FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

’18.06中下旬に観た映画
’03年イタリア=イギリス映画【マザーテレサ】監督:ファブリツィオ・コスタ氏
こちら映画館で是非見たかった、実在偉人作品の一つなのだが・・・確か国内劇場上映中は身重で、出産準備品購入等で明け暮れてた日々で行けなかった記憶があり、漸く先日CATV放送したのを鑑賞出来ました。
一言の感想で済ますなら、映画を観て感動からマジ泣きしたのは久々でした。それだけ、マザーテレサの教えと言うのは胸を打たれる物があったのかも。鑑賞後に検索した名言にも成程なぁ~と、胸に響く物はあったのだが映画で泣く事はないだろうと鷹をくくっていたら、まさか孤児の里親受け渡しシーンにやられるとは・・・って感じ。今は自分も子持ちだからかな?親の保護がまだ必要年齢な子供が喜んだり悲しんだり、嫌がったり苦しんだりの描写は胸が痛いです。又、映画後半のマザーがことある事に「これを購入するお金で何が出来るか」の思考に関しては、当時の日本では日々の過剰ストレスから一時の快楽を得る為や、業種別バブル急激昇給(全職場がバブル収入だった訳ではない)から高級志向時代到来で、湯水の如く後に残らない無駄な金銭浪費してた人間が大半を占めたバブル景気の実態等も知ってる故、マザーと同じ目的ではなくても指摘したい意図はよく理解出来た。
まぁマザーテレサの生涯の活動については、頻繁ではないけど何時頃からか、何か事がある(起こる)度にTVや新聞世界時事頁で取り扱ってたのは覚えてる。学生時代に遠い外国の地で実活動されてた女性で、社会情勢事情に長けていた教師等は授業中に何度も名前や彼女の活動を取り上げてました(自分学生時代は戦争経験者の校長も居て、戦後の国民皆貧乏時代知る世代も多かった為、社会道徳関連では戦争人種階級差別をしない平和な世界を築くがテーマみたいな流れだった気がする)。
今回は観て良かった映画ではありますが、実際の彼女自身を物語る関連書物は読んだ事はないので、読んでみたら映画では物語られてない実話等多々あるんでしょうね。

'04年アメリカ映画【コラテラル】監督:マイケル・マン氏
はい、こちらトム・クルーズが悪役と聞いて鑑賞した映画で、白髪の殺し屋ヴィンセントと言う悪役でもトムは他作品イメージと違う「男」を演じていて恰好良かった。そして、普通のタクシー運転手だったマックス演じるジェイミーフォックの、事件に巻き込まれていく内に性格思考行動が変化していく様は凄かった。
自分の人生の夢を途中で諦めたり、考えるべき問題から逃げ、ただ何となく平凡に今を生きてる人間(まるで今の自分)が、この手の稼業の人間(事件)に巻き込まれていくと、これ程迄の勇気と決断が出来る物なのか?・・・と、現実には有得ない展開でも・・・少し考えさせられたりもしたサスペンス映画。兎に角、この2人の出会いと別れ迄のドラマは男を感じさせる映画的には凄く恰好良い。でも、殺伐とした若者が起こす無差別殺傷殺戮事件が多くなってきた日本人の一人としては、映画内でヴィンセントやマックスが口にする「地球上から人間が1人や2人消えたところで何の変化も無い」と言う関連台詞には、妙にひっかかりを覚え少し考えさせられました。

'16年邦画【クリーピー・偽りの隣人】監督:黒沢清
原作が前川裕氏のミステリー小説で、小説読まずに映画だけ観たのだが・・・「?」の連発での始まりで、途中から何となく事件と人物の関連性が見え理解出来た。だが、どうやら小説のあらすじとか確かめてみたら、大分はしょられてるのか変更されてるのか・・・というような感じの映画で、正直、異常心理持ちあせた犯人(主人公夫婦宅の隣人)に拉致・・・と言うのか、犯罪に巻き込まされた方々が最後は自由になれるという、ある種のハッピーエンドではあるが、そこに至るまでの経緯を考えると、皆が様々な形で犯罪に手を貸してしまっているが為、救われない滅茶暗い内容の映画で、単に自分のお頭がお馬鹿さんだから理解出来なかっただけだろうが、これを観てこうした犯罪心理を理解出来る視聴者が居たのか知りたい気分になりました。
まぁ、普通の人なら・・・最初に犯人自らが「夫婦共に我が家に関わるな。どうなっても知らないですよ」と忠告してくれたのだから、わざわざそんな妙なお宅と近所付合い進んでする奥様も御主人様も居ないと思う。だが、この映画の主人公の奥様は何かに引き寄せられる様に、犯人自身に関わっていくと言う点が・・・誰かに常に直に関わっていたい主婦の精神面で弱い面を描いてるな~と思ってしまった。

1954年国内上映米映画【ローマの休日】監督:ウィリアム・ワイラー
歴代名作映画を、この歳になり始めて鑑賞したのだが良かったです。今更作品説明など必要ない程、大抵の方が未鑑賞でもあらすじくらいは存じてる映画ですよね(私もそうだった)。何て言えばいいのか・・・自分にボキャブラリーがない為にありきたりな言葉になりますが、身分違いな大人のロマンスを感情的に走る事もなく、静かにロマンティックな流れで最後まで進まれてて・・・最後は結ばれる事ない二人ではありましたが、二人の記憶には共に過ごした時間が永遠に心に刻み込まれた訳であり、これから先、其々が別の人と結ばれても、色褪せることない思い出となるのでしょうね。この作品に関してはこの二人が、それぞれに置かれた立場に戻り、別れて行くというラストが映画自体のハッピーエンドなんだと納得ですね。
スポンサーサイト

学校の各検診
先日から実親関連で色々とあり、先日、疲労しきってる姉から解決法が見出せそうと言う話を聞き、ホッと一息ついた途端・・・子が毎月歯医者に検診伺いしなきゃ駄目になった。 子供の歯に関しては歯の組織で若干弱い面があると生え代り始めた頃から何時も言われており、私も気を付けて歯磨きチェックしたり、本人には「歯垢が残らない様に奥歯もだが前歯や歯の間も磨け」と散々言ってたが・・・結局、小学校時代から歯医者や内科外科耳鼻科通いばかりだった自分が、子供産んだ時に危惧した通りに同じ道を歩む結果となってしまい、私一人が必死に病院にかからない様にと育児努力し子供に言い聞かせても駄目だった訳で・・・一瞬、各医者通いとは無縁に育った、与えるなと言ってた時期い子供に市販ジュース与えたりしてた主人に、今更言っても仕方ない恨み言を吐き出したい気分になりつつも・・・起きた事は仕方ないし子供も我が身で痛い思いしないと解らない為、歯に関しては今後悪化しない様に気を付け、成長が落着く年齢になってまだ治療が必要ならば行わなきゃいけないだけなのだが、問題は虫歯がある別の箇所を学校の歯科検診で指摘されてなかったと言う事実。
これ、どう理解していいんだ?全生徒の歯を細かく観てられないのは解るのだが、割と素人の私にも解り易く、誰でも虫食い易い場所だった故、歯並び何処を基準に学校の歯科検診は行われてるの?・・・と思ってしまった。こうなってくると、何の結果報告がされない=異常個所なしの検査に関しても不安になってくる(自分時代は異常有無に関わらず各生徒保護者に診察結果報告されてた時の記憶もあるのだが、少なくとも我が子が通う学校では異常者のみに連絡との事)。
折りしもその歯科検診担当医は、最近開院された歯医者さんの先生だったらしく、数年前に別地域の知人から「嘘か誠か不明だが開業医には注意」と言われた事もあり、その理由を問うと、各方面の個人医が増え(歯医者も例外でない)若い保護者や患者に対しては顧客として扱いたいから丁寧な対応するが、そうでない患者は既に通院医を変更する確率は低い為、診察もいい加減で初期で見つかった病を告げない先生もいるとか・・・。
まぁ流石にその話聞いた時は、医者にしてみれば職失う事になる様な患者対応はしないだろうから、小さな出来事が診察受けた人の悪意で変に捩り紛った噂になったんだと・・・解釈しましたけどね。でも、確かに患者の事より自分利益優先の医者が多いと言うのは・・・昔からドラマでも扱われてるテーマ故、あながち100%嘘やデマではないんでしょうね。

DSC_0229.jpg そんな事を考えてた日の夕食は久々に作った稲荷と巻きずし。稲荷の方は今までみたいな目分量でなく、初めてレシピ通りの味付材料でアゲを煮込んだら、当然だが凄く上手くでき美味で主人と子供には高評価でしたね。以前の職場でも扱ってた巻き寿司は・・・本当に久々で、今回は酢飯の分量とネギトロの分量が多かったり少なかったりで余り出来は良くなかった。でも、先日義母から既に大量買いしてた海苔を、差入品で頂戴したので週一か週二間隔で巻き寿司を作って消化しよう。

’18.06上旬迄の映画鑑賞
'14英仏協同映画【パディントン】
今年1月に吹替え版を録画鑑賞した作品ですが、今回は松坂桃李君が声担当した吹替版を初観賞しました。
いや~パディントンの声聞きながら、桃李君がどんな顔で場面場面を演じてたのかを想像したりしながら、再度楽しく拝見しました。でも、吹替版鑑賞しながら我が子からは「シリーズ2がもうレンタル出てる筈だよ!」と・・・キツイご指摘を承り思わず苦笑。続編を観たいのを、ず~と・・・我慢してた様なので、母は早いうちにレンタルしに行かないとね・・・(^^;

'14アメリカ映画【メイズランナー】監督:ウェス・ボール
たまたまムービープラスで放送されたので、新作も6/15上映の為に試し鑑賞してみたが、こちらの映画監督は30代で若い。
で、問題の作品なのだが・・・以前劇場予告を見たときは、監獄みたいな迷路に複数人の男女の若者が閉じ込められてて、そこから脱出するスリルを味わうゲーム感覚の映画なのかな~と思ってたら全く違ってた。
いきなり記憶を失った青年がエレベータで迷路中核の様な広場に送られ、そこで生活してる同じ様に送り込まれた子達と巡り合う事から物語が始まったのだが、名前だけは直ぐに思い出すという。で、そこで暮らす若者たちは、何れ脱出する為に足の速いメンバーを集いランナーとして、一定時間で道筋が変わり閉じてしまう迷路の出口を探していた。だが、そこには巨大クモの怪物も居て、そいつに刺されると脳神経がやられまともな思考判断が出来ない狂人化してしまう。でもその蜘蛛はWCKDという組織の作りあげた有害ロボット昆虫(と言えばいいのか?)。なぜそのWCKDがそんな事をしたかと言うと、彼等が送り込まれた巨大迷路こそが、地球人の選ばれし新人類(太陽フレアに汚染されない子供達)を選別し、ウィルスの侵された人間を救うべくワクチンを開発する人体実験の場だったという。蜘蛛がロボットと知った主人公他は迷路の強行突破をし、何人かの犠牲を伴いながらも迷路から出た先は・・・血だらけの研究室というそして・・・と、シリーズ2に繋ぐ救出者達が現れEND。
まぁ、シリーズ1は迷路内のとんでもない数の巨大蜘蛛軍に襲われながらも、迷路を脱出するというのが見せかったんでしょうね。まぁ、音響効果も伴い自分的には苦手とするグロホラー的な描写もあった訳で・・・アドベンチャーサスペンスかと思ってた自分の予想を遙かに裏切る、ホラーとまではいかない、SF感覚なスリラーサスペンス。自分的には苦手でも、何とか絶えて最後迄観た。この手の映画には余り免疫がないから、一言で感想を述べるなら・・・「あ~こんな物なのかな?」が、シリーズ1を観ただけの正直な感想でした。

'15アメリカ映画【メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮】監督:ウェス・ボール
先に述べた映画のシリーズ2です。でも有害毒蜘蛛ロボとの対決が主だった前作より、前作ラストで救出してくれた団体やWCKD、太陽フレアに侵されゾンビ化した人類を相手にしてる今回の物語の方が普通に面白かった。
救出してくれた人間がWCKDで絶命していた筈の女性医師と通じており、主人公トーマス達を救出したのも仕組まれていた計画の一つで、トーマス達グループで唯一の女性だったテレサは仲間だと思っていたが、実はWCKD女医師の娘だったと言う。かと言えば、昔のトーマスを知るWCKD勤務していた一人の女性医師が反対派になっていたりと・・・シーズン1では不明だった人間関係、WCKDの目的、何故主人公がWCKDに必要とされ大事にされていたのか等のよく解らなかった点が明確になり、迷路に送られてた人間達とWCKDの全面対決もありと、二転三転とテンポよくフィルムが流れてたので、自分が苦手とする内容だったシリーズ1より、自分は飽きる事はなかったです。でも、ラストをみたらシリーズ3のトーマスが直接対決に挑む(挑まれるというべきか?)相手が分かってしまった訳ですよ。そんな感じなので、シリーズ3もTV放送かレンタルを待つだけで、私事も伴い映画館にまで赴いてまで・・・最終章を鑑賞する気は起きなかったですね。

'15ロシア映画【スターリングラード大進撃 ヒトラーの蒼き野望】監督:セルゲイ・ポポフ
タイトルからしてヒトラーの野望とかの歴史を物語る映画かと思えば・・・ヒトラーもスターリングも野望も無かった。
単にドイツ軍から攻められたソ連軍の若い兵士二人の戦場で芽生えた友情物語でした(一人は銃殺処刑を申し渡されたオガルコフ、もう一人はそれが執行されるまでの監視護衛してた融通の利かないズラバエブ)。
歴史フィクション物かと「これは学校で詳しく習わなかっただけにタメになる」と・・・期待して観てた自分としてはタイトルに騙された感はありましたが、戦場で何度も生きるか死ぬか、行く先々で廻り合う味方団体に受け入れられたり見捨てられたりを繰り返した二人と、それに関わる者達との人間模様という観点で見ると・・・ラストがとても切ない故に素晴らしい出来だったと思います。
全体的に時の流れがゆっくりとした、ハードなドンパチもない戦争映画故、その手の描写を好む方には不向きと言える映画でしょうね。

では、もう一本「8mm」という映画を録画してたのですが、急遽、鑑賞出来る時間が無くなった上に、録画残時間枠が足りなくなったので已む無く消去しました。また、CATVチャンネルで放送時に鑑賞したいと思います。そして劇場に「友罪」他6月新作映画も観に行く予定でしたが、こちらも映画館にまで足を運ぶ時間がなく、5月上映映画で上映館が遠方等の理由で観れなかったもの含め・・・追々レンタルを待ちたいと思う。暫く映画館での鑑賞はお預けなので、観たい作品はメモっておこう・・・

政府、どうにかしてくれ!
今更の事を愚痴らないと決めたが・・・この憤りのもって行く場がない。取敢えず女性の皆様(特に自然分娩を数回行ってる方)は、お尻の筋肉を衰えさせないように気をつけましょう。
以下・・・文字反転の憤り愚痴文章です。
続きを読む

雨が降る前に・・・
昨日実家帰宅直前になり、主人通勤電車が人身事故で止まってしまった為、名古屋まで送っていってから実家へ家事をしに戻りました。まぁ、朝から隣駅での人身事故と言う事もあり少し鬱々になり始めてた為、明日から雨という今日は外へ出ようと昨夜思い立ち、色々検索した結果稲沢迄紫陽花を観に・・・と言いたかったのですが、諸事情で行き先変更。
でも、出先で当初の目的だった紫陽花をみかけたので写真撮影しました。間もなく・・梅雨近しですね。

紫陽花4

最近の映画鑑賞
2017年邦画【銀魂・実写版】&dTVドラマ【銀魂・実写=ミツバ編】
5/26WOWOW放送の前日、使用レンタル店が準新作100円セールしてたのでレンタルしてその夜半過ぎに2本とも観ちゃいました!忘れもしないこの実写映画・・・原作漫画読んでないが、出演者に「仮面ライダーフォーゼ」で好きだったメテオ役の吉沢亮君に、TVドラマ「ゆとりですがなにか!」に出演してた柳楽優弥君と岡田将生君が出てたので、是非劇場鑑賞を!と意気込んでいたのだが・・・上映時期が悪かった。夏休み間近な上にUSJでドラゴンボール4Dやってたもので・・・自分の楽しみより、子供の楽しみ優先したら映画観に行く時間と費用がなくなったという。
で、今回Luckyな日にレンタル出来た訳で観たのですが、評判通りアニメや漫画に詳しい方には、物語以外でも更に笑えるネタもあり(DBComicsの朗読はそうきたか!で笑えた)、ストーリーも単純に面白かったです。まぁ、あのメンバーの顔ぶれだと・・・「ゆとり」ドラマ知る方々が、是非、映画2には特撮経験もある桃李君も新メンバーに・・・と願った気持ちも解る気もした。
原作・銀魂ファンとかには申し訳ないが一般的な面でミーハーな自分的には、好きな男優陣大活躍のミツバ編の方が、物語含め映画よりは好みでした。

2017年邦画アニメ【機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 激突ルウム会議】再視聴!
GW期間中に予約したが、途中でぶち切れた続き部分を漸く観ました。と、言えど・・・この後の最終話を映画館で先に観ちゃったんだけどね。
いや~このルウム会議編では、シャア(本名:キャスバル)が妹セイラ(本名:アルティシア)を心配する場面がラストの方にきちのあって嬉しかった❤あれが井上遥さんの声だったなら・・・と思ってしまうくらい、ファーストガンダムでは池田さんシャアと井上さんセイラ兄妹の、アムロからしたら敵味方関係が好きだったのよーーー!
で、今回のORIGIN一番のお気に入りのシャアの台詞は・・・ラストのこれしかない「私の前に膝まづけ!(だったかな?)」、後はセイラさんの「獣!」だよな!高貴な出の二人の発する事の一言一言に、戦争で人が致し方なく変わっていく様の重さを感じてしまう(何のこっちゃ!)。ORIGINの何が良いかって・・・ファザマザコンお坊っちゃんのアムロが出張ってない事(アムロファンの方、御免なさい!古谷さん御免!別に嫌いなわけではないのよ。その証拠にヤムチャ好きよ)。

2010年メル・ギブソン主演、米映画【復讐走査線】監督:マーティン・キャンベル
最初、少女が海で遊ぶビデオ映像が流れてたから、タイトルの「復讐」という文字から、鮫か何か正体不明の海の生物に殺されるのかと思いきや(有得んB級映画の見過ぎ)・・・とんでもない程、重い設定の映画だった。
主人公の刑事ロニーが久々に娘と再会し、娘が具合悪くなり病院に向かう際、重要な秘密を打ち明けようとした矢先、玄関先で無残にも射殺されるという(この映画の人が殺されるシーンは凄い。マジ無残と言う言葉がぴったり)。で、単純に刑事に恨みを持つ者の犯行かと思えば、ターゲットは最初から娘の方だったという。何故?と思ったら、彼女の研修先企業の開発物が問題だったという。娘と生前が秘密を共有していた仲間は皆、ロニーと接触後に殺されてしまう。そこまでして犯人が隠し通そうとした代物は・・・麻薬・・・ではなく、全材料を他国品で使用した化学核兵器だったという。そう!娘が急に体調悪くしたのは被爆していたからだったんですね~。謎を解き明かしたら・・・軍需産業に絡む政治権力の横暴を告発しようとしたから娘は殺されたという。更に悲惨な展開は続き・・・敵に復讐をしようとしてたロニーは娘の部屋にあった物で被ばくしてしまう。生きてる残り時間が少ないロニーは一旦敵に拉致されるが、そこから脱出し諸悪の根源者宅へ単独復讐奇襲を開始。そして・・・首謀者に被爆したある物を飲ますという横暴で復讐の仕方も残酷。もし、ロニーが進撃のミカサだったなら是非「世界は残酷なんだから」(この台詞、来年新年アニメ化される「約束のネバーランド」でも使われてるの?)と冷酷に呟きながら、被爆済某飲料を相手に飲ませて欲しい。で、ラストも病院で死期を待つだけのロニーの下へ、死んだ娘の御霊が迎えにきて・・・この世から去るという。これは一種のハッピーエンドかもしれないが・・・主人公と娘達が悲惨な死を迎えた事には変わりない為、核開発を知らない万民を救いはしたが、アンハッピーなラストには変わりないかと思う。子を持つ親(特に娘)にはこの映画、娘が射殺されたどしょっぱつ場面からマジで怒れてくると思う。それくらい悲惨な死体映像でした・・・

2006年アン・ハサウェイ主演、米映画【プラダを着た悪魔】監督:デビッド・フランケル
女性のファッション業界でのサクセスストーリ・・・と言えばいいのかな?
正直、女性でありながら人に魅せるファッションに興味ない自分故、当時の女性間の話題と人気が凄かった記憶があり鑑賞したはいいが、今の自分の身分では余り共感出来る面がなく、超リアル働く女性社会描写すぎて感動どころか胸が痛かった。
でもまぁ・・・自分が着る事は絶対ないブランド服の魅せるファッションは目の保養にはなったし、今現在、自分が選んだ道を極める事を目指してる、目指そうとする現役女性社会人なら、確かにこのサクセスストーリー(?)は共感出来るのかもしれないですね。
ただ前文にも記載した通り、主人公が自分の意志で道を見つけるまでの過程(それが映画内容)がね・・・妙にリアル過ぎて、わざわざ映画にしなくていいよと思える程、大なり小なり似た実体験してる女性も、ある世代には多々いるのでないかと。
個人的には、「怖いもの無!」の夢見る若い頃に出会えてたら・・・面白いと感じれた映画になったんだろうなぁ~と思えた映画でした。
Copyright © My Diarys. all rights reserved.