こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

最大難関子供夏休み宿題終了!
読書感想文用の本を読むのは早いのだが、感想を文章化にするのが嫌いらしく、毎年・毎年、親が虐待してるかの如く切れて大泣きする、夏休み最強宿題:読書感想文を漸く書き終えてくれた・・・。これさえ完成させとけば、監督する親としても後は気が楽だ!
感想文は本で気になった部分を転記し、それについての個人主観を連ねて行くと言う・・・自分的には学生時代において一番楽な宿題だったのだが、母親の性質と異なり・・・文章を書く事より人と話すのが好きな我が子的には、感想文や作文程、精神的苦痛を受ける宿題は他に存在しないらしい(現時点では)。恐らく、PC・携帯メールやスマホでのLine・Twitter等のSNSが普及し、文字書きから遠ざかってる現代若者や学生同様・・・ウチの子の世代っ子も、字を書くと言う行為自体が嫌なのではないかと推測出来るのだが・・・それが良い事なのか悪い事なのか・・・判断は今のゆとり世代教育現場の教員達が決める事なんでしょうね。その先生方がLine・Twitter等のSNSにハマってたら超恐いんですけどね。
と、言う事で、漸く明日から子供宿題に手がかからず、自分時間が若干増えるかな?って感じで・・・今夜は一つ肩の荷が降りた事もあり、夏休み以前の通り早く寝て、最近では起きれなくなってた夜半過ぎに起きれたら・・・録画鑑賞でもしたいかも。

と、言う事で・・・苦手な勉強みながら、これまた夏休みに入り再び連日24時間育児で、色んなストレスが溜まりササクレ気味な気持ちを落ち着かせる為に聞いてたのは、思い出深いサザンのピアノカバーゆったり癒し曲でした。
スポンサーサイト

担任不在のプール出校日
体育も担任が担当しており、プール出校日も各クラス担任が交代制で出てた自分時代と違い、今は担任が全く来ないらしい。
評価を下す担任が来ない、ほぼ毎日あるプール出校日に果たして意味があるのか?
体育好きな先生が毎日出てきてるらしいが・・・出校日と言う名を改め、参加自由なプール解放と言った方が相応しい気がする。ゆとり世代教師たちの牛耳る現場は、自分世代の教師よりも角度を変えてみても・・・自分達が楽な事ばかりしてる気がしてよく解らんわ。今の担任は某友人に言動も行動もそっくりで、親の私は個人的に嫌いなんだけどね。
で、同年生の参加も少ないらしく(そんな意味不明なプール出校日だと当然だが)、ウチの子は家で宿題とガミガミ言われるのが嫌で出て行くのだが・・・そういう状況が一年から続いてる学校プール出校日故、帰宅した子供に「自由研究等でやりたい事ある?」と聞いてみたら、冗談でだが「腹立つ連中大人から子供まで○してみたい」と言い出す始末。
99.9%冗談でも、残り0.01%は誰もが心の奥底に潜ませてる凶悪性思考が魔が差し、一瞬表に出た為の発言だったんだろね。まぁ、親としたら当然、そんな思考と言葉は冗談でも発したら駄目とは注意はしましたけどね。発散するなら絵や文の空想世界だけにしておくべきだよな・・・うん。
品行方正の親や教師の評価優先で育った、成績優秀高学歴な人間が突然別人に変化し、無差別殺人犯すきっかけ等も・・・こんな感じの、些細な日常への個人的不満からなんでしょうね。いや~、子供育ててると色々な観点から思考めぐらせる機会も増え、同じ人種や好きな相手とだけ付合ってた独身時代より、色々と勉強させられてます・・・本当に。

LLJに行ってきました
本当なら主人同僚旅行がある来月に行く予定だったのだが、夏休みの思い出にしたいと言い出し昨日行って参りました。
今回アンラッキーだったのは1週間前にチケット購入を忘れてて割引がなかったのと、気温と湿度が一番高い季節故、名古屋育ちでない子供にアイスやらジュースやらで何かと高くついた事で、私自身はクーラーが一般家庭普及開始前後を体験してる名古屋生まれの名古屋育ちで、気温も湿度もヘッチャラで持って行ったペットボトルの氷お茶も飲み切れませんでした。
ラッキーだったのは昨日のゲリラ豪雨時で被害に合わなかった事(振ってる間は電車や屋内に居た)で、外歩く自宅行きかえりとLAND滞在中は天気にはめぐまれました。
で、LAND内の素直な感想としては、先ず、オープン当初に凄く書き込みが多かった料金・・・確かにあの入場料を出した上に、あの種類だけであの飲食代は割に合わない感が強く、高いと言われても仕方ないかな?とは素直に思いました。でも味は美味でしたから、その辺はもう個人的な価値観と金銭感覚の問題ですね。ただ、ハンバーガー・チキン・ピザパスタ等の洋食だけでなく、外人客へ和食を知ってもらう為にも、のど越し良い蕎麦膳とか夏場故にメニューにあれば嬉しいかったかなとは思いました。
アトラクション内容的にはスピード感が余り無い為(コースターは別)、健康な祖父母の方なら孫と一緒に楽しめる感はありましたが乗ってる老人はいなかったです。ただ、子供も言っていたけど、あのスピード感のアトラクションではある程度成長したら、やはりTDLやUSJ、長島SL、鈴鹿等に逃げるよなって感も否めなく、大人が楽しめたアトラクションもありましたが(スプラッシュ・バトルとサブマリン・アドベンチャー(下写真有))、個人的には犬山MPの方が近いし・・・飲食メニューも乗物も豊富で全体的にお値段が子連れ庶民的で安く、戦隊等のイベントショーもやってる故、昔ショー観戦で頻繁に言ってた犬山MPみたく・・・今後自分親子でのレゴランド来園があるかは不明です。人も平日で少なくてほとんど制覇出来ちゃったしね・・・。
今後、来園予定される方で園内メニューが苦手な方への助言としましては、入場時間を遅らし昼食を駅からLANDに向かう途中にあるメイカーズピア(営業時間は店舗で異なります)で食べ、昼から閉場まで遊ぶのがいいかもしれませんね。後、年間パスポートはネットより現地購入をお薦め致します。

DSC_0099.jpg DSC_0110.jpg LEGOで作ってある東京側からの富士と大坂
 DSC_0112.jpg LEGO名古屋城
DSC_0097.jpg 子供が一番行きたがったアトラクション(下画像含)
DSC_0120-EFFECTS.jpg DSC_0123.jpg

小三からの通知評価
自分地域が中学年からは確か5段階評価だったと思う為、3段階評価の通知表を頂き「えっ?全国的に5段階じゃないの?」と思い調べてみたら、公立小中校の通知表評価表示は全国教育委員会で統一されてる訳でないんですね。
高校とかになると10段階評価の学校があり、皆バラバラと言うのは知ってたのですが、小学校からそうだとは思いませんでした。
で、その評価も一般的には目標(個人のなのか学校のなのかは不明)を達したか達してないかの評価であり、必ずしもテスト点数や先生受けだけでの評価を出してる様ではない様ですね。
まぁ、昨年から現実逃避的みたく子供にも適当に好きに遊ばせ、自己DBサイト描き捲っておりましたが、増税開始され4年生になる来年からはそういう訳にいかないです。高校受験を控えた勉強癖付けさせないと駄目だし、受験時又は受験後に現住所に在籍してるか我が家では不明故、旦那実家側と自分実家側の学力レベルまで対応させなきゃ駄目な訳で・・両実家側学力レベルが年々上がってる為に、勉強嫌いの運だけで受験通って来た自分的には、子供と共に勉強は辛いですね。私よりレベル高い学校出の主人が子供の勉強みてくれればいいのですが・・・主人は子育てにノータッチ故、成績悪く高校行けないとか、とんでもない悪評の高校しか行けなかった場合の、母親である自分への攻撃が凄いんだろうな~と・・・今から嫌になってます。
と言うか・・・介護や労働人口が減る近未来で、果たして学費を自分で稼いで払う訳でない大学進学者が良しとされる時代のままか否かは非常に不明、且つ、物が更に売れないとなると大・中・小・零細企業生産数も見直しが必要化され、基本収入が現状維持若しくは減収という可能性もあるかもしれないし・・・マジ、自然災害が増えてくであろう近未来では、どの業界のどの会社が生残るかは不明で、どんな性格者又は人材が社会や万民に受け入れられるかは不明ですよね・・・。
そんなこんなで何時までも逃避したり、好きな事又は楽しい事だけ追い続けても、現実は変わらず仕方ないな~的な、リアル思考が目を覚ましてきた次第です。

こどもの夏の課題
今日、終業式でその後直ぐに一泊外出なのですが・・・半端ないぜ、中学年からの夏の宿題項目!
低学年より増えるとは噂で耳にしたが、昨年まで応募作品は全項目から二点あればOKだったのが、今年は読書感想文・図画工作・習字硬筆の三部門に分かれ、各要1点以上提出になった・・・。で、その他に自由研究、植物観察日記(持ち帰って翌日に花が咲き既に枯れ始めてる)と思い出絵他があり、高学年でないので親が管理して期日迄にやらせていかないと終わらねぇよ!って感じで・・・やはり苦手・・・部活動に積極的でない、「時間は大量にあるので」と言う教育ママ的思考の大量な夏の宿題出す現地域教育現場は。
一人で管理出来る中学生でなんだからさ・・・保護者全員が帰省とかしないで済む地元民族でないし、もう少し親事情も考慮した学年に見合った宿題量にしてくれよ。家事の他に下や上の子育児、祖父母介護、実家帰省抱える保護者の方が疲れるっつーの。

結果的に子供が犠牲政策止めて
お子様がいらっしゃらない安倍さんが、2018年度のキッズウィークに意欲示してる様ですが、それって週休二日制ゆとり導入した結果、学力不足や消化項目授業内容未消化等の問題が出て、結果的に教育現場で子供達が振り回されてたのと同じで、政権交替したら廃止になる様な、如何にも子供が国のお偉方に振り回されそうな、一般社会人の親や企業からしても迷惑な制度作らなくていいと・・・個人的には思う。何で自民党って、組合組織がしっかりしてて自分達の業務優先の大企業向政策しか頭にないのかな?と・・・素直に疑問符。国民が国に振り回されるのと同じ様に、会社は大企業の業務を中心に回ってるから、その下の企業が振り回されてる事に気付いて欲しいですね。
子育ての遊びたがり親世代に媚売るような子供政策ばかり考えてる政治家さんは、いい加減票集め政策より身近な未来の自分の老後を想定し、目を覚ましたらいいと思うんだけどね。
正直、今ですら今にも倒れそうな高齢者が後期高齢者を介護してる時代です。それも自分達世代からが折返しで世代出産人口が減ってる為に、安倍さん達が高齢者から後期高齢者にかかる頃には、企業も去る事ながら介護人手不足という事態もあるかもしれないんですよ。でそこで注目されたのがロボット事業。今現在、家庭向け介護ロボットを優先な感じで開発してますが、それを導入するにも製作費はタダでない以上お金が必要です。果たして介護が必要阿医者係の介護家庭にそんな余剰金があるのかは不明。まさにこれからの時代、「長く生きるとお金がかかり、子供達からも煙がれる存在・早く死んだ者勝ち」的な思考も出てくるんです。
今現在、全国各地にある老人介護施設が幾つあるか、又、それを利用してる方、利用希望者がどれ程なのか、その希望人数に見合う介護する側の社員は足りてるのか、施設は充実してるのかとか・・・きっと全てを把握してる人っていないと思う。
自分の前後世代が子供出生人口が多かった世代故、当然、その世代が老いた頃には高齢者が後期高齢者をでなく、後期高齢者が後期高齢者の面倒を見る時代が来て、それが通り過ぎると人口数が激減してる為、今の若い世代が結婚して子供を多く生んでいかない限り、学校も去る事ながら、今、各地で店舗広げてる大型SC施設、分譲マンションや住宅、介護施設等々・・・当然、色んな施設や建物が不要になる可能性も零ではないです。
人口多い関東に居ると人口が減ってる事に気付かないし考えも想像もしない事態でしょうが、自分の親介護を知ると他人の世話は金つまれても無理と感じてしまう為、子供向の政策ばかりを真剣に考えてないで、政治家さん達も先ず身近な自分の老後未来から考えた方が良い気もなきにしも非ず・・・。

今日は20代前半居住地区訪問
結婚転居含め、四回東海圏内で引っ越したのだが・・・一番、性に合ってた地区が長久手で、この頃は自分的にも方角が良かったのか、お坊さんに言われた霊の通り道の4Fの部屋で、窓開けて仕事休日に昼寝が最高に至福の時で、仕事もプライベートも何やっても波に乗り捲りで、自分を好きになれる様に変えてくれた相手と巡り合いもしましたしね・・・自分的にはとても縁起の良い場所でした。
で、一年前か?数か月前か?覚えてないが大型AEONモールが出来まして、漸くこの度散策しに行った訳ですが・・・AEONはまぁ何処も同じなのですが、そこに着くまでの風景が自分が住所置いてた付近からが凄い発展してて、山と広大な空き地だった場所にマンションやら店舗やら住居やらが建ち、上空にはリニモが走ってると言う、栄や駅前と一味違う近代的な風景に一転してて驚きですね。
という事で、何等珍しくない新店舗写真添付だけしときます。

17長久手-1 17長久手2 17長久手3 17長久手4 17長久手5

'17夏ドラマ【愛してたって秘密はある】
DBZ改とDBGTアニメ放送見捲るこの夏、唯一録画して観始めた福士蒼汰君主演の夏ドラマですが、何これ!興味深いお話しじゃんかって感じで、一話からサイト漫画原稿の指が止まるくらいに没頭してしまった。
まぁ、観ようとしたきっかけは福士君主演と言う事だったのだが、その後、各局今夏ドラマ内容を調べてみて、これが一番興味そそられた為に録画鑑賞にまで辿りついた。でも、観て良かった!最初に「おっ!鈴木保奈美が出てんじゃん!」と嬉しくなった。
いや~この人昔と変わんないよな~。今年齢の織田裕二と「その後の東京ラブストーリー」とかやっても、熟年元CPでイケんじゃない?って感じの若さと落着きと綺麗さがそのままでございます。
鈴木保奈美と言ったら、諸事情で縁切った元友人の妹がクリソツで、当時は「保奈美に似てんね」が男性からの誘われ文句だった事を、その姉(元友人)には内緒でお茶した過去聞いたのを思い出した。妹は顔が鈴木保奈美似、姉は電話での声が松田聖子似で・・・当時は男性受けが良かったんじゃないか?
で、保奈美ちゃん以外でも嬉しいのが、DBドッカンバトルCMでも御存知の遠藤憲一さんが出演されてる事。これがまたお堅い職業の渋い父親役なんだよな~。そしてもう一人、脇役なのだが結構色んなドラマに顔出ししてる鈴木浩介さん!もう、何て言うのかな・・・第一話ではこの方の演じる役の雰囲気が、このドラマの超シリアス設定を緩和してくれてる様な錯角さえ起こしたぞ!
で、本日、お勉強になった遠藤氏演じる立花弘晃のお言葉「天網恢恢疎にして漏らさず」です(解説 -《「老子」73章》天の張る 網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行 えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるという意味)。この言葉もだが、恋人同士の会話とか・・・ところどころDBベジブルに使用出来そうな台詞や場面もありまして・・・主人公が罪人であるが故に、この場面はかつての破壊王子ならどうなるかなとか・・・一人萌え思考にも走りそうなのを堪えておりました。

7/16地上波放送【カーズ2】
カーズは子供が入園前にレンタルで観せた時は凄く楽しんでたのですが、今だとTVで点けてても余り興味が無いのか、観たり観なかったりですね。でもトミカ(入園前にハマってた玩具で色々買わされ今も残してある)から発売されてるカーズ1ミニカーは、何台か買わされウチにある。まぁカーズ映画に男児がハマるのって、自分の好き嫌い番組がよく分別出来ない頃、親から与えられたトミカで遊んでるうちだけでしたね。後、親しい子が好きだと教えてくれる、また、一般的に超流行ったディズニー映画だけで、アナ雪は息子が観たいと言ったのでレンタルしたし、ラプンツェルも私が録画したのを一応観てた。でも、結局特撮や刑事ドラマに戻る。女児は幾つになってもディズニー映画好きな子は多いですよね・・・。
カーズ1の映画館上映は何やら「ゲド戦記」と重なり、客入数が今一だったらしいのですが、カーズ2よりカーズ1の方が私個人的には好きな内容ですね。で、今、カーズ3が映画館上映されてるそうですが、我が家ではこの夏、わざわざ子供映画は観には行かない。何故ならこの夏は来週から毎週一回ずつの子連れ外出を約束しており、主人が同伴嫌がる為に平日行けの指示受けた。アミューズメントパーク二施設、展示会に二回、花火一回と・・・どれもこれも平日でも夏休み故に人混みが凄い為、マジ行く前から疲れてます。だから映画館まで子供と一緒したくない!だって自分が見たいの映画って・・・我が抑えれなくなってからは、R12やR15のばかりなんだもん。そんな作品を好む自分が、子供向映画を観たいわけないじゃん。だが、冬にもし妖怪ウオッチ新作上映されるなら・・・アニメ映画は旦那が連れてかない為、自分が付合う羽目になるんだけどね。
で、今我が子が興味ある映画が【ポケモン】と【関ケ原】。ポケモンは連れてく気ないが、【関ケ原】は自分も観たい為同伴させるか否か悩み中ですね。で、我が子が作って欲しい映画は【ドラゴンボール超の映画外伝】らしいのだが・・・確かにDBファンも観たいだろうが制作側事情と、DBファンの好きなシリーズ等も皆異なってる為に、映画館に客が入るか不明だから難しいかもね~。

'16日本映画【僕だけがいない街】
原作漫画が凄く良いと噂を聞き、漫画を借りて読もうと思ってて機会がないまま時が過ぎ・・・先日、映画版の方が地上波放送されたので観ました。まぁ、若干立読みした部分もある為、成程、こんな内容だったのかと納得したのも束の間、何やら漫画やアニメとは違う映画オリジナルのLASTだったらしいですね。
漫画を読んでないので何とも言えませんが、恐らく自分的には・・・この手のサスペンス展開話なら、HappyEndよりも(どうHappyEndに持って行ったのかは興味はある)、希望持たせたBadEnd映画ラストの方が好みじゃないかな~と思いますね。
同作のアニメは兎も角、Netflixで映像化されたドラマは観たかったかも。主人公の悟役が、『イタKiss』入江役だった古川雄輝君が演じてたらしいから興味津々。レンタルは・・・ないよな~まだ・・・。最近ようやく【LAST COP】の第一シリーズが準新作で出てるくらいの地域だしね~。古川君の名前みたら『イタKiss』をseason1~season2と連続で観たくなったかも。山田君も金ちゃん役で出演してるしね!
と、話は【僕だけがいない街】に戻しまして、虐待とか友情と言う観点からみると素晴らしいお話しなのですが、サスペンス作品という観点から観ると、結構その手の番組見捲ってる人間からしたら犯人が誰かというのが早々に解っちゃう内容の為、少し残念だった感はありますね。自分がこの原作を映像化するなら、少女に対する犯人の犯罪Sceneを織り込んで、犯人の表と裏の二面性を明確にするよなと思いましたが、それはそれ・・・原作が漫画故に、映像描写でも作者様の意向を損なわない程度で作りますよね。いや、もしかしたら漫画の方では犯人の残虐性は描かれてるのかも・・・そう思うと、やっぱ原作借りて一度読んだ方がいいのかもしれないなぁ~と、原作知る方は兎も角、知らない人間からしたらこの映画は、後味良いのか悪いのか解らない作品でした。
Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.