こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

3DSが壊れた・・・
昨日、お友達が自転車でぶつかって来た衝撃で、籠の中の手提げ袋からDS本体がドブにダイビングしたらしい。
初めて訪ねた友達宅からの帰宅が遅いから途中迄迎えに行ったら・・・泣いてんだもんな~泣きたいのこっちだっつーの!
そのゲーム機本体は母である私の持ち物を、お前に貸してただけだろうが!と、ぶつかってきて謝りもせず、その結果人の物が壊れた罪の意識がない相手の子(訪問先とは別の子)と、ただただ泣いてるだけの我が子に、沸々と怒りが込み上げつつもグッと我慢し、家で一応分解し濡れてる部分を拭いて乾かしてみたが・・・やはり駄目でしたね。
何でも、落した後に電源を入れたらしく、基盤工場で働いてたママさん曰く、拾った際に電源入れず即帰宅し、完全に塗れた部分拭いて、数日かけて乾かせば動く場合もあるとの事で・・・一度電源入れたばかりに、機内ショートを起こし他部品も駄目になった様ですね。まぁ、防水性の電化製品でない以上、術中八苦水に落としたら使えないですわな~。
という事で本人了承の上で、新しいのを子供のなけなしのお金で購入(親の金をあてにしてたらしいが、世の中そんなに甘くない)。流石に今回の一件は主人も静かに怒り、注意をしてましたね。まぁ、本来ならぶつかってきた子の親に弁償して貰うのが筋なんですけどと主人と言い合いつつも・・・自分のお金の事しか考えない若い世代故、そんなモラル(せめて謝罪にくるとかね)を持ち合わせてないんだろうなぁと思い(過去の例もある為)、保護者に会っても今迄以上に冷たい対応しか出来ないかもしれない。
まぁ、ハッスルしすぎる特撮ごっこと同じで、痛い体験しないと一生解らないままの事もありますから、今回の事はいい勉強になっただろうと思いますね。にしても・・・何れ第二次反抗期とかもあるこれからは、友達は、これからキチンと性格を見て選んで欲しいと思いますね。
スポンサーサイト

何時まで続く・・・親の洗濯帰宅
もうぼやかずに居られない程、毎週の実家往復に嫌気がさしている。
もう何度緊急搬送で入退院を繰り返し、今度こそ駄目かと思わせときながら、何度復活してんだよウチの父は!って感じで・・・年明け早々入院し激ヤセしてたのが嘘の様に、今時点では顔色もよく元気なんですよ・・・これが。その分母が調子悪そうで、母は体調悪くても家族に言わなければ(言わないばかりに病気が悪化して昔から手術を何度もしてる)、リハビリ通う身で自宅食事等で改善して欲しい事を同居家族に自己申告しないタイプ故、それはそれで嫁に出た娘の立場からしたら困り者。
何で私が同居してる家族間の伝書鳩みたいに連絡メ-ルをしなきゃならんの?って感じで・・・実家帰宅しても気疲れの日々。
父に対してはそれだけ元気なら、自分のお漏らしシーツ洗うくらいしろよ!って文句言いたくなるのが本音だが、ベッドメーキング等の屈んでの作業には、足の安定性に不安がある様で無理らしい(やりたくないだけなのかも)。
そんなこんなで・・・私が帰宅出来ない週は、母が父が漏らして放置してる衣類等を洗濯機で洗い、干すのは父にやらせたりしてる時もあるらしいんだけど・・・毎回ではないんだよね。
日に日に親の手に負えなくなる我が子に、それは不謹慎と注意される事もある某言ってはいけない言葉が出てしまう程、育ち盛り育児と同時の後期高齢介護認定受けてる親一部面倒と言うのは本当に面倒。同居してるなら諦めもつくんだけどさ・・・
独身で両親の面倒みてる姉も大変だとは思うが、定期的に気晴らし旅出来るだけでも恵まれてるだろうが・・・とネチネチと嫌味言いたくなるこの頃(と言うか、あの年齢で自分の娯楽を控え、老後暮らす家のリフォームを考えない思考がよく解らん)。

犯罪症候群season1完結
いや~このドラマ、思いの外ハマり毎週楽しませてもらいました。
渡部篤郎さんが何て渋い役をやってるんだ~!って感じで毎週ドキドキ物。この方が体操のお兄さん佐藤弘道さんと同級生だった事に驚き笑えた。それはつまり、福山雅治さんと学年は一緒という事であり、何よりも彼等が自分世代と言う事に一番驚いた。何なの?この方たちと自分や自分の同級生達が置かれてる今の立場の差はって感じで・・・夢捨てず夢追いかけ実現に努力した人達の成功って凄いな~と今更ながらに感心。そして、自分の同級生にも渡部さん達みたいな男が居たら、同級会にも無理して顔出したのに(同級会顔出しても、お堅い職に就いた又はツマラン役職連中ばかり)って感じを抱きつつ・・・渋い男満載なドラマを毎週応援しながらが毎週観てました。好青年的な役柄が多い谷原さんも、season2では意外な裏を持つ役柄に変化する様で・・・天地人の上杉景虎役だった玉山鉄二さんのseason1でおける父親演技も良かった!
兎に角、犯罪の犠牲者達が心の奥に抱え生活してく中での、闇(消えない復讐心)と言う物と上手に表現されており、お話し自体が凄く好みだからseason2がWOWOWで観れない不満から、滅多に購入しない推理小説(原作)を購入しちゃうと思う。

先日、久々アウトレットへ・・・
約束場所がアウトレットモール故(相手がベーグル購入希望の為)、久々実家から30分かからない土岐迄雨降り走行したら疲れた。何なんだろうこの疲労感って感じで、三年前には平気だった行動を同じ様に行うと結構身体に堪える。これは・・・見掛けはそんなに変わらなくても確実に身体年齢が老いてる証拠なのか、軽快に行動出来るベスト体重が子供食べ残し処理により遙かにオーバーした為かは不明だが、自分で辛いと感じてる為に何とかしないとって段階の気がする。
兎に角、これ以上の体重オーバーは危険な為、最近は近所買物等は徒歩利用、夕食も主人と子供用のみ作って子供の残りを食べる様にしてる。で来月からは月一・二回は市街地に出て気晴らしウィンドゥショッピング&映画を楽しみ、OL時代のクセで姿勢正せれるヒールあるパンプスやサンダルで歩こうと決めました。余談でアウトレットモールでは太る甘物を避けようと思いつつ、お茶するのにタリーズ珈琲でなく、初めて入るモスカフェでオレンジクリームデコカップケーキを食べたのだが・・・このデコケーキが思ってたよりしっとりしてた。もっとパサパサかなと思ってたから意外でしたね。
今回買物目的で訪れた訳ではないので、次回こちらを訪れる時は夏用の自分飲料フルーツ酢ジュースを買いに来ようと思いました。

そして先程、今週の見逃し放送【三人のパパ】を見た!老舗料亭主人の前妻が三人の大家たこ焼屋の美奈子さんで、後妻に跡取りが出来ずに息子を取られたと言う設定だったのだが、その息子は捨てたと勘違いで本当の母親に真相聞きに訪れた・・・という感じの内容で、今回はマジお涙頂戴的な感動回で、PCにイヤホン接続し見てた自分もマジ泣き。でもPCデスクあるリビングでは、子供と主人がTVで吉本見て爆笑中という土曜のお昼時間でした。で、三人のパパの今回ゲスト出演者が仮面ライダー電王の映画で出てた桜田通君(未来の電王役)!綺麗な京都弁を披露しておりました。

我が子が自転車克服
子供が自転車練習開始し、実質練習日が7日(一週間)もなく乗れる様になりました。自分の時より早い練習期間で我が子が乗れる様になったので驚いておりますが、運動神経は運動部系の主人の遺伝子の方が強く悪くないのかもしれない・・・。
5/14、アパート内男二児の旦那様に教え方のコツを私が教えて貰い、翌日から夕刻練習してたけど、二日目位で手を放しても大丈夫的な手応えがあり、三日目には手放し数メートルこげる様になった為「後は身体に教え込む様に転びながら自力で頑張れ!」と突き放したら、即、乗れる様になりましたね。ただ、乗り方のコツがつかめずにいて、私が跨いでの子供乗りでなく片足大人乗りで子供時代に練習してる為、子供が希望する乗り方は教える事が出来ず・・・練習を数日中止し、週末に主人とバトンタッチで乗り方教えてと頼んだら、10分も経たんと「もうマスターしてるよ」と言われました。
で、本日、お友達宅に早速自転車で遊びにいっておりますが、御約束通り「男の子月の5月中」に自転車克服出来た為、お友達宅から帰宅後は小遣いを渡さないとな~と準備しました(小三でも毎月小遣い渡してない為、今回の頑張ったご褒美は千円)。
今回の事で解った事は、何処の御宅も母親が教えるより父親が教えた方が早く乗れてるそうなので、乗物の乗り方やスポーツ関係を教えるのは男性に限るという事ですね。ただ単に自分とママ友が運動音痴で教える事が苦手なだけかも・・・。

金曜ロードショー【美女と野獣】
【美女と野獣】は今上映中のディズニー映画をと思いつつ時間が取れないでいたら、先週、フランスの【美女と野獣】をTVで初j放送してた為に録画して漸く観ました。
いやぁ~感想としては・・・凄い人間の欲深さが表現されてて動物や人殺し場面もある為に、こちら作品の方はディズニー好きな幼稚園児や低学年向映画ではないと思いましたね。自分も「えっ?こんな話?」って感じで観てましたが、ディズニー映画とは若干ストーリーも違うのかもしれないなぁ~と思い直し、観てる最中、この話を余り良く知らない自分が【美女と野獣】と【オペラ座の怪人】を混同してた事に初めて気付いたと言う・・・相も変わらずのお間抜けぶり。野獣が昔何所ぞの王子と言う点は【オペラ座の怪人】の怪人と変わらない気がするのだが、昔、王子が恋に落ちた相手が森の妖精で、愛を知る為に人間に変異出来る術を授かったと言うエピは【オペラ座の怪人】にはなく、森の神様(妖精の父)も出てこなかった。別作品と気付いたのは、美女の助け役の恋人の男が一向に出てこなかった為、「アレ?」と思いつつ記憶を辿っていったら、作品を間違えてた結果にぶち当たりました。
でこの【美女と野獣】、感動作かと言われると・・・自分は左程、今回鑑賞した作品に関してはそこまで感動出来なかったです。この映画の展開自体が、母親が子供に読み聞かせてるお話しの流れでドラマ展開にしてあり、本を読み終え子供達を寝かせた後のラストシーンで、その本の著者や出版者達が明確となり、美女と野獣のその後と言うのも明確にされてるんですけど・・・結局は、森の神の呪いが解け、時を超えた男女のありきたりなラブストーリだなと思っただけです。
今上映中のディズニー実写映画だと、また一味も二味も違うのかもしれませんが、2017GW映画は【美女と野獣】より【無限の住人】と【THE LAST COP】を自分は選び、残り上映期間中も【ちょっと今から仕事やめてくる】を選ぶ為、ディズニーの【美女と野獣】鑑賞はレンタル待ちとなりそうです。
そして今回鑑賞映画より、次回6/2放送の【ベストキッド】の方が面白そうと思った事は事実ですね。

キッズウィークの個人意見
まぁ、週末は家族達と旅行等の行楽や旅行で過ごせれた(親がバブル時代の人間で貯えに余裕あったんでしょうね)ゆとり世代の人間から見たら、今の家族持ちも遊ぶ時間があった方がよいと思いこの制度に賛成する独身者が多いのかもしれませんが、正直、そうでない世代の子供育てしてる親からしたら今回のキッズウィークは大迷惑で、流石、バブル時代労働者の子供居ない首相が推薦される制度だな~と思いましたね。
何故嫌かと言うと、先ず収入が全く上がってなく物価が上がる一方で、そんな連休作っても家族で何処か行くお金なんか捻出できる家庭は、賞与昇給が確定出来る労組のある大企業か、役職収入のある人間で子供が少人数家庭のみ。
次に教育への弊害。学校週休二日になり国が定める教科別授業数消化が出来ず、ある教科については他教科への振替授業が今だ続く恐育現場で、来年度からは英語が本格的に小学校導入となると更なる授業時間不足と言う現象が起き、自宅学習又は塾等の学校外授業が重視され更なる費用がかかります。この教育問題については、働くママさんの職種や企業休日にもよりますが、何かと早退遅刻欠勤が必要にな現場故、週休二日でなく週休一日に戻して欲しい意見も実際はあるんです。
言いたくないけど、今の教育制度については自分達が子供時代に遊べれなく、大人になっても遊びたい親世代(バブル作った世代)が作ったゆとり制度故、世代違う親からは未だ賛否両論意見が堪えません。又、その弊害で塾が必要不可欠と考える親も増え、開塾され始めた自分達世代より明らかに余計な数万単位の家庭教育費も必要となり、それを良しと思わない人間も居て、ゆとり導入を必ずしも全国民が喜んでる訳でないんです。
同じ様に今回のキッズウィークも、家計費預かり一月ヤリクリ考える自分的には必要だとは思わず、正直に迷惑自体何物でもない。企業有休消化については、経営者最高者がそれを推進すれば雇用者は消化すると思いますが、企業によっては消化出来ない労働環境や状況と言うのもあります。又、この新制度については現代の子供の中にも反対意見はあります。と言えど・・・このキッズウィークには大賛成の親世代の方が多いんでしょうね。でも、恐らく政府が期待する程の経済効果はないと考えます。
又、個人的に考えるならば、後期高齢化少子化社会故にそう言う何処かに行き、誰かと出会える連休が必要なのは家族持ちでなく、結婚して子供産んでもらわないといけない、出会いの少ない又は結婚するのに何かと理由付けし身を固めようとしない独身世代(大半がゆとりと思うが)ではないのか?と思う次第です。
この文章を読んで腹立つ方も居ると思いますが、そのゆとり世代の親世代と長年間近に勤務し、ゆとり世代の親世代思考を知る人間故に、そう思い考える個人的反対意見でした。

暑い日は冷菓作り
スナックやチョコ菓子、リンゴやオレンジを続けてばかりもな~と思い、冬なら芋饅作れば良かったのだが、これからの季節は中身のフルーツ缶変えながら、定期的にゼリーでも作っておけば子供のおやつになるか・・・と思い、購入したのがゼラチンでなく寒天配合のアガーと言うゼラチン粉。こちらの粉、寒天配合されてるだけあり出来上がり品を口の中に居れると、即溶けるゼリーと違い若干の歯ごたえがあります。
ウチではゼリーやプリン等は、モロゾフやパステル等のガラスプリン容器再利用で缶詰フルーツ等を入れて作りますが、凝ったデザートが好きな方はババロアやカステラを挟むなり、生クリームを絞りその上からチョコやフルーツソースまたはチョコスプレー等生フルーツ等でデコレーションして見栄えよくする事も出来ます。
自分時代と違い名古屋現代っ子はケーキ好きが少数派らしく、現在在住地区も甘菓子好きっ子が少ない故(虫歯懸念からかな?)、こんなデザートオヤツ話はBlogで吐き出すしかありませんわ(^^;

暑い日の手作りオヤツ

中古フェアで小説購入
週末に子供が主人にコロコロコミック購入して貰う際、立ち寄った本屋で図書館で借りるには余りにも本がボロボロで借りにくかった「魂萌え(著:桐野夏生)」と「殺人の門(著:東野圭吾)」の二冊購入したら中古本割引期間中で値札価格より更にお安くハードカバーが二冊手に入った❤
「魂萌え」はよくサイト訪問してるリニューアル前の某方のBlogで知り、定年退職後の夫に先立たれた妻のお話故にずっと読んでみたかった作品。もう一冊の「殺人の門」も某方が紹介されてたかは覚えてないけど、こちらは誰かを憎む余り殺意を抱く的な内容みたいだったので、似た感情を持った時期もあるブラック時代の自分を思い出しながら読んでみよう!と思い購入しました。
本当は二冊の上に載ってるチラシ本(東野圭吾短編集)が欲しかったのだが、書店に並んでるに気付いたのが中古本購入後だった為、又、後日読みたい中古本購入(五条瑛著:R/EVOLUTIONシリーズ)する際にでも新書を買おうと思い店を後にしました。
果たして、読書ペース遅く読書時間も余り取れない自分が、購入したこの二冊読み終えるのが何時なのか甚だ疑問だが、図書館から借りてきて貸出期間内に全部読めずに中途返却(ここ数週間そうだった)という無駄がない分気が楽。
手にした小説

一年振りの店で久々外食
自分は和食が良かったのだが、子供の希望で一年前に利用したステーキハウスを利用。メニュー自体は別に珍しくもないのだが、こちらサイドメニューバイキングにカレーライスやパンがあるにも関わらず、メイン料理にもライスがついてくると言う。子供なんかはバイキングコーナーにあるデザートを三往復程して食べまくってました。
で、メイン料理の量ですが・・・若い世代だと難無く簡単に食べれる量なのだろうが、私年齢にはキツイボリューム故にライス無価格設定も作って欲しかったかも。それでも主人は、自分の注文分を完食した上で、子供の肉も若干食べ、締めにフルーツ等のデザートでなく、バイキングにあったカレーライスを食べるという強者で・・・凄い胃袋で信じれんと思ったのだが、男だとこれ位の量普通と言われたよ。でも、流石に店出た後には「肉はもういい」発言が遂に出ましたね。故に、夜は刺身と冷ややっこと言うヘルシーメニューで済ませました。
旦那 久しぶりの外食:旦那 自分 久しぶりの外食:自分 
久しぶりの外食 子供 久しぶりの外食:子供
Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.