こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

!17.8邦画【関ケ原】
戦国好きなら一度は読んだ事あるであろう、司馬遼太郎著『関ケ原』の映画を新学期入ってから一人で行こうと思ってだが、この映画の鑑賞希望を申し出て来た子供と一緒に本日行ってきました。

私自身は小説が実家にあり読んだ事もあるので、成程、こういう風にまとめたのかと思い観てましたが、途中、子供が終了時間気になってた所を見ると・・・小説読んでない方や戦国時代を余り知らない人には、解り難い流れだったかなとは思いました。
確かに自分が見てても、ある場面とかは話飛ばし過ぎな感じが無きにしも非ずで、この合戦の知識がない人からしたら?マーク連発かもなとは思いましたけどね。
それとは逆に、合戦シーンの血潮・流血シーンが少なく、御子様にも歴史の勉強として見せれる様に作られてたとは思います。光成死後の大阪城の陣を描いた『真田十勇士』とかは、流血だけでなく死に方も串刺しのがあったしね・・・あれは真田幸村好きな子供連れて行かなくて良かったと思いますね。
後は西軍東軍に使える忍者達の描写がよく、光成と恋に落ちる初芽の描写は凄く良く出来ており、戦国武将と使える女忍者悲恋物としての映画だったなら万々歳だったかもしれません。
この辺りの歴史物書物はそれなりに読み予備知識が多少ある自分的には、石田三成という人物を上手くそこそこに描かれていた映画だとは思います。でも、歴史知らない方からしたら酷評が出るのも納得出来たかなとは思いますね。現に、まだ戦国の詳しい流れや人物同士の関わりを知らない我が子の感想も凄く明確な簡単な物で、「映画観て徳川家康が嫌いになった!逆に光成が良い人に見えて好きになった」と、子供らしいお言葉を頂戴しました。確かに、この映画の徳川家康の描写は野望全開古狸の【悪】、石田三成は思い描く和の国に純粋な憧れを抱く【正義】ではありましたけどね。
だからと言えど・・・最後は史実通り家康勝利で終わるのですが、終了後即、あの後どうやって光成が殺(処分)されたかを問われ、戦国時代においては負けた当主(殿様)はクビを切られる運命だと教えときました。故に、当主(殿様)の中には、死して敵に自分のクビを与えるのを恥辱とし、信長等は光秀陣営にクビを与えるくらいなら、自害して肉体を焼死させる方を選んだとも説明しといた。で、母親の好きな武将を問われた為、好きな武将は毘沙門天化身として描かれる上杉謙信。好きな智将はその後を継いだ、上杉景勝家臣の上杉兼続と答え、中学生くらいになったら家や実家にある上杉関連書物読めば上杉家のイメージが浮かぶし、有名戦国武将の関係が理解出来るとだけ答えといた。
たまにはアニメや特撮だけでなく、こうした歴史物映画にも子供を連れて行くと、これから学校で教わっていく内容故に勉強になるかな?と思った次第ですね。
スポンサーサイト

不安心理だけに囚われない様
今朝の「天声人語」を読んで、「不安心理が異常な行動をもたらす」の文に共感を覚えてしまった。
大なり小なり、今回の記事の様な相手の命奪う行為等、現代ではなくなりはしましたが・・・何か事が起きると、我が身の保身から相手を苛めたり、陥れたりと色々ある訳ですよ。
社会人で言うならば、好景気からの不景気時に人間の欲深さと意地汚さが露骨に出る方は出るし、周りの噂だけを信じて「もう駄目だ」思考に囚われ、まるで死神か悪魔に取りつかれたかの如く、不正を平気で起こしたり自ら命を断ったりと・・・。これが学生だったら受験時にノイローゼとなり奇異行動に出るとかね。
不景気になっても、受験失敗しても・・・生きてれば何とかなるとか、この先に楽しい人生を得れるかもと、自己人生をプラスで考えれる人間ばかりなら良かったのですが・・・不安心理がもたらす異常行動は大なり小なり、鬱病予備群(友人がなった時は呆れる位に悲観的思想で「良い歳して大概にしいや!」と励ますより怒る事が多かった)を筆頭に未だ健在なんでしょうね。


小説:菅原和也著「さぁ地獄へ堕ちよう」
色々な時間の合間に漸く、この第32回横溝正史ミステリ大賞 大賞受賞作である小説読み終わりました。
まず、簡単に感想を述べるなら・・・自分には不似合いな小説を借りてきた物だ・・・の一言で、読んでて最初から最後まで、想像する度に胸と身体が痛かったです。でも、人間の闇が表面に出て中々興味深い一冊でした。
最初のうちは大した事ないかなと思っていたグロさも、読んでいくうちに想像絶する描写が多々あり、特に男性器への拷問や殺人描写がもうイメージ的には血の海的に・・・すごかったかも。全体的にはキモグロでしたが、自分の知らない世界(SM用語他)等を知れたのは以外に勉強になりました。
でも、どうかな?この小説は・・・。手に取って最後まで読み切れる人と、途中でリタイアする人とに別れるかもしれない。

少しネタバレを書くなら、この小説の主人公であるSM嬢ミチ(Mの方担当)は、常に鎮痛剤等常用してただけの一寸した精神的病の持主。ある日、何年振りかで再会した幼馴染タミーが自殺志願者が集まるSNS=自殺システム登録者だった事から、彼女の奇異な人生が回り始めるといった感じで、SNS「地獄へ堕ちよう」にUPされてた死体写真をミチが見なければ・・・タミーの忠告通り全て忘れて首をつっこまなければ・・・この主人公ミチは、今まで通りの生活を続けれられ、自分の意志で死を望み殺された友人の為に、手を血で染め無くて済んだ筈(早い話、拷問したり殺人を行える人間に変化した)。ミチが疑いを持ったサイト運営者の一人、自分の両足を切断した脚切(仇名)等は、ミチに問われた自分の奇異な行動を生まれ変わり(再生)を望んだ故の行動と称し、また「地獄へ堕ちよう」も同じ再生を望む人間の「公衆自殺装置=巨大な積極的安楽死装置」と結論つけておりました。
誰しもが今の自分が嫌で変えたくて仕方なく多種多様な努力をしていて、そういう人達の中には死んで生まれ変わりを望む者もいるという・・・そう結論つけた脚切の考えには納得出来る点もありますが、そんな人生悲観的に考えない常人には、この小説は理解出来そうで出来なさそうな感じの流れで事件全てをそう結論つけております。
まぁ、このサイト自体が創設者(ミチの仕事仲間であるリスト)の当初の目的と意志に反し、集まってきた人間同士で違う形に一人歩きしていたという有りがちな補足説明もあり、最後は人殺しをしたリストとミチの一寸変った性格者同士の逃避行で幕と言う・・・何と言い露わしてよいか・・・けしてハッピーでもない、でもアンハッピーでもない状態で、でも、明日の事は誰にも解らない的な感じの終わりでした。
個人的観点から主人公ミチの、身近な人間が殺されてからの変り様についてのみ述べて意味不明と思いますが、詳しくこの小説を簡略的にまとめ上げる能力が、自分にはボキャブラリーが貧困で文才もない上に、下手に書くとこの小説のイメージを壊してしそうで無理でございます。それだけ今迄自分では読んだ事ない衝撃的な内容で、現実世界の何処か裏社会で実際に起きている感も感じる事が出来る作品でした。

久々にルマン映像チラ見
Edgeの方を久々開いたら佐藤健君の画像があって、何やろかい?と思い開けたら、ルマン観戦した時の映像で、東海地区では御馴染みのトヨタ社長様とかもうつってらっしゃった。
で、久々に聞くと良いわ~あのレーシングカーの音♥最高ですね。まさに、世界各国の技術力集約されて披露宴って感じで、あのスピードで車が一周するのには感動ですわ。
と言う事で今朝は、「亜人」で主演される佐藤健君関連映像を三つ程、控えとして添付。
と言えど、やはり最近ではるろ剣関連映像が彼は多く、最後のはお笑いです。ルマン映像では髪の毛の分け目のせいかな?他二本の映像時と比べると一寸、髪の生え際に・・・と、個人的に感じちゃいました。

佐藤健、「ル・マン」過酷ドラマに感動

佐藤健×ONE OK ROCKのTakaが語る『るろうに剣心』主題歌製作の裏話

佐藤健が白鳥美麗に告白www】俺と付き合ってくれwww【白鳥美麗の爆笑着替えシーン】

リアル事で疑問に感じた事
最近、義務教育課程での教職員の事件が多いですよね。他県のNews等は耳にしてたのですが、夏休み前に身近な場で講師の逮捕というのを知りまして・・・内容的に子供に何かした訳でなく、保護者との恋愛的関係のもつれ事件に発展した様で・・・双方が未婚か既婚かも定かでないんですけどね。
他人の恋愛のもつれに関心はないが、ただ、ここで自分が知りたかった事は、一度、些細な地域的Newsたどしても、メディアでさらされてしまい刑事事件に発展した場合、学校側から何等かの説明を保護者にするのではないの?と言う点で、亡くなったお父様が高校教師だった友人に一般的意見を聞いてみたら、やはりメディアに取り上げられた刑事事件については何等かの形で、学校側からの保護者宛のアクションは必要だと思うと言われた。故に、事件内容により学校側が隠したがるのかもと考えたりもし、逆説で、隠したがると言う事は別の方も同じ様な恋愛されてる場合もあるという事も有得る訳ですよね。まぁ、別意見では子供への影響配慮したのでは?とも言われましたけどね。母からには、教師と保護者の不倫(プラトニック含)なんて物は昔からザラだった故、やはりその子供への悪影響を考え、他の知らない保護者にまでわざわざ公にする必要ないと学校側が判断したんだと言われました。
で、昨日、別地域では中学教員がクスリで逮捕されたのを知り、そこは校長が来れる保護者を招集し事情説明と防止を語ったそうです。まぁ、このクスリ逮捕劇に比べたら、本当か否か定かでない保護者に対するストーカー行為は重要度からしたら下になり大した事ないプライベッター問題かな?・・・とも思えましたよ・・・ハイ。
他県では生徒への暴力だけでなく、近年では生徒(男女問わず)への悪戯的淫行行為もある様で・・・・そういう何かをきっかけにし(恐らく自己消化の術を知らない過大ストレスと思うが)、人の道をハズレ易い人格者に教員免許与えるのはどうなのかと・・・金融機関入社試験で行われる、性格検査みたいのはやらない物なのかな?と思った一件でした。

小説:村山由佳著【天使の柩】
久々に小説借りて読みました。過去に読んだ村山由佳先生の作品は、GLとかBLとか人間外生物とかのベッドイン等も出たりして結構「ドーン!」と衝撃受け暫く避けてたのですが、その衝撃が癖になったかの如く、念の為に心構えを持ち読みましたが・・・この作品は普通でしたね。
まぁ普通と言えど、主人公の15歳少女の生き方に難があるのですが・・・結構、似たような駄目男と早々に肉体関係持ち、子供産んで離婚してというリアル経験者なども学生時代身近で知ってた為、読んでて楽観的には読めず超リアル感覚で読み切っちゃいました。
主人公の女の子は、比女性と日本人とのハーフの子で生まれた時から祖母に母娘とも歓迎されてなく、母親はそれに耐えられず子供を捨て帰国し、祖母は残された孫に対し酷い呪文みたいな言葉をののしり(恐らく母親に対し言いたかった言葉では?)たまに折檻しながらも、料理などを教え孫をそだてるんですよ。で、エリート人生歩んでいた父親はある日を境に人が変わり、一度は家族心中(自殺)の奇異行動に出た事もあり、その母(祖母)の死後は自分が家に居る間は娘を軟禁すると言う(これも考え様によっては娘を衝動的に殺してしまわない処置だったのかも)・・・とんでもない環境で少女は育つんですよ。そんな環境故に、家以外の避難所とし、自分の身体目的で軟派してきた男の部屋に入り浸る気持ちも解らなくはない。肉体関係持ち、一応彼氏という存在となったその相手に対する感覚や思いも、ある成人男性と出会ってから一転していくという。ラストはそれなりにHappyEndですが
それまでの過程が滅茶苦茶とは言わなくても意外と重いですね。
まぁ、正直夢見る乙女達向けの小説とは言い難く、ちょっとした諸事情ありの未成年人生経験を知る又は経験した方が読むと、多々共感出来る点も多々ある訳ですよ。学校教育での苛め的な場面もあるし、見せかけだけの同性友人関係とか、女を食い物にする男性の厭らしさ等々・・・自分的には「成程」と考えさせられる描写が多々あった訳ですよ。
でも、ラストがキチンと纏められていて、少女は心ある夫婦の養女として引き取られるのですが・・・それがまた、後半文中にあった「人生はお肉じゃがと同じ。お肉が好きでそればかり食べてるとジャガイモばかり残る。又逆も然り。これまで生きてきた人生で嫌な事ばかりの人は、良い事しか残ってない」(台詞は簡略化してます)の言葉通り、ある小事件を通して知り合った心ある人達との交流のおかげで、少女には先の明るい人生が待っていると言う感じのHappyEndで終わってたのはホッと安堵出来た作品でした。

近未来の日本も不透明
企業の36%が「人手不足」 商機逃す 強まる警戒感」とのNews見出しが目に入り記事を読んでみたのだが、個人的に冷静な判断されてるな~と思ったのは下記の部分・・・。

割合は、いずれも無回答を除いて算出。「全般的に不足」と回答した企業が4%、「一部で不足」が32%だった。「過不足はない」との回答が最も多く63%だが、「過剰」という回答は1%だけで、全体としては人手不足の傾向がうかがえる結果となった
 
全体的に人手の過不足はない意見が半数を占め、過剰も少ない結果となってますが、全体としては人手不足傾向が伺えるで纏めてある点は確かですよね。だってバブル前から崩壊後景気の波を経験して作業動作が比較的早い、昭和40年産れ前後数年間の人間が退職する時を考えると・・・年々入社する若手人口が減ってる為に確実に人手不足発生に繋がなるんですよ。
ただここで問題なのは、今、企業で仕事が増えて来てるのは年々各地で起きる大なり小なりの自然災害復興の影響だけでなく、消費税増税に伴う商品買換え又は買い溜めラッシュ、2020年東京五輪等の影響があると思うんですよね。故に東京五輪後、同じ仕事量が各企業に回って来るかは話は別ですよね。
それでも前文に示した世代が企業退職する人数に見合う程の若手労働人口がないのは確かで、万が一、その若手より下世代が早婚で子供出生率が上がった場合、確実に景気は上向きになりますが企業労働者不足は深刻化になるという・・・何とも先々不安な日本経財労働者状況に陥る事もあるかもしれず・・・そうやって考えていくと、今、受験世代が何処の学校へ進学すべきかは凄く慎重にならざる負えず、且つ、大学進学が果たして近未来企業労働事情的に喜ばれるのかも、多いに疑問感じる世の中になりつつあります。と共に、起きて欲しくない戦争の危険性も出てきちゃってる訳ですよ・・・本当に近未来は不透明。
と、書きつづっても、仕事が波にのり今が旬で楽しい時期の独身者はまだ解らないでしょうね。確かな事は、子を持つ親としては、我が子の未来を考えると、本当に頭痛い時代になった物だと年々感じてる方も多くいると言う事です。
進学については・・・即戦力になる人材育成を主とした、各業界種別毎の高校(高専みたく5年制度とかで)があれば良かったんですけどね。

'17米【スパイダーマン・ホームカミング】
夏休みの映画鑑賞で、我が子がカーズかミニオンで悩んだ挙句、スパイダーマンを選択(USJアトラクションの影響と思う)。
で、日本での公開初日の上映初回で観て思いの外面白かったのだが、「こんな話だったっけ?」と、映画スパイダーマン1しか観た事ない自分は?マークを拭いきれぬままでした。何となくラストが続編あり気な終わり方してたので、映画内で結構重要な役割で登場してるアイアンマンとかも観た事なく、スパイダーマンとの繋がりも意味不明故、これは一度最初からDVD借りてこないとなぁ~と、帰宅後にPCで調べたら映画シリーズが下記の通り沢山ある事を初めて知り、「えっ?こんなに何時の間に!?」って感じで・・・景気の影響により、趣味に時間避けなくなりつつあった女盛りから結婚するまで、どちらかと言うと仕事主体で生活行動していた結構長い期間・・・私は一体何を楽しみに生きてたんだろうか?と、マジで浦島太郎気分になりましたが、映画自体は流石アメコミ実写版だけあり、ユニークかつ迫力があり楽しませて頂きましあ。

まぁ、そんなこんなで、旧シリーズから全て借りて観てみるべきか、アイアンマンからアメイジングスパイダーマンシリーズを借りるべきなのか・・・それが悩みどころ。

スパイダーマン(2002年)☜ 恐らく自分が見たスパイダーマンはこれだけかと
スパイダーマン2(2004年)
スパイダーマン3(2007年)
アイアンマン2' ( (2008年)☜ この映画でアイアンマンとスパイダーマンが会うのかな?
アメイジング・スパイダーマン(2012年)
アメイジング・スパイダーマン2( 2014年)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)
スパイダーマン:ホームカミング( 2017年)

'16.邦画【君の名は】
漸く、主人購入DVDが返却されてきた為一年遅れで映画観ました。
一言で言うなら・・・成程、ドラマチックな恋愛観を抱いてる男女万民には、絶対的な支持がこのアニメには起きる訳だ・・・で、物語の発端から最後の再会迄、確かに良く出来た作品で「面白い」とマスコミ等のインタビューで答えてた方の気持ちは理解出来た内容ではありました。でも、やはり・・・超リアリズムな、一般的な甘い恋愛をした事ない自分的には、何処か醒めた感で最初から最後迄「ふ~ん・・」と観てただけ・・・。
子供が騒いでいたHシーンと言うのも、たきとみつはが入れ替わる度に描写されてた場面の事で、「成程!これか!」と納得した物の、DBや進撃の二次作品でBLやらNLR18を閲覧してる自分的には「まぁ、普通、男が女の身体に入り込んだら、そういう行動とるわな~」で、子供と同じ歳頃にキューティーハニー等をTVで観てた自分故、正直、我が子が騒ぐ程に大した事ないじゃん・・・でしたが、その手の描写に免疫ない小学中学年が観ると厭らしいHなシーンに映る物なんだなと認識。
で、たきとみつはの入れ替わり生活の場面では、私がみつはみたく男子の身体に入り込んだ時にしたい事は、こんな純情路線デートでなく、男性が女性に感じるベット淫の感覚(相手をイカス時の男ならでの高揚感など)を経験してみたいな~等と・・・不健全な事を考えたりもした。
そんな個人的な不健全思考は置いといて、この物語の良い点は二人の時間がずれていて、危険を救い新しい時間に作り直すという、時空を超えた人命救助劇の恋愛物語という点でしょうね。確かに、私よりロマンチストな主人が好みそうな話だ(一般的に女子より男子の方がロマンチスト感は高い)と感じたと共に、昨年の上映中、別映画チケット購入した際に見掛けた、年輩の中年男性や学生男子達が、一人又は集団で「君の名は」鑑賞に来てた訳が理解出来た(学生は主題歌目的かもしれんが)。
でも恋愛映画嫌いな人間からしたら、この内容なら何も恋愛に結び付けなくても・・・という辛口発言が出そうでもあるかな・・・と。
まぁ・・・TVで紹介してた言葉より、夢ある綺麗な作品だったとは思います。初めてですね。TV映画紹介の方が陳腐で何処か下品に感じたと(文章では違ってたのかも)、映画観てから思えれる作品は・・・。

ダージリンの記事
昨日、「ダージリンの対立激化で紅茶不足深刻、収穫9割減 数年影響の恐れ」というネット記事を読んだ。
単にダージリン茶葉がお高くなるのかな?と思い目を通した他国事情記事ですが、何やら、西ベンガル州ダージリンで州新政府と地元住民ゴルカ人の対立が深刻化し、大規模なストライキに突入してたらしい。
きっかけは、州政府が州内教育におけるベンガル語の履修を義務付けた事らしく、ネパール語を母語とするゴルカ人が激怒。6月初旬から衝突や放火事件等が相次いでるらしい。日本語と英語みたく、ベンガル語とネパール語両方を履修義務付すればよいのでは?・・・と、素人意見では思ったりするのだが、色々な当人同士にしか解らない詳細事情と言うのもあるのでしょうね。
何年も続いて落着く気配がない他国の内戦・内紛みたく、過激化しないうちに落ち着いてくれるといいな~と・・・珈琲より紅茶利用者は思うこの頃。
にしても・・・夏休み故に致し方ないのだが・・・アニメやお笑いばかりでなく、やっぱリPCやスマホ情報だけでなく、リアタイニュース見る時間が欲しいかも・・・
Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.