FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

子持ちでない偉いさんには何も解らん
幼稚園から小学校入学し、一旦子育ても終了したかと思えば・・・ここにきて勉学面で苦労中。と言うか、教育現場が余りにも塾と言う存在に頼り過ぎて、必要な用語を用いて教えてないと言うのが明確になってきててね・・・そういう名称でなくなったのかと思いもしたが、本屋で色々な市販問題みると、自分時代同様にその用語が使われてると言うのが現実でして・・・ゆとりは学力不足とか言われた頃がありますが、用語不足の間違いではないだろうか?と思える程、直接教師に聞いても「そういう用語は教科書にのってないから教えてない」と言われた日には・・・どんな教わり方して大学行けた訳?って感じで・・・平成世代教育にカルチャーショック連続中。
で、近隣ママ連から進められる塾と言えど、教える先生時代の出身校レベルと専門学科が何だったかで選ばないと無駄金浪費しそうな気もするが、・・・自分は塾利用した事ない為、実際どうなんだろうって未知の世界ですね。
まぁ、塾行かせた所で本人ヤル気なけりゃ一緒と言う意見もあるし、高い塾行きながら一浪・二浪した人間も知ってる訳であり・・・・取敢えず勉強嫌いな自分がやれる事を探すと、我が子に5教科の復習やらせて、授業で聞いた事ない用語を説明する事ですね。
それと何も変わらん政権と庶民暮らしで、楽しいと思えてた事もつまらなくなり楽しいと思える物もなくなった。当然、創作描くのも観るのも飽きてきたので少し距離を置いたりしてるが、明日から11月・・・趣味創作するより、年末も近い為に部屋中を徹底的に掃除したいな~と・・・先程些細な風呂場の汚れが気になって思った次第。で、一度汚れが気になると他の部屋も気になりだし、人間の我欲からくる、人を騙す行為等にも敏感になり人間嫌い復活するんだよな~これが。
まぁ、そんな思考が頭もたげた時は掃除が一番!と、言う事で来週は実家でなく、自宅の掃除を予定にいれた。でも、ここで問題が一つ!幾ら綺麗にしても、子供が友達連れてきたら、たった数秒でその日の自分の苦労が水の泡になる事で・・・何が一番のストレスって・・・幾ら子供の為と言えど毎回ウチにくる輩が一番のストレスなんだよ!たまには自分宅で皆読んで遊びやがれ!と・・・その子の親に怒鳴りたい気持ちも無きにしも非ず。
スポンサーサイト

読書2冊の感想と訃報
朝井リョウ氏著【もういちど生まれる】 
簡単に言うならば、恋愛絡みの人生とは何ぞやを、各章で繋がりのある人物を用い主人公を変え、如何にも学生さんが悩みそうな青春物語が数本書かれておりました。自分が学生なら凄く共感出来た内容なのだろうが・・・既に社会人〇十年経過後の枯れ始めてる専業主婦じゃ・・・「若いさ故の悩みだよな」と苦笑。でも、今時の若者はこういう感じでこんな事を悩むんだ~という・・・現代っ子の未来想像参考にはなりましたね。読んでて感心したのは、意外と登場人物皆が自分の人生についてマジ思考で色々考え込んでる描写がある事で・・・これは自分学生時代と逆な思考であり、明らかに平成と昭和の景気と就活問題と関連してるのかな・・・と思いましたね。たまに若手作家さん作品を読むと、成程・・・と考えさせられる点もあるのは確かですね。

売春島【最後の桃源郷】渡鹿野島ルポ 
タイトル通り・・・非合法な手段で一世風靡した経緯がある離島の、知る世代は知る、知らない世代は知らない島の過去と現在の実態を解る範囲で赤裸々に綴られている一冊で・・・こういう裏商売情報に抵抗ある方には不向きな一冊かもしれません。
読んでてコレマジかい?と疑わしいと思う事も多々あったのですが、それは筆者もインタビューした当初感じた事で記載もあり、この内容全てが過去に現実に行われていたとなると(新聞切抜記事とかあるので現実なんでしょうね)、好景気前後からの都市部以外の人達の生活模様、又、好景気後に衰退する建物と地域に関しての行政態度に対し「う~ん」と考えさせられる一冊です(最終章に書かれてる行政の一件がね・・・)。
で、個人的にショック受けたのは、自分が社会で出る頃にはこの手の職業が割と近い離島で警察にも暗黙の了解的に成り立ち、バブル繁華街と同じ賑わいの同時代があり、それを利用されてた男性も多々居たと言う事ですね。当時の自分は学生時代にバイト経験もない(小遣いで一月ヤリクリしてた)、世間知らずの耳年増(父が九州から札幌に飛んでる経緯でススキノ等の話とか聞いてた)ではあったが、そういう職業も現実味を感じてなかった頃でしたから。今考えたら、その島で美味しい思いした男性と、普通に仕事上電話やりとりや飲み屋とかで会ってるかもしれないと考えたら、年上知人男性でも疑いたくなる訳で・・・これはショックだ。で、次にショックだったのは、その場で働いてる女性の思考。家出人とか本人に借金があるからという理由ならともかく、「男性の為に身をすり減らして働く」=「自分が惚れた男の為だから」と言う感覚が・・・そういう思考もたれる女性が危ない稼業男性と交際関係だった女性だったとしても、惚れた相手の為でも身売りは御免被りたい思考が強く、100%も自分を捧げれきれない思考が強い自分的には理解出来なかった(冗談か嘘か未だに解らないが、ある一人には「ビデオ撮って売ろう」と言われ即答で却下した)。
男の人は簡単に思うかもしれないが、女性が身を商売道具にするって相当なテクと体力が必要だと思うんですよね。相手の男性を自分が選べれる訳じゃない以上、変態プレイ好きや絶倫者もいる訳なんだからさ。まぁ・・・車内とか特殊な場所でなく床の上と言う点ではマシですが、若い20代や比較的に性欲強い30代前半なら兎も角、やはり自分的には一日に何人もの相手をすると言う稼業は・・・大金や男の為と言えど真似は出来ないですね。でも・・・読んでくうちに、そういう思考でその仕事されてた彼女達の方が凄く純粋な恋心を持ち、相手の為に・・・という古来日本女性らしい相手に尽くす面も持ち合わせてたんだろうなぁ~と言う気持ちにはなりました。自分では絶対出来ないその様な風俗やられる方に対しては、素直に自分が嫌がる仕事をしてくれるのだから有難い存在だと思うのですが、超潔癖な男に屈服するの嫌な女性向上意志が尋常なく高い、超お堅い女子に言わすと(昔の友人に一人いた)、その商売自体と買う男に対し別の辛辣な言葉が出そうですね。
で、島全体の過去のシステムと言うのは、考え方によれば場所が離島の昔の風俗街だったと言えなくもない。今は各地のバブル時代繁華街と同じで、身売り風俗店とは無縁な健全な島になりつつある様ですが、実際自分は目にした事もないし行った事もないし、興味本位で行く場所でもないし行く気もありませんが・・・現在、それなりの開発者の手により日々現代に見合う島に再生しようとしつつあると願いたいですね。
このルポ本読み終えると売春と言う稼業と、それで島民達が潤ってた云念観念より、バブル景気と言うのが本当に怖いものと言うのがよく解ります。 誰もがお金持ちで賑やかだった時代と今の時代・・・この離島に限らず全国各地でバブル以降衰退してる場所と稼業(風俗に限らず)は色々あり、本土の街中でもバブル時期に流行ってた風俗店が減ってる(別の形のは繁栄中)のも事実です。某所風俗店に比較的に詳しかった知人に過去、その方が知ってる風俗稼業が減ってる事についてどう思うかと聞いた事ありますが、「風俗店廃業によりお金払っての性欲のはけ口手段がなくなり、一人での処理で間に合わず性犯罪に走る若者も増えた気もする」とは言ってました。その時、自分の事を振返り「手に入らない芸能人や二次世界の人間を追い続け身近な男性で手を打たない、彼氏とSEXしようとしない女達の方が犯罪犯すきっかけを作ってると言いたいのでしょうか?」と、意地悪な事を聞き返したかは不明だが・・・確かに自分がそれなり年令成人男性だった場合、触らせてもくれないやらせてもくれない彼女は要らんとなるかのかもね。で、その会話の締めは「女性が社会進出するのは良いのだが、それに伴い身持ちが年々堅くなりつつあるのは、正常な男からしたら困り者」とハッキリ言ってた気がした。だから本書である方が語られた、「世の中にはああいう商売もあった方がいい」と言う意見は・・・あながち100%間違いとは言えないのかな等と少しだけ思いましたが、別の方が語った様に「衰退したままが良い」と言う意見の方が時代に見合った正論で、一般常識的には駄目な物は駄目なんでしょうね。
この本で歴史を紐解いている売春と言うのは生きていくための手段の一つなだけであり、どちらかというとそんな風な地域がある事をサミット開催決定まで知らず、売春以外の手段で島民の生活向上の為に何も手を施そうとしなかった、県自治体や国の態度の方が問題の様な気分になった一冊で・・・如何に、国政機関が都市部中心しか見えておらず、地方情報に疎いかも理解出来る本でもあり、読み終えて色んな視点から考える事が出来た一冊だったと思います。

さて、つい先程YahooNewsで篠沢教授が亡くなられたのを知った。子供時代に大好きだった「クイズダービー」一枠回答者様だった、とてもユニークでTV出演されてる大学教授の中では好きな方でしたので悲しい限り。ご冥福お祈りいたします。

元SMAP3人が映画作るそうで
ジャニーズ退社して一から出直しで、色々これから活動される三人だと思うのだが、何かね・・・誠か嘘か解らないんだけど、面白可笑しくマスコミが書き綴ってる気もする。上二人と不仲なら不仲でもいいんだけど(大抵、年下は自分達を子供扱いする年上を嫌うから)、今迄5人で活動してた期間全てを否定する様な報道や記事は、SMAPファンだった者からしたら読みたくないと個人的におもう。あれだけ長い期間、共に芸能活動してたメンバーだよ。そりゃあ普通の夫婦だってその間、チョイ浮気した人も居れば離婚寸前の喧嘩だってしてるんだから・・・今更、何処かで擦違って解散に至ったSMAPメンバーの不仲説をダラダラと書きつづらんでも良いのにと思う。
何かさ凄いよね!映画公開日が木村君映画公開日と同じだから、剛君と慎吾君が喧嘩吹っ掛けたって見出しがさ(この段階で記事読む気失せた)。違うだろ?喧嘩吹っ掛けたのは本人達でなく、事務所が事務所に対してじゃないの?・・真実は知らんが。
よくあるんだよね・・・同族会社の企業でもさ。世代交代が近づいてくると新旧のどちらにつくかで・・・中には自分達が今の社を作り上げたのだからと、会社乗っ取りを考える人間とかもいてさ・・・。確かに、今の社の基盤を作ったのは先駆者達だが、それを維持し続けてるのは、その後のそれぞれの世代だと言う事を忘れては駄目だよね。
結局、世の中は各世代の時代に見合った活躍で、現在も維持されてる状態なんだから・・・元SMAPの3人と中居君と木村君の関係記事も、いがみ合いでなく(実際はその可能性もあるかもしれんが)、今後も芸能界で生きていくのであれば、良きライバルとして今後も相手を尊重共存と唱えた方がファン的には嫌な気分には陥らないですね。

最近スマホ記事読んでます
滅多にスマホ見つめる事はない自分ですが、今秋の新作映画情報を観てた数週間前と異なり、昨日は先日放送された「宮崎事件ドラマ」と今読んでる本の影響もあり、性犯罪(男性の痴漢行為)についての記事を読みました。
その記事では痴漢行為を行う男性は学歴が高い大卒者が多く、普通の人間であるが犯罪を自分都合に正当化させてる癖がある的な内容でした。で、その大半が痴漢行為を行ってる時に勃起は起きない単なるストレス発散と言う・・・何とも被害者となる女性からしたら腹立たしい事極まりない内容でした。が・・・男児持つ親からしたら100%無関係と言えないのが悲しいですね。何がきっかけで何時、我が子が足を踏み外しその様な犯罪に走る不安が全くないとは言えないですから。
そうならない為、男の子にはスポーツで精神を鍛えさせると言う意見もあり、ウチの主人も自分と仲良かった男子も学生時代(中には社会人になっても)皆スポーツしており、自分の子にもスポーツ推進派ですね。
性犯罪と同様に危惧されるのは苛め問題ですが、男子の苛めは暴力的な白黒はっきりする物が多く、女子の苛めは本当に陰湿なジリジリと精神的にダメージ与える物が多い気がする。近年では全てではありませんが、早々に子供が多額なお金を貰い自由に飲み食いする子も多く、男女とも小遣い額で友達決めてる節もあり、何時までも親の言いつけ守る子や夜出歩かない子、ちょい悪すらしない子を餓鬼扱いし、自分が自立出来てる大人の一員と勘違いしてる子も多く、そんな自分達と違う性格者の人間を異質と決めつけ苛めに走る傾向もありますが、いずれにせよ普通に暮らしてても何時、我が子やその友人知人達が危険人物に豹変するとは限らない現代教育現場と社会故、子供のSOSは親は見過ごさない様にしないといけないのかもしれませんね。
と言えど、親である大人は大人事情でのストレスもある訳で・・・どんな風に育てるべきかを考えて行くと、結局、自分が人の道を外れてない親御さんは皆様、親が自分に躾けた様にしか躾けれないものかもしれませんね。

子供同士の遊びについて
一月ほど前、子供が友達から意味なく現金を頂戴してきて、その事で先方の親と「何故そんな事をしたのか」等様々な思惑で若干揉めそうになりつつ、現金を返金し親とは和解したのですが・・・・今度は最近になりその子の御遊びが銀行ごっこなのか不明だが、儲かったお金と言う事で大量の不用メモで作ったお札を、わざわざ茶封筒(費用かかってるのに)に入れて渡してくるらしい。
余りにも頻度が凄く分厚くなってきた為、「こんなゴミ要るか」って感じに私の方の堪忍袋がきれ、「一体、他所宅への迷惑なゴミ渡すKS君は何の遊びをしたい訳?」と問いただしたら、「社会的遊びが好きなんだって」との回答を息子から頂戴した。
が、私が個人的に思うに、お金を人に渡して自分が優越感に浸ると言う遊びは・・・社会的遊びと言うより政治家のバラマキ遊びじゃねぇ?って感じでして・・・兎に角、その子がお金への執着が凄い事は理解出来(親がそうなのか?)、観点を変えるとこの遊びから偽札作りに手を染めるのでは?との見方も出来なくもないです。
苦情言うべきか悩みつつも、子供の遊びだからと親御さんには連絡してませんが、私としてはその子が社会的遊びを切にしたいと願うのであれば、キチンと社会いう物を把握しきってる知識人(親同士の会話やTVだけじゃ無理)から知識を得る事が先決と思うし、中途半端な子供知識だけでこんな遊びするより、今の年齢だから恥らいもなく出来る遊び(缶蹴りやら・かくれんぼ・ドッヂボール等外遊びから、自分達の創造力で作る迷路やすごろく的なゲーム等)をした方が楽しいと思うんですけどね。
自分は子供の頃から背伸びしたがる人間でなかった為、我が子のお友達の様に小学3年生で、金銭授受を主体とした大人世界遊び(追求していくと凄く薄汚い世界なんだが)したがる性格はよく解らないです。
もしかしたら、その子は親から今現在、社会の仕組みを勉強してる最中で、模擬体験をしたいのかもしれませんが、我が家ではそういう勉強は先ず、教育現場の教師から教えて貰う(それが教員の仕事)のが筋と考える為、自分が身をおいて経験してる、金融業・一般企業・倉庫・小売業・商社・メーカー等の繋がりを息子には一切まだ説明してません。と言うか・・・説明したところで、現時点では理解出来んだろって言うのが本音ですね。

次の日曜夜は選挙結果だった
昨夜から始まったドラマ【陸王】第一話を見た後、次回を録画しようとしたら番組表が民放全局選挙結果報道だった。
そう言えば先週自宅周辺を選挙カーが走ってたし(パチンコ屋かチンドン屋みたいな音楽流してた)、投票券も届いてたなと・・・。選挙にマメに赴く主人と異なり、自分は選挙権頂戴した一年目以後から余り興味ない選挙故何も調べてないが、独身時代と異なり今は主人に連れ出される為、一応公約とかは調べとくべきなのかもね。
数日前だったかな?新首相は安倍さんと小池さんどちらが相応しいか・・・みたいな事やってたが、個人的には二人とも同世代故に考える事は似たり寄ったりで、昔から企業内の男目線と女目線意見対立と言う感じで・・・どちらが職についても大差ない政治されるだけの気がしますけどね。
最近の公約で思う事は、若世代の夫婦に媚売るような育児ターゲットにした事ばかり全面に出してる面々が増えてると言う事ですね。後期高齢者が増え、公共の電柱等の劣化も進み倒れる事も出てきて(現にその発生時に渋滞に見舞われた)、それを建設出来る人材も減ってる昨今・・・形あるものは何時か崩れるのは当然故、車や家同様の公共物メンテも全国必要になると思うんですけど・・・道路ばかり掘り返してるだけで、誰もそんな事まで気がついてない気もする。
難しい事は解らない馬鹿故に、誰が政治家になろうと勝手にどうぞですが・・・もう少し、別の目線から色々な国内事情に気付く、まともな政治をされる方々がトップに立つ事を求めたいですね。

NHKドラマ【わろてんか】他
二週間頑張って朝ドラ見続けております。漸く物語が動くと言う感じで昨日終わりましたが、少し驚いたのはてんの兄・新一が助かる見込みがないと医者に宣言された翌日放送で位牌の御仁になられてた事ですね。子供のハロウィンに付添って一人壁の人をしてた時(ああいう場は苦手)、スマホで書き込み読み今朝録画みたらマジ笑えた。放送回数の兼合いと言えど「ありゃ~ないざんしょ!」新一君好きだったのに残念。
で年甲斐もなく、てんと見合い相手・伊能との出会いに「おー!昔のロマンス路線!」と数日前懐かしさの余り感動したが、昨日放送では・・・てんが送った新一が残した論文を読み、その案に投資したいと「藤岡屋」を訪れた伊能にビックリ。何故なら伊能って顔だけじゃなく性格も滅茶良い男なんだもん。クスリ開発含む店への投資はするが、見合い相手てんとの結納は断ると言う。でも、てん本人には、興味はあり若干惹かれた面もあると告白しつつも、西洋の自由恋愛に憧れを抱く自分故、今現在のてんの気持ち(他に想い人が居る)を優先し身をひいた感のある流れで・・・あれだけの男にああ言われたら、子供の頃に会っただけのユニーク芸人を思い続けるなんてナンセンスと思えたりもする訳であり、自分ならドキドキ物コロりかもしれません。
で、そのユニーク芸人・・・桃李君演じる藤吉が漸く再登場で嬉しい限りで(桃李君出演映画「ユリゴコロ」はレンタル待つが、「彼女がその名を知らない鳥たち」は絶対に行くぞ)、これから楽しい展開になると期待し月曜の朝を待ちたいと思います。
でも、このドラマで一番男気あるのは・・・てんの幼馴染兼「藤岡屋」の手代である風太かも(子供時代は福君、成人では濱田岳君演)。彼、きっと小さい頃からてんが好きだけど身分違いで自分の気持ちを殺し、てんの為に色々奔走してるのではないかと・・・好きな女の幸せの為、最初から勝負の舞台に上がらずとは・・・男だね~。

さて話は変わり、この冬の仮面ライダー新作映画は良いかも❤フォーゼ弦太朗他も観たいが、どうやらオーズのアンクも出るらしい!滅茶楽しい・・・今回に限り主人と交替して子供との特撮映画鑑賞復活してもいいかも思っているこの頃。そんなオタミーハーな面がある自分ですが、この秋何気にスマホNewsで知ったドキュメンタリ本(画面右)を漸く購入。今手懸けてる趣味物が完成したら読もうと思いつつ、誘惑に負け読み始めてしまった為、時間置かず息抜き時に続き読もうとおもう。
もう一冊の方は小説故、文を読みつつ色々と頭で思い描けれる時間ある時にゆっくり読みたいと思います。

DSC_0121 (1)

この手の御子様を四角四面と言うのか?
ある御子様の成長が素晴らしく、オヤツを差し出しても宿題終える迄絶対に食べないそうで・・・余りにも歳不相応な態度に感じられたのか、お母様が「食べてからやればいいじゃない」と何度促し発言しても、頑なに応じないとの話を数か月前に聞かされた時、真逆に育つ我が子を持つ為に素直に「へえ~凄くしっかりした子に育ってるんだね」と回答した記憶がある。
だが、最近になりその融通きかない性格が女の子としては、追々どう異性に受け入れられるか?と思う様になってきた。
勉強が好きなら好きでもいいし、オヤツが要らないなら食べなくてもよく、その自分の時間管理(やり方)を他人に強要しなければ何の問題もないです。人生には息抜きも必須で、それをいつ行うかのやり方は人様々。特に同性と異性では息抜き手段も時間も、歳を重ねれば自然変わっていきます。でも、女子ってある年代になると好きな相手に自分流を強要する癖がある為、それを全面的に受諾出来る心広い相手を選ぶか、一日の時間管理を厳しくするのは働いてる時と一人プライベートだけにしとくべきだと考えてしまいましたね。
まぁ・・・その御宅の場合、親の職業関連も兼合い御子様自らが色々考え努力してる事だと思う為、見掛けると挨拶するだけの親付合い程度の人間にそんな事諭されると「ほっとけ!」になるんだろうから口にはしない。それにそういう女の子には、そういうタイプ好き男子がアタックしたりするのだろうから余計なお世話だよなとも自分で思ってはいる。ただ、その話を聞いた時に自分が発した「その歳でしっかりした子」と言う称賛の声は、今考えると「その歳で融通効かない堅物の生意気さん」と同意語だったのかもと言う気持ちはありますね。自分はこうあるべき、彼氏にするには・・・タイプと言う様々な理想を掲げ、その通りに実践成長した四角四面的な友人も数名知ってますが、未だ身を固めてない・・中には信じれん波乱万丈人生歩んでる人も、世の中には多々いるんだよね~。で、最終学歴と今現在自分が勤める会社名だけで、親のプライドも凄く高く変わる人もいる・・・本当、人間って面白いです。

話は変わり・・・先日買物途中に小学生児童数名が遊んでおり、その一人が仲間内に丸坊主が居る訳でもないのn「このハゲー!」と叫びながら鬼ごっこをしており・・・今更ながらに豊田元議員の秘書(運転手か?)への暴言報道影響力を実感したが・・・こういう社会現象は、報道本来の意図とは結びついてないのではないか?と思っちゃいましたね。

現役中学見てきました
先ず、現学区の中学の印象は市街地郊外のせいか、自分が育った地域の自分時代の学生より生徒の質が今一って感じで・・・自分がもしここに入学してもお友達になれない、なりたくないタイプも割と多くいるな~的な感じでした。地域性じゃなくて時代のせいなのかな? 自分の目に映った生徒達がどう見えたか等、何かの感想みたくはっきりと文字にする事も出来ますが、流石にそれをしたら駄目な気がするので、ベジータがある相手に発する某台詞が何回か口から洩れそうになったとの表現に押さえときます。
次は出し物ですが中学生ではあんな感じでしょうねと思います。ただ、何処の出し物先に行っても、何処となく周囲が見えてない自分優先タイプの生徒が多かった気はするが、自己主張したがる年齢かもしれないので良いか悪いかは解りかねますね。
ただ、生徒の中には一般参加の小学生が並んでても我先感覚で楽しんでたし、生徒だけで文化祭を楽しみたい様な感じも見受けられた為、一般参加者を入れるのはどうなんだろう・・・と感じ、生徒が段ボール等で作った「的」に対し全力でボール投げ、「当てる」と言うより「的を破壊してる」感のある男子には、流石に小さい子達もその教室には居た為「周囲が見えてないって本当に怖いなぁ」と思い、何でそういうゲ―ムの出し物先に監督として教員が立ってないのかが不思議でしたね。
と、以上が中学時代の文化祭(しかも一般参加有)等やった覚えのない自分の感想でした。我が子は中々ゲームなどに参加出来ず待ちが多くムッとしてた(順番で仕方ないと十分に理解してても)時もありましたが、生徒の出し物の一つ一つ・・・スライム制作やカラーインクでのカード作り、身体を使ったゲーム等・・・をそれなりに楽しんでたし、参加景品のゲームカードで持ってない物を選んでGET出来それなりには満足した様ですね。

で今になり、数年前に旧友からの自分時代に作られた分校の一つが廃校の動きがあると言う話を思い出し、昨日訪問した中学の建物の広さと学生服着てた生徒人数を考えたら・・・あの文化祭も、一般参加者が居ないと建物がガランと空洞化してしまうのかもしれないと言う事に気付き、それだけ少子化で学校という建物の無人化も深刻に始まってるんだと実感しました。
無人化になる建物は少子化が続く限り増えていくので、何れは廃校が老人ホーム施設に変化する事もありうるかもなと・・・思わずにはいられないですね。

地上ドラマ【宮崎勤ドラマ】
もうあの事件から30年経過するんですね。その後のサリン事件とかも酷かったですが、宮崎死刑囚の埼玉連続幼女誘拐殺人も当時にしたら衝撃的な事件でしたね。ドラマに宮崎の肉声が流れたり、当時の様々な報道フィルムが流れておりましたが、そのフィルム内のアナウンサーの一語一語から、ドラマ内TVで流れてた当時のNews画像迄、全て自分が覚えてるのが恐い・・・それだけ報道も頻繁なショッキングな社会事件だったと言う事ですよね。それと同じ様に自分の記憶には忘れらない事件で、木曽川に捨てられた「女子大生死体遺棄事件」があるのですが・・・あれは被害者女性が自分が場所知る大学の生徒だった為、犯人のターゲット外である御子様だったのですが、暫くの間、マジで暗い時間帯に歩くのが恐かったですね。確か・・・あの犯人も死刑執行されてたよなと・・・。振り返ると凶悪性犯罪の殺人死体遺棄事件は昔から色々とあるんですよね。この宮崎勤死刑囚の場合、一般女性に全く相手にされず異性と遊びたい欲求だけが堪り、連続して幼児ばかり狙い躊躇なく殺害してる点に、皆(特に女性は)、嫌悪感と脅を感じたんですよね。

この人が捕まりアニメ好きな人間に対し世間が過剰反応の視線を向ける様になったこともあったな~・・・と。オタクを毛嫌いする教育ママ的思考者が増えたのもこの時期なのかな?よく解らないが、普通の仕事としてアニメ制作等に携わってる側からしたら・・・そう言った偏見を持たれると堪ったもんじゃなかったかもな・・・と思いますね。
Copyright © My Diarys. all rights reserved.