こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

映画【マディソン郡の橋】
今更ながらに御初鑑賞映画です。いや~えっ?これって熟練不倫恋愛物だったっけ?が、観てる最中の感想でした。
まぁ、平凡な日々が続くと刺激を求めたがるありがち女性願望が表れてる映画で、1992年ベストセラー小説になった事を考えると、こんな恋愛に焦がれる淑女紳士は多いのかな?と思っちゃいましたね。
自分的にはこの手の純愛不倫恋愛は・・・何と言うか・・・超理解しやすい話だが、理解出来る故に観ない方が良かったかなと。

遺産相続等の件で兄と妹が母親宅に戻り、色々な母親の過去が明確になるのだが・・・その段階で、不倫してた亡き母親の事を兄と妹が会話する場面の台詞には成程、そういう表現法があるのかと感心。兄が近所で不倫してた夫が妻と離婚し不倫相手と再婚した噂の場面では、その元妻が不干渉(=セックス嫌い)と表現されたり、家庭内の一人息子は一国の王子みたいに母親が自分の人生を犠牲にして生きてるのが当然と感じると表現されたり。マジ、妻や母親の存在って夫や息子にとって、一個人としての存在を尊重されてる物なの?と、今の自分の専業主婦としての立場を考えさせられた。自分には熱で浮かれたままの恋愛劇は、若い頃みたくする気もなければ、二度と出来ないだろうと思う。ただでさえ一生に一度の愛だの何だのの台詞が出た時に、マジクサすぎと一瞬感じた為、既にこの手の老いてからの恋愛感情や、恋愛したいと思う願望労力すら私にはなく、心が乾ききってるな~と言う点でも落込まずにいられないわ~(T T) 
で、結局このお母さん(フランチェスカ)は不倫相手との愛の逃避行を選ばず、夫と子供達という家族を選択し相手のロバートもそれを承諾したと言う。第三者からすると一寸した刺激を求め短期間のアバンチュールを望んだ主婦に、不倫相手が遊ばれた感が無きにしも非ずで、一番気の毒な立場だったのでは?と、意地わるく若干思ったりもするのだが、広い世界には老いても尚、純粋な思いを抱く方も多数居て、こんな劇的な恋愛出来る方々も未だ存在するんでしょうね。

だが正直・・・映画内容を別映画(生き別れの父と息子か何かの親子愛ドラマ)と勘違いしてました。間違って観ときながらなんなのだが、この手の不倫純愛物は・・・マジ人生冷めきってしまって修復不可能な精神持ち合わせてる自分としては・・・ご勘弁でした。
スポンサーサイト

【そして誰もいなくなった】
先週末に放送された二夜連続ドラマ、故渡瀬恒彦氏最後の出演作品となった、アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』日本版を録画してて漸く昨夜からぶっ続け鑑賞しました。この作品は欧米ミステリー代表作でもある故に、ミステリー小説に疎い自分も知る内容且つ解り易いのですが・・・日本初の映像化は、これまた役者に味のある方ばかり揃えており、思いの外面白く昨今では珍しくPCも開けずに没頭して観ておりました。この手のミステリースペシャルドラマを真剣に見入ってしまうのって・・・今回のドラマでナレーター担当してた、石坂氏演じた金田一耕助シリーズ(古いね~)以来の気がする。
ストーリー等の説明は有名小説故に省きますが、ドラマ観られた方々がコメントを先にされてる通り、今回の作品は渡瀬恒彦氏の『遺作』と言うにふさわしいドラマ展開であり、渡瀬さん演じたキャラと渡瀬さん自身が妙にリンクされてる感じも受け、話の内容とは別の意味でラストシーンは心打たれ、渡瀬恒彦氏のご冥福を心よりお祈りした次第でございます。
原作が原作故でもありますが、レンタルされるならば良い味出す好きな俳優勢ぞろい故にもう一度ぶっ通しで観たいですね。

さて、今夜からの【マディソン郡の橋】が始まりとなり、明日から【レオン】、【クレオパトラ】(これ4時間くらいあるんだよね)、【バンクーバーの朝日】と映画録画が続くので頑張って鑑賞消化しないと!
そして関東より遅れて、中京圏は4/6から【進撃の巨人season2】のアニメが放送開始!そして新ドラマ開始、再び映画録画と続きます。もう4月は超忙しい鑑賞月の為、本借りるのは少しお休みしようと思う。でも黒田シリーズ・・・残り二冊読みたいな~次いでに映画化された二本、購入したと思ったらまだだったらしく、今買う余裕ない為にレンタルしようと思う次第です。

本日二度目の呟き
当家の高校野球観戦本日で終了で~す!明日は「アマルフィ」残り半頁を完読しないと!
いや~ベスト8まで選手皆頑張った、親戚息子殿も頑張りました!
甲子園出場決定した地方紙切り抜きが、叔父から実家に送付されてきて記事読んでた時は、甲子園経験ない世代故に一回戦敗退かと思ったが・・・TV観てたらどびっくり!丁寧なプレイしてんじゃんって感じが素直な感想でしたね。甲子園対戦相手も名が知れた強豪校だった故、全選手良い経験になったのではないのでしょうか?
いや~いいですね~まだ夢ある高校生はさ・・・待っ直ぐに生きてて・・・マジ羨ましっすね!若さって本当に宝よね・・・。

だが、自分が落着いて甲子園を自宅でTV観戦出来たのは本日のみ。後は実家や外出時間と試合が重なり、運転中のラジオや録画で観たりしてました。今日も13時過ぎまでは春休み中の子供希望で東山動物園に行ってましたが、運動不足が祟り現在足が棒状態で痛いです。そろそろ簡易運動開始しないとな~って感じですね。東山動物園は開園間もなくに入園したので、30周年(?)というコアラ館も全然混んでませんでした。と、いう事で動物と園内の桜開花の写真添付しときます。

コアラ コアラ木登り中 プレーリードッグ プレーリードッグ 
桜開花 まだかと思いつつ蕾の下で昼食終え暫くし花開いた桜


春ドラマ他雑談
2017年の春ドラマ、取敢えず小栗旬主演の[CRISIS]と、湊かなえ原作の[リバース]は一話の出来次第で見続けるか決めようと思う。で、最後迄観ようと決めたのは久々のTVドラマでお顔拝見出来る山田裕貴君出演の[3人のパパ]、社会派サスペンスの[犯罪症候群]、[踊る・・・]とは毛色の違う警視庁本庁VS所轄と言う [小さな巨人]の、内二本が23時以後の放送となるドラマですね。
兎に角、4月からはゴールデンタイム時間帯TVが中日戦とプロ野球ニュースに占領される為、どうしても自分の見たいドラマ予約が難しくなるんですよ。だから、今回観たいと決めたドラマは実にタイムリー放送時間でLuckyでした。
それとは別に、来月はCATV放送予定の映画で、邦画も洋画も観たいのが盛りだくさん。先程まで主人録画とダブらない放送曜日と時間帯を調べてメモってました。来月はサイト創作活動はトロトロとなり、番組録画消化で夜中起きる日々が続きそうです。

愈々高校野球も本日の試合からベスト8の対決。叔父の孫が出場してる高校も、何とかベスト8迄勝ち続けてくれました。
身内一同が思った「まさかの勝利」が続き、昨日、現地応援に赴いてる叔父から電話を頂き、勝ち続けてる間はホテル住まいの様で・・・その子の親も父親はずっと仕事ですが、母親の方は甲子園と職場(九州)へ行ったり来たりの応援らしく・・・主婦目線で「御宅はこの春、航空会社と関西の景気に滅茶貢献してるんだね」と、文科系の自分が叔父宅と同じ立場だとしたら、応援に行く事自体を切に嫌がるかもな~(薄情な親だと思うでしょうが自分は家計第一主義)と思いましたね。
何やら、スポーツに専念してる子を持つ親御さんとかは練習の送り迎えだけでなく、保護者当番他等で非常に大変な思いをしてる様で・・・でも、その苦労があって今回甲子園出場を果たしベスト8迄進出したんだから苦労の甲斐があった訳ですよね。
だが、ベスト8のここからは気が抜く事は出来ない、高校野球と言えど甘くない100%以上本気モード勝負となります。
何処のチームメンバーも若い青春を注いだ時間を無駄にしない様、勝敗だけに囚われない悔いなき見応えある試合をして下さいと・・・一TV観戦者は思うだけですね。

まったりしたい時の歌検索と控え
最近、聞いた曲のURL。Liveとちょっとした社会経緯的な物とのリンク映像みたいですが、Live観客の興奮度合みるとマイケルの人気が半端ないのが伝わります。新卒勤務先同期がマイケル熱狂的ファンである母親と一緒に東京までコンサートに行き、凄く良かったと言う話を思い出しましたが・・・洋楽Live経験ない私も、今更ながらにマイケル生前に一度行けば良かったな~と思いますね。と言えど・・・当時は日本でも滅茶人気故、チケットとる事自体が難しかったんですけどね。

Man in the mirror 日本語 高画質 マイケル ジャクソン

次は邦楽で今井美紀の一番好きな歌です。こちらは本当に苦しい恋愛した数年間、「人を呪わば穴二つ」の意味通りの改善なく、「人を呪わば地獄まで」の思考に走りかけた自分に言い聞かせるかの如く、気持ち整理させる期間に一人愛車走らせながら聞き続けてました。

今井美樹 プライド

次はこんな可愛い恋愛をしてた中山美穂リン似の先輩がおりまして・・・数回、彼女の彼氏との待ち時間に付合っておりましたが、自分にはこんな恋愛無理と悟って数年後、素直に耳に入る様になった美穂リンの二曲。今添付するのは時期的に如何なの?的なXmasソングと、何やら可愛いアニメ画像付きのを見つけた、WANDSと一緒に歌ってた昔のドラマ主題歌だったかな?

中山美穂 遠い街のどこかで
懐メロ 中山美穂 世界中の誰よりきっと Animation

三連休外出先とソフトバンクCM
三連休初日は、自宅から徒歩5分もかからない道路が、小牧から一宮方面に繋がる橋が出来、その完成披露イベントに顔出ししたら結構人が居て・・・三連休初日に遊びたがりの子供が多い地区で、市イベントに市住民が多いと言う事が何を意味するか・・・三連休家族旅行出来る家ばかりでない・・・と、大体な方なら解りますよね。
で、私達親子はポップコーン引換プレゼントとゼンザイの無料配布(時間終了間際に行ったら待ち時間無で貰えた)を頂戴してきました。後、ロバのパンを三種購入し昼は子供と屋台の焼きそばを食べました。本当は主人希望で昼くらいは外食に行く予定だったが子供が行きたがらなかった為、イベントに行かず留守番してた主人は自宅でカップ麺食べたそうで、夕飯はキチンとアスパラと人参を入れたミートローフを作りましたが型崩れを起こし、前のと出来が違ってた為アレ?と思いつつ、ピザとサラダと一緒に食卓に出したら、主人と子供には野菜入ハンバーグと言われてしまいました。
橋開通イベント1 橋開通イベント2 橋開通イベント3 IMG_0236.jpg

三連休の中日の日曜は主人休日出勤で自宅でお留守番。最終日は子供が行きたがってた名古屋港水族館へ行きましたが、これが妙で・・・月曜休みの施設でも月曜祝日は営業で翌日火曜を休館日を一応確認した上で出掛けたが、面白半分で途中スマホGoogle検索してみたら本日休館日表示。これは嘘だなと直感が働きましたがマニュアル通りにダイヤル確認すると、これがまた面白く自動音声対応で「3/21の春分の日は営業で翌火曜が休館」と案内が・・・どう考えてもこの自動音声は、祝日曜日変更される以前時代の音声のままだろ?って感じで・・・自分の出身地施設で恐らく上に立つ人間の世代が解る故、もっとキチンと仕事しろよな・・・と情けなく感じたよマジでさ。自分が名古屋勤務してた頃と違い、何かを見落としてても誰もチェックする人も、怒る人も居ないのかなって疑問符で・・・自分時代より甘い感じを受けましたね。
それはそうと、過去にも携帯情報で騙されてる経験ある自分はスマホ情報も信じてなく、検索しなくても自分が20年以上生まれ育ち、市内施設の運営日(子供時代から税金払ってた頃に建った施設含め)は頭の中に入ってて営業は知っていたのだが、「どうしよう○○君・・・今日水族館休みだって」とスマホGoogle検索通りを伝えたら、ショックで声無く泣いてしまった我が子に苦笑。
その後「スマホが間違ってるかもしれないから一度行って確認しよう。やってなければ科学館やら名古屋城やら動物園に変更すればいいよ」となだめたら本人も納得したらしく現地に向かい、現地行ったら人が大勢いて子供は大喜びで「スマホは嘘つきだね」と言ってました。泣いた我が子には意地の悪い母親で申し訳ないと・・・喜ぶ顔みて泣かせた事を心の中で謝罪し、帰りはきっちりマグカップを買わされました(^^;
170320名古屋港水族館3☜イルカショー  170320名古屋港水族館8☜ペンギンさん 170320名古屋港水族館7☜亀遊泳中

子供だけでなく、私自身もOPEN以来の名古屋港水族館で、シャチのリンを御初見出来たしニモ達にも会えたしと・・・色々な事で鬱々状態が続いてた為、三連休最終日は久々に楽しいと思える一日でございました。

下のは2月16日から流れてたソフトバンクのCM、ジャスティンビーバーだっけ?学ラン着た外人Boyの歌が気に入ったので、URLの控えメモでございます。
ソフトバンク CM SUPER STUDENT 「学校」篇B スペシャルver(120秒)
Justin Bieber - What Do You Mean? (Radio 1's Teen Awards 2015)  

映画感想とドラマ感想
【ディズニー映画】「塔の上のラプンツェル」を先日の民放放送で初めて見ました。いや~久々にディズニー映画観ると良い物ですね。忘れてた幼少時の女の子感情思い出させて頂きました。男のくせに割とディズニー映画を観る我が子は、毎回ディズニー映画観ながら同じ照れ隠しを吐きます。今回もまた「どうせパターンでお姫様か王子様が相手のキスで生き返るとか、抱き合いキスでお話し終了なんだよね・・・ほらこれも同じ」とぼやいていたが、眼だけはしっかりと画面を観てたので、そういうシーンに興味ある事自体がまだ恥ずかしい年頃なんでしょうね。そのくせ学校の同学年から女子の穴と役割を教えて貰ったと喜んで報告していたが・・・この報告を受けた際、それを話した子の親って小学二年生に何今から教えてる訳?と思った物ですが、自分より後世代が早熟と言う事を考えると、自分達より上世代が奥手だったんでしょうね。と、余談になりましたが・・・ラプンツェルの様な髪があれば私も欲しいから、あの魔女がやらかした行為を理解出来ない訳でもない。でも誘拐はまずいですよね。髪を切ると効力失うと聞くまでは、あの魔法だけが目的なら誘拐等せず、何かしら理由つけお姫様のお世話役か何かで働く様にした方が良いのではと思ったけどね。結局、元盗賊他仲間達とお姫様がHappyEnd故に、自分が見たディズニー映画とは一味違うLASTだと思いましたね。

【A LIFE~愛しき人~】木村君のドラマ最終話でマジ泣いちゃったよ!あれぞ同じ女を愛した男同士の友情劇ですね。と、言うか前回の福山ドラマ同様、二枚目がフラれ役側なのが萌える。壮大と沖田の人生の選択から恋の行方、別々の道を選んだ二人の再会劇の横で、同じ医者の羽村・井川・柴田の沖田登場から変わっていく様や、顧問弁護士榊原の色んな意味での成長・・・う~ん、どれをとってみても綺麗に纏まってた感が強く、久しぶりに熱くなりながら観ちゃいました。
キムタクドラマではHEROに次いでDVD買っても良いかもと思えた作品かも(本当に欲しいのは販売中止になったGIFTなんだけどね・・・この作品だけは仕方ない)。キムタクドラマの中ではロンバケとは違った観点から、再放送で又一話から必ず見たい作品となりました。

【視覚探偵 日暮旅人】こちらも今回最終話。このドラマまじ金に魅入られた人間満載で・・・世の中に善人っている訳って思わざる負えない、普段皆が眼にしてる明るい社会の裏で、確実に人間の黒い部分も増幅していると言う思考を植えつける事満載で「悪い奴にしか出来ない正義もある」という、警察連行される政治家雪路先生の自分をハメた息子への一言、変に恰好良く聞こえました。そして両親と自分の視力以外の五感を麻薬ロストで奪われた旅人はこれまた、親を殺した犯人との麻薬吸い過ぎ中毒心中と言う・・・凄い復讐劇を思いつく物で・・・それを、あの正義のヒーローシンケンレッド演じてた桃李君が青のカラーコンタクト付けて演じてるのが良い。旅人が復讐しようとしてる、ロストを組方針とは別に私欲で手に入れ様としたリッチーは100%以上の悪人役で、これもまた逆に凄いとしか言いようのないキャラでしたね。で、リッチーへの復讐は怒り感情を向けるのではなく、超幸せ感情を向けるのが一番だったと言う。まぁ、最後はロストの逆効果なのか皆の愛情が勝ち、旅人は生きる意志を見出し意識を失う前に無意識に窓をあけ、ロスト充満の室内に外の空気を入れてた為にリッチー共々一命をとりとめ、感情が見えなくなった視力は皿に悪くなったが、聴覚は戻りつつある中で新生活が始まると言う・・・大団円ではないが、不幸続きの中の静かな小さなHappyEndでした。こちらの作品、オリジナルストーリーがHULUで放送されるそうですが、正直、その為だけに有料番組なんて契約出来ない子育て賃貸家庭の我が家においては、今のノリだと日テレオリジナルストーリは諦め、原作シリーズ小説買って楽しもうと思いますね。きっかけは松坂桃李君主演と言うだけで見始めたのですが、本当に自分的にはお話し自体が凄く面白く感じ、中弛みした【嘘の戦争】とは逆にどんどんのめり込んだドラマでございました。又、旅人を囲む人間の二面性がこれまた凄い!多分、ドラマと原作では若干表現が違うんだろうが、それを楽しみながら読むのも良いかな・・・と思いました。

日テレ番組【チカラウタ】
新!音楽座談会バレエティーという事で、どんな番組か覗いてみたら結構良かった。ただ、放送日が関東と異なり数週間遅れなのが、地方的には頂けないかなって番組検索時に思ったのですが、まぁ、数週間後には本当に観たいゲスト様の回が出てくると思うので気長に待ちます。そして今回は、若干興味あるゲスト回だった為に良しとしようって感じです。
番組はゲスト様の人生に活力を与えるきっかけになった曲紹介みたいな物で、番組MCは小山慶一郎君(NEWS)と羽鳥慎一アナウンサーで意外な組み合わせですが、羽鳥アナが常連客設定でトーク主導権を握ってるのが小山君と言うのが良いですね。
ジャニーズ系は最近、深夜枠のバラエティーやトーク番組が多いのかな?今回、東京から遅れての放送でキスマイ北山君の口から、元SMAP中居君の良いお話しが聞けました。で、肝心のチカラウタの方は、もう一人のゲスト女子プロレス北斗さんが選んだ森口博子さんの歌が私も好きな曲だった為、思わず懐かしさに聞き入ってしまいましたね。北山君が選んだチカラウタは自分的には若いなって感じのミスチルで、主人の方がこっち系は詳しいだろうって印象でした。
トークで出て来たSMAPの中居君・・・色々な番組MCやられてますが、スマスマ終了後はドラマ出演でもしない限り、現時点の我が家では中居君の顔拝めておりません(慎吾ちゃんはCMで良く見る)。何故なら・・・子供がカートゥーンネットワーク(海外アニメ番組)を点けてるか、主人が録画海外スポーツ番組か野球を観てて、平日ゴールデンリアルタイム番組を見る機会が日本家庭では珍しく我が家には全くないからです。出産前の主人不在時にゴールデンリアルタイム番組観て以来、もう5年以上平日にゴールデンタイム番組観てないです。自分の好きなゲスト出演の時だけ録画とかそんな感じです。
さぁ、そろそろ2017春ドラマチェックを行わないと・・・でも、今「24レガシー」観てる自分的には凄く興味そそられるのが少ない春ドラマ事情かも・・・。

見舞翌日から体調不良
年明け元旦初日に救急搬送された父が、漸く本日、自分の家でノンビリ過ごせる事と相成りました。退院後のデイケアサービスは、介護認定数値が上がり預かり日数も増えた為、平日にケアサービスで土日は休日と言う形にしました。余生を会社勤務時代と同じ様に過ごすのも・・・仕事人間だった世代には良い想い出となるのでないでしょうかね?
元々、若い頃に積雪多い札幌自衛隊に九州から入団し、身体を鍛えてた為にあの歳にしてはとんでもない体力の持主だったのですが、如何せん自衛隊から転職してからは身体を鍛えても会社のゴルフコンペやソフトボール大会に出る程度でしたので、自衛隊時代の様な鍛え方を続けていれば(DBのキャラみたく)、今も病気知らずで居れたかもしれません。
そんなこんなで、病院側の努力と指導の甲斐があり何とか持ち直した為の入院と言えど、年齢が年齢故で一人で過ごさせない条件付介護数値の為、家で介護する者の負担も去る事ながら、本人も何時まで元気が続くかは定かでないのは確かでございます。
そんな退院の前に病院見舞いに訪れた私は、マスク着用していたにも関わらず院内で風邪を拾った様で・・・外では春ファッションの季節なのにモコモコガウン着用で、家で色々作業していても花粉症と伴い鼻水にクシャミが凄くて・・・でも喉も腫れ寒気もある為に風邪薬は飲みました。皆様、身内・知人・友人の冬場の病院見舞いには十分に時期と予防に気を付けましょう。

明後日からの三連休は日・月と主人出勤の為、子供の世話を朝から晩まで自分一人でしないといけないのだが、もう既に「〇日に〇〇〇に行きたい!」と言われ・・・ここ数か月何処にも連れて行ってないし、その場所が連れてく約束を延ばし延ばしにしてる場所故に、まぁ弁当持ちで文句言わない子供と二人なら良いかって感じで、それまでには体調整えたいですね。

〖嘘の戦争〗終了
【嘘の戦争】SMAP解散後の草薙君主演ドラマで、最初は面白いと思ったのだが中弛みを感じたドラマでした。どこでかと言うとハルカが浩一への思いに我慢できなくなった当りかな?
それまでが本当にドロドロの復讐劇だったのが、ラブロマンス入れたばかりに一転してしまい・・・見る方の緊張感が無くなった。この手の話でハルカの浩一への恋愛が本当に必要あったか?と言うのが疑問。
楓に関しては復讐果たすべき相手の娘故に、嘘の恋愛を浩一が仕掛け演じ、楓が本気になるのはストーリー的にも納得出来たのだが、恐らく相棒であるハルカの浩一への思いと言うのは今更的で、あの途中で告るよりは最終話迄延ばすなり、あやふやのままでで終わらせて欲しかった気もします。その部分がなければ凄く復讐に一貫したドラマで良い出来の方なのでは(海外復讐劇等見る人からしたら生ぬるいかもしれないが)。
浩一が知らなかった亡き父と自分が世話になった児童養護施設の三瓶との男同士の友情、父の信頼を得つつも結果的に親友を裏切った三瓶の当時の苦悩(ハルカの告白よりこの二人の過去をもう少し入れて欲しかった)、浩一を信頼し捲ってた晃が浩一に騙されたと知った時の意気消沈と、最終話で浩一に依頼され彼を刺し逮捕されてしまう点(これは晃が関わった今更どうする事出来ない30年前の罪の償いとして自ら納得した逮捕劇)、騙されてたと知っても消えない楓の浩一への恋心と、それを利用する浩一、詐欺仲間の百田と浩一の過去の確執と詐欺という職業への二人の理念、百田の甥であるカズキが内心浩一の詐欺能力に惹かれてる点、最後まで仁科興三が浩一の家族殺しを認めなかった為、楓を目の前で爆死させる映像(大がかりなトリック)見せ強制自白に追い込む等々、詐欺仲間のハルカが恋愛感情を持ち出した点を除けば、一つの事件をきっかけに始まった今迄あまり見た事ない、自分の成すべき物は何か?大切なの物は何か?をそれぞれの立場で求め続けた男のドラマという感じに見えなくもなかったんですけどね。
まぁ、結局のところ浩一と親密な交友のあった晃と楓だけが浩一の本当の人柄と言うのを理解し、自分の父親に過去の罪を自覚してもらう為に彼の嘘に手を貸した訳ですよ。このドラマで結構好きだったキャラは、あの悪代官の父親を持ちながら、仕事能力がなくても、罪の意識と常識をしっかり持ち合わせていた、最後まで人の良い晃ですね。きっと、浩一も彼や楓の人となりを知り、憎むべき復讐を果たすのは、彼等の父親である仁科興三のみと理解出来たのではないかと思いますね。だから、いつか晃が出所出来た暁には、楓が望んだ兄弟仲良く再び過ごせる日々が訪れるのではないかと思います。
で、浩一に告白したハルカは浩一に日本置いてきぼりをくらわせられたが、浩一は自分の行き場所を百田のBarのオウムに教えており後を追いかけると言う・・・まぁ、一風変わった感じのハッピーエンドではなかったのではないのでしょうか?

個人的には同じタイトルの【銭の戦争】のLASTの草薙君の方が余りの変貌さにゾクゾクした事を覚えており、あのラストシーンは彼の今後の人生をどう変えるのかとのインパクトも強かった為、こちらの【嘘の戦争】のLASTはそれと比べると、復讐心が消えた浩一に戻りタイで元鞘に収まったという・・・なんともソフトな終わり方でした。
Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.