こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

犯罪症候群season1完結
いや~このドラマ、思いの外ハマり毎週楽しませてもらいました。
渡部篤郎さんが何て渋い役をやってるんだ~!って感じで毎週ドキドキ物。この方が体操のお兄さん佐藤弘道さんと同級生だった事に驚き笑えた。それはつまり、福山雅治さんと学年は一緒という事であり、何よりも彼等が自分世代と言う事に一番驚いた。何なの?この方たちと自分や自分の同級生達が置かれてる今の立場の差はって感じで・・・夢捨てず夢追いかけ実現に努力した人達の成功って凄いな~と今更ながらに感心。そして、自分の同級生にも渡部さん達みたいな男が居たら、同級会にも無理して顔出したのに(同級会顔出しても、お堅い職に就いた又はツマラン役職連中ばかり)って感じを抱きつつ・・・渋い男満載なドラマを毎週応援しながらが毎週観てました。好青年的な役柄が多い谷原さんも、season2では意外な裏を持つ役柄に変化する様で・・・天地人の上杉景虎役だった玉山鉄二さんのseason1でおける父親演技も良かった!
兎に角、犯罪の犠牲者達が心の奥に抱え生活してく中での、闇(消えない復讐心)と言う物と上手に表現されており、お話し自体が凄く好みだからseason2がWOWOWで観れない不満から、滅多に購入しない推理小説(原作)を購入しちゃうと思う。
スポンサーサイト

金曜ロードショー【美女と野獣】
【美女と野獣】は今上映中のディズニー映画をと思いつつ時間が取れないでいたら、先週、フランスの【美女と野獣】をTVで初j放送してた為に録画して漸く観ました。
いやぁ~感想としては・・・凄い人間の欲深さが表現されてて動物や人殺し場面もある為に、こちら作品の方はディズニー好きな幼稚園児や低学年向映画ではないと思いましたね。自分も「えっ?こんな話?」って感じで観てましたが、ディズニー映画とは若干ストーリーも違うのかもしれないなぁ~と思い直し、観てる最中、この話を余り良く知らない自分が【美女と野獣】と【オペラ座の怪人】を混同してた事に初めて気付いたと言う・・・相も変わらずのお間抜けぶり。野獣が昔何所ぞの王子と言う点は【オペラ座の怪人】の怪人と変わらない気がするのだが、昔、王子が恋に落ちた相手が森の妖精で、愛を知る為に人間に変異出来る術を授かったと言うエピは【オペラ座の怪人】にはなく、森の神様(妖精の父)も出てこなかった。別作品と気付いたのは、美女の助け役の恋人の男が一向に出てこなかった為、「アレ?」と思いつつ記憶を辿っていったら、作品を間違えてた結果にぶち当たりました。
でこの【美女と野獣】、感動作かと言われると・・・自分は左程、今回鑑賞した作品に関してはそこまで感動出来なかったです。この映画の展開自体が、母親が子供に読み聞かせてるお話しの流れでドラマ展開にしてあり、本を読み終え子供達を寝かせた後のラストシーンで、その本の著者や出版者達が明確となり、美女と野獣のその後と言うのも明確にされてるんですけど・・・結局は、森の神の呪いが解け、時を超えた男女のありきたりなラブストーリだなと思っただけです。
今上映中のディズニー実写映画だと、また一味も二味も違うのかもしれませんが、2017GW映画は【美女と野獣】より【無限の住人】と【THE LAST COP】を自分は選び、残り上映期間中も【ちょっと今から仕事やめてくる】を選ぶ為、ディズニーの【美女と野獣】鑑賞はレンタル待ちとなりそうです。
そして今回鑑賞映画より、次回6/2放送の【ベストキッド】の方が面白そうと思った事は事実ですね。

GW映画【THE LAST COP 】漸く観て来た♪
朝、早々に掃除洗濯布団干しを終え、9:30上映のを観てまいりましたが、もう笑いあり、熱さあり、感動あり、涙あ、りアクションありの、ありあり尽くしで凄く楽しませて貰っちゃいました。
丁度、連休明疲労からか思考がマイナス方向に向かってた為、始まった途端に笑いそうになって、頭スッキリ出来て楽しかったのだが、映画観ながら大声で笑いたいのを堪えてた場面も屡々。
相変わらずの京極の滅茶ぶり(今回の映画はTVドラマよりマシだったけど)と凄いアクションに、あれはスーツアクター経験ある唐沢さんにしか出来ない役だと再認識。映画のテーマはアナログ刑事VSハイテク技術って感じで、人工知能を使って何やら事件が起きると言うあらすじですが、その人工知能を試しに搭載したミニロボットが、フナッシーの小型版ブナッシー。声は出川哲郎氏だけど、キャラは滅茶苦茶いい味出しており事件解決にも一役買います。人工知能を狙う藤崎役で吉沢亮君が出演してた~!こちらの映画は仮面ライダーメテオとドライブの共演で、子供が一緒に来てたら喜んだかも。でもドライブ役だった竹内涼真君は相変わらずキモエリート全開で・・・あのスーツのパンツは結婚式には不似合いだぞ。
話の基盤は凄くシリアスだけど、その内容の濃さが解るのは中盤過ぎで、終盤からラスト迄は涙そそる最もな展開の後に、意外な事実がというドラマ展開でした。
で何やらEDの後の映像が毎週毎週切り替わってるそうで・・・それは公式情報先で観れる様でした。

兎に角、鬱になりかけた時にこの映画見て、良い気分展開になりました。でも・・・これから家庭訪問で子供担任訪問の為、お話し次第でどうなるやらと・・・ブルーになり始めてます。
Copyright © My Diarys. all rights reserved.