われるのだろうかと・・・少し怖い気がした。

2016年邦画【青空エール】監督:三木孝浩氏
原作が少女青春漫画の実写版映画。こちらは漫画1巻を読む機会が有、久々に青春少女漫画で続きを読んでみたいかな~と思っていたら実写映画が作られ、時期的に映画館鑑賞する事は出来なかったのですが、主演が仮面ライダードライブ演じていた竹内君、その先輩役でゴーカイブルー山田君出演と知り、レンタルで見よう思ってたらこの夏CATVで放送してくれたので録画鑑賞させて頂きました。
内容は部活に高校三年間情熱注ぐ男女が、部活内での色々な苦難を励ましあい乗り越え、夢に向かって前進するという青春純愛恋愛漫画の基本みたいな物語。今時の成長著しい女子には物足りないかもしれない純愛路線に、好き嫌いが明確になるかな?と思った。まぁ、昔からの王道路線ありきたりストーリーではありますから。でも、自分古い人間なので今時の肌重ね合う場面が多い恋愛漫画も美味しい事は美味しいのだが、こういうありきたり健全青春純愛ストーリは子供の頃から好きです。この手の作品は、今の自分がよく見る映画やドラマとは少し毛色も異なってて、この懐かしい展開映画観ながら、自分の純粋無垢だった少女時代等も思い出す事も出来た為、個人的には割と楽しめクライマックス部分には感動できました。漫画が映画と全く同じ展開なのかは解らないのですが、自分のイメージする二次創作展開だと、大介だけでなく吹奏楽部の水島もつばさに気があり、二人でつばさへの思いの重さで勝負する様な場面とかがあっても良かったかな~と思った次第です。
夏休み昼間に鑑賞してた為、当然、特撮好きな子供も竹内君主演と言う事で一緒に観てたのですが・・・割と観てる方も照れる場面が多かった前半は、「こつら絶対結婚する」とか「とっとと結婚しろ」とかの気恥ずかしい声が上がり、その途中で山田君登場し「あっ!ゴーカイブルーもいる!」とハイテンション。でも中盤からは物語自体が面白くなってきたのか静かに鑑賞し、最後は「自分の現実世界には、多分一生あり得ない展開だけど感動出来た」とのコメントでした。

2016年国内アニメ映画【この世界の片隅に】監督:片渕 須直氏
こちら漫画が原作でアニメ以外でも、2011年に日本テレビ終戦記念ドラマで、北川景子さん主演で一度TVドラマ化され、現在、TBS日曜劇場でドラマ放送中作品です。
原作漫画を読んでない自分は、当初、毎週観てる日曜劇場全話鑑賞後にアニメを観ようと思ってたのですが、お盆中にCATVでアニメ版を放送してくれたので、ドラマ終了前にアニメ版で結末を知ってしまった。まぁ、ドラマ版は空襲が始まる前の人間ドラマに重点をおいた感じで、アニメ版は空襲が始まってからに重点を置いた感じに見えました。

2016年ドイツ映画【帰ってきたヒトラー】監督:ティムール・ヴェルメシュ氏
2014年のベルリンにヒトラーが蘇り、テレビ局をクビになったザヴァツキとの出会いから物語が進められます。最初のうちは、ヒトラー自身を単なる物真似俳優と思い込んでたザヴァツキ。ヒトラーはヒトラーで、自分の映画を撮るとか言い出したザヴァツキとドイツ周遊みたいな撮影旅行の中、現代と自分が生きた過去とのドイツ国の変わりように戸惑うのだが、あるきっかけから過去の自分同様に、いまを変えるべく政治に興味を持ち、TV局や出会った人々と関わりあいながら、自然と支持者を集め、一旦は犬を殺した罪でドイツ中から干される身となるのだが、自署本を発行したらベストセラーとなりまた国民から支持され、時の人に帰り咲いた。だがある夜、ザヴァツキの恋人クレマイヤー宅に招待された夜、過去と全く同じ言葉を発言した事で、祖母が彼がヒトラーが本人だと見抜き、ユダヤ人で親を殺された過去についての罵声を浴びせる。その一部始終を横で眺めていたサヴァツキは、彼が現れた時の映像をもう一度PCで確認し、その場所へ行くと落葉が焦げ付いており、どういう場所か確認したら総統地下壕跡地と発覚。そしてサヴァツキは物真似俳優と思ってた人物が、ヒトラーそのもので何等かの拍子で現代に蘇った事を悟る訳です。
とまぁ、中々面白い展開且つ、当時のドイツ国民の政治への不満や懸念等が上手に語られてた物語で、コミカル形式で進むのかと思えば、最後は中々ショッキングと言うか、当然と言うのか、それは間違ってるろうと言うのか・・・これドイツ国内の評判が実際どうだったか興味深い作品だな~と思いました。そのラストは下記の通り。
ドイツが過去と同じ過ちを犯さない様、ヒラーが本物と知ったサヴァツキは彼を消そうとします。だが銃で撃っても消えない。そしてヒトラーは「私が彼等(自分を支持する国民)を洗脳したのではなく彼等が私を選らんだ」みたいな事を言うんです。で、結局サヴァツキは真面なのに、既にヒトラーが言う事尤もだという世間から思考行動がおかしいと判断され精神病棟に隔離。ユダヤ人の血を引く、恋人はそんな変わり果てたサヴァツキを見て涙し、映画撮影終了したヒトラーはスタッフ前で「本来なら居るべき友が居ない事を残念に思う」みたいな言葉で締め括り、蘇った現代での第二の自己政権に向け一歩を歩みだすという、映画の終りでした。

2002年国内アニメ映画【猫の恩返し】監督:森田宏幸氏はい、こちら有名なジブリアニメ映画の一つなのですが・・・私、8/24の地上波放送で初めて最初から最後迄観ました。こちらも数週間前の「ハウルの城」同様、原作が別にあるそうで、宮崎駿氏からのリクエストを受け、柊あおい先生が描きおろしたコミック【バロン 猫の男爵】が原作らしですね。
この作品、何度もTV放送されてる為、過去に所々観た場面とかはあるのだが、その度「全く話が解らん」と思ってたので、今回は最初から最後迄録画鑑賞しました。まぁ「夢のある可愛いお話しだな~」以外に、自分は感想の言葉は出ません。
言える事は、純な学生時代に観れたら感動出来たのだろうが、今の自分・・・しかも【銀魂2】観た後の自分には観るタイミングが悪かったかもな~と言うだけです。敢えてこの作品内で気に入ったキャラや場面を上げるなら、主人公の母親登場場面ですね。男爵バロンも恰好良い猫だが・・・あの恰好良さは猫紳士でなく、人間の姿で見て観たかったかも。否、猫の紳士と言う有得ないキャラだから恰好いのかも。でも男爵(バロン)っていうのが・・・仮面ライダーシリーズにもそう呼ばれたライダーがいたが、私は自分の好きな少女漫画作家樹先生の「ヴァンピール」の男爵思い出した。

2018年邦画【銀魂2=掟は破るためにこそある=】監督&脚本:福田雄一氏
もう何から話せばいいのか・・・現在上映中故、一度入力したネタバレ部分を省き、当たり障りない事しか描けないが、超絶面白かった。アニ漫パロ場面では映画館で涙出る程笑い(皆笑ってた)、煩悩に侵されるまま好きな男優が痛めつけらるシーンに萌えを感じ、まさかのシリアス展開場面ではウルウルしたのも束の間の台詞まわしがあり、亜人に似たカメラアングルアクションにとんでもなく興奮し捲り、OPがワイドショー旬の特集事項を組み合わせた形で始まったかと思えば、EDは解らない世代ファンもいるであろう某ドラマパロだったりで(自分はこのドラマDVD全巻ある為に直ぐ解った)・・・もう、もう、子供も飽きない2時間14分!
とにかく、漫画知らない大人も目が離せれない面白さで、今回の真選組メンバーには感動しました!!と言えど、この様な内容の映画は映画ではない、やっぱりアニメや原作が一番、という方からしたら・・・不評コメントとかもあるのかもしれませんね。
にしてもこの銀魂実写ですが、この役者さんがこんな縁起もしちゃう訳?という、意外性もかなり高いと思います。
今回二作目を拝見し気付いた事は、土方役の柳楽優弥さんが割とワニ顔で、カメラ角度によっては織田裕二に似てるな~と言う事。まぁ役柄の髪型のせいもあるかもしれないけど。後、吉沢亮君・・・フォーゼの時も、今放送中の『GIVER 復讐の贈与者』観ても思うのだが・・・サド役似合うよな~と言う事ですね。しかもあのアクション場面は流石元仮面ライダーメテオと思ってしまいました。
スポンサーサイト

今更ながらに・・・
そう遠くない未来の為、年金受給の現時点の制度をまとめた記事を昨日読みました。
まぁきっかけは姉から、その系統についての前勉強しなさ過ぎとのお叱りを受けたからですけど。で、今更ながらに初めて知ったのは、国民保険等以外でも年金受給者は住民税を払う場合もあると言う事ですね。その収入幅と住民税率に「えっ?この額でもこちらの額でも、払う住民税は同じな訳?」と驚きでした。でも落着いて考えると、所得税率も収入幅広い為にそうなっちゃうのかな~・・・と、あきらめに似た感覚でした。

さて、麻生さんが10%消費税出来る状況」と仰ってましたが、個人的には、現在と未来の日本年齢別人口数を考えると・・・「出来る状況」と言うより、「もう実施しなければならない状況」の誤りでは?と思ってしまった。
何はともあれ少子化進行中日本。国財となる各税増税は、資金不足を補う為とは思いますが、だとしたらもう二度と目的以外の為に税を浪費しなで欲しい気もする。
老人人口多い場所等たまに行くと、たまに「今の子供達が成人になる頃には自分達は死んでるから知らん」という発言も耳にしたりもします。まぁ、その人の置かれてる立場等聞くと言いたくなる気持ちも解らなくもないのですが・・・せめて国の運営を任されていお偉様達には、そんな超無責任な思考からの政治だけはご遠慮して欲しいですね。

今年は登校拒否起こす頻度が多い
新学期迄、後一週間と2日。子供の口から出るのは「友達に会えるのいいけど、クラスに行くの嫌」ばかりで困ってます。

愛知県の一番小さい市の、創立年数若い、他学区と比べると断トツに塾通い生徒率が高い公立小に通ってますが、クラスを嫌がる理由は、苛めを受けたとか個人的な人間関係と言うより(本人言わないだけかもしれない)、先生と生徒の喧嘩が絶えず授業が中断される事が第一要因らしい。まぁ、生徒に何かしら注意してから喧嘩に発展するのがパターンなら、先生も授業外時間(放課後呼出しとか居残り)で叱れ・・・と言うより、お互い納得できるまで言い合いすればいいのに・・・と思ったりしてたのですが、何やら言い合いでヒートUPし、授業中にどちらかが泣いたりもあるそうで・・・保護者からしたら信じられない現象がクラスで起きてるな~って感じ。
確かにこうした現象は、学校に勉強習いに通ってる生徒からしたら、その担任も生徒も迷惑その物の何者でもない訳であり・・心底嫌がり登校拒否思考に陥るのも納得。特に、追々学ぶ事の基礎的な事を勉強する大事な4年生で、その重要性を理解してる塾通えない子達が腸煮えかえる程に怒ってるらしい。最初はウチの子の我儘偏見か作り話かと思えば・・・前文の理由から、数名が我が子より先にクラスを嫌がり始めた生徒がいて、ママ友の一人もチャイムが鳴ってるにも関わらず、走りもせず嫌々ゆっくり学校に向かってたそのクラスの子から二三話を聞いたらしいが、今年のクラス(担任か?)は子供間で相当不人気らしい。
先生に喧嘩ふっかける生徒も生徒なら、子供の口答えに本気になる大人気ない先生も先生なのだが・・・その話を聞いた時、色々な業種経験した私的に頭に浮かんだのは、喧嘩吹っ掛ける生徒側(保護者含)も担任も裏で繋がっていて、わざとクラスで授業妨害をし、他クラスより勉強が遅させらされた生徒達を塾に通わざる負えない状況を作り出し、学区内各塾各経営者からリベート料を幾らか貰ってるんじゃないの?という考え。ドラマや小説の見過ぎと笑われそうですけど、会社間の汚い話も耳にした事ある自分には、他学区と比べ塾率高すぎな事も考慮し・・・その可能性が一番最初に脳裏に浮かびました。
もっとも、一学期終わる頃には教員の上の方々が毎日授業観察に来てたという話なので、学校全体でそんな事はしてないなと思うのだが、どこぞの塾講師と親しいお友達関係とかの教員だとしたら・・・個人的には解らないですよね。失礼かと思いますが、歳が若ければ若い程、軽度から重度犯罪に簡単に陥る人も少なくない現代でもありますし(中高年は学生相手の性犯罪が多い)、性格的にプライベートと職務を切り離せれない人もいるでしょうから。

まぁ、そんな極端な個人的考察は日記だけの秘め事とし、塾通ってない我が子にはクラス担任が生徒と喧嘩ばかりして勉強教える気ないなら(失礼だが教師としてヤル気なしと取れる対処と思う為)、自分で授業中は習うべき教科書頁を読み込み、解らない事は同じ思い抱くクラスの子達と他のクラスの担任に聞くなり、過去の担任に聞くなりすればいいんじゃない?と言い聞かせました。勿論、自分が解る範囲なら教える事も出来ると付け加えてですが。
どちらにせよ、こんな理由で登校拒否児童が増えるというのは・・・教育現場社会的にはよくない傾向ですね。

2018年8月上旬観た映画他感想
2004年米映画【Mr.インクレディブル 】監督:ブラッド・バード 氏
地上波放送してたのを数日後録画でみた。意外な設定の意外な展開のヒーローアニメで・・・まさかヒーローが訴えられリストラから始まるとは・・・・今迄にない展開で。一度も映画を観た事ない子供が何処で情報得たのやら、キャラクターの性質(力)について詳しく説明付での鑑賞でした。でも面白い事は面白かったのだがラストの展開を実写で想像すると・・・結構グロイ気がし、制作本国で上映時にPG指定となったのが解る気がした。あの結末は子供でも想像すると悲惨なラストと理解出来たらしい。
現在上映中の続編・・・いやまだかな?の展開がどうかは不明だが、ファミリーとなってる以上、これまた楽しい展開になるんでしょね。自分の様に、現実的な思考や目線で見たりしなければ・・・楽しいアニメ映画であることは間違いないですね。

2004年国内アニメ映画【ハウルの動く城】監督:宮崎駿氏
原作は英国作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』らしい。
この映画、木村君が声を担当と言う事で劇場には観に行く事は出来なかったけど、レンタル開始と共に借りた覚えがある。当時はキャラの美形さと設定が選考していて、ハウルの声が木村君だったのを忘れてた記憶がある。今観ると前半は兎も角、後半は確かに木村君の声だった。自分的には結構好きな展開の宮崎アニメでしたが、アニメ好き友人からは不評で(芸能好きには好評だったけど)、まぁ彼女らの「ハウルの動く城は、真の宮崎アニメじゃない」意見を聞いた通り、確かにそれまでの宮崎アニメとは少し毛色が違うなぁ~と思ったのは事実。違うなぁ~と感じたそれが・・・実は原作が違ったせいだったのか~と、いま知った映画でした。そして、DBファンには結構な数いるラピュタ指示派には申し訳ないが、物語的にはナウシカトトロに次いで私は、ラピュタよりハウルの方が好きかな。

と言う事で、今月は盆休みもありTVが主人に占領された為、上旬録画した作品で消化出来たのはこの二作品のみ。まだ「青空エール」と「スノーホワイト」「アニメ版:この世界の片隅に」が録画未鑑賞。まだ今月録画する予定作品で、「帰ってきたヒトラー」と「スノーホワイト・氷の王国」があり、「銀魂2」と「検察側の罪人」を劇場鑑賞予定。上映期間と時間の都合があえば「ジュラシックワールド第三弾」を観に行きたいのだが・・・夏休み終了まではまだ期間ある為にどうなるやら。まぁ、今は自分が観てるTVドラマが予想しない展開ばかりで目が放せれず面白い為、映画はレンタルでもいっか!と気分的になってるのは確かかな・・・

色々とバタバタしてます
母の急な手術と入院(これが未だ退院の見通し立たず)で夏休み前からモタついてたのですが、今年の子供の宿題は連日猛暑の気温のせいも伴い、昨年みたく毎日学校のプール解放参加した後で処理していける体調ではないです(親子とも)。でも、算数国語の量が昨年より増えており、応募作品たるものも各種提出が必要で、それを出校日(20日)までに終えなきゃいけないという。
これだけあるなら、プール開放日数も学年ごとで減らしてやればいいのに・・・と思いつつ、必須参加でもなければ今年は中止ばかり。それ故に生徒の方も、提出宿題が間に合わない言い訳で「学校のプール参加してた」的な言い訳が出来なくなる為、キチンと提出日迄に提出するべき物を終えなきゃ駄目な訳であり・・・日頃、親側から文句言われる事の多い教育現場から、逆に、親が家庭内において子供を教育指導してるか否かを、学校側から評価をされる夏休みなのかもしれない。
と言う事で、本来なら実母通院同伴だった今日は子供の宿題監督ですが、まだバテて寝てる。母の方は本人が入院してる為、看護婦通じて追加の各薬の処方と担当内科医に内診が必要ならして貰う様、病棟側の看護婦通じて御願いしてと、昨日の午後別件で一人帰宅した際に病院により母に指示した。そして母の入院が長引けば長引く程(下手したら歩けないままかも)、問題になるのが父の預かり先。昨日、姉と一緒に施設見学に行き取敢えず申込依頼書だけ渡してきた。姉は一人身で働い続けて自活しないと駄目で、ウチは主人の業務的な問題があり現住所より北側に居を構える事は無理な上に、今後自分が色々学校に赴くことも多くなる学年になる為、毎回申請する度、何とか受入許可通ればと願うだけです。そこが駄目ならケアマネさんにまた探してもらうという・・・そんな感じの介護施設事情です。断られる理由も理由で・・・看護師か看護婦かしらないけど、まるで買い手市場時の企業面接みたく、介護が必要な程度はお構いなしで、世話する人間を世話する人の好き嫌いで選んでるって感じの理由のときもありますが、まぁ重労働な人手不足業界故に施設買い手市場は致し方ないのかも。正直、二人ポックリ亡くなるより、二人同時要介護になる方が、諸々な事情がある家人的にはキツイです
Copyright © My Diarys. all rights reserved.