こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

小説感想【記憶破綻者】
先日、もう一つのアニメ・漫画専用Blogの方で少しだけ呟いた、小林泰三氏著『記憶破綻者』読み終わりました。
主人公田村二吉という前向性健忘症患者と、記憶を都合良い様に書き換え操作能力持つ犯罪者、雲英光男との戦いを描いたお話です。二吉は直ぐに記憶を失くす人間で、雲英の超能力とは相性が悪かったんです。事の発端は、二吉が雲英の犯罪未遂現場から逃げ込んだ場所に居合わせ、彼に他の客同様に記憶改ざんを植えつけられた事で、他の記憶はまっさら状態で雲英から伝えられた言葉の記憶だけが、記憶を直ぐ忘れる障害持つ自分の頭に鮮明に残ってたが為、二吉本人が妙に思い始める事から、二人の戦いが始まります。戦いと言っても格闘やる訳ではなく、障害抱えた人間との頭脳戦なんですけどね。
雲英は自分の能力を過信し過ぎて、何時頃からか凶悪犯罪を繰り返しつつ社会で野放し状態。人の記憶操作能力があればこそ、警察に今迄捕まらなかったし、人に怪しまれる事もなく、自分が楽しいと思う犯罪を繰り返してきた。でも、その能力に気付いた二吉が、こんな奴を社会に野放しにしていたら、益々罪のない人達が雲英の代役で犯罪者に仕立て上げられたり、殺されたりする為に良くないと感じ、でも自分は障害ある身故に危険な事は避けるべしとの葛藤を持ちつつ、何度か雲英の尻尾を捕まえようと接触を試みる訳ですよ。で、当然、自分の病気の事が雲英にバレて命を狙われる事になるのですが、徳さんと言う一風変わった老人と、二吉が通う話し方教室の北川先生によって、二吉は間一髪で命を取り留めます。で、二吉に手を貸した徳さんですが、博識の高さと護衛術の凄さから、てっきり自分は警察のOBなのでは?と思ってたのですが、雲英を確保した際にこんな極悪非道な人間生かしてても仕方ないと、一度は記憶の残らない、今回の件で痛い目にあった二吉に殺したらどうだという提案発言をしたりして、とても不可思議な老人のまま終わってます。当然、二吉は犯罪に自分の手を染める事を拒否し、北川先生も法に任せようという事で徳さんの提案は却下され、凶悪犯雲英を社会的抹殺に導いたのですが、雲英は警察に捕まる前に自分の記憶を「自分は犯罪も殺人も何一つ行った事のない善人である」と言う記憶にすり替えてしまいます。だが、二吉が命をかけて盗撮したカメラ画像と、徳さんの起点で設置されていたカメラ画像に、雲英本人の自白と二吉への殺人犯行場面が撮影されてる証拠がある以上、雲英が簡単に警察から解放され社会に出てくる事は難しい訳ですよ。逮捕後の雲英本人の記憶食違い混乱状態は描かれてませんが、極悪非道な犯罪者雲英と被害者遺族(百人程)とは裁判が続けられ、二吉と雲英の頭脳戦は終止符となりました。
てっきり二吉の病気が治ってHappyEndかと思えば治らず、二吉は不可思議素性老人である徳さんと、二吉の事実上の妻であると言う北川先生が、二吉の今迄のノート変わりとなり、生活の手助けをするようになったのですが、何か徳さんと北川先生の都合よい様に操られてる感も無きにしも非ずで、こんな関係でこれからも生きていくのかな?的な・・・それが果たしてこの主人公の二吉にとって幸福なのか不幸なのかの疑問符がつく終りでした。
個人的には一風変わった設定推理物だった為、途中読めない日もあったのですが、読み始めると結構頁が進み、読んでて興奮する推理物のような感じでなく、静かに面白める推理作品だったと思います。で、明日には図書館に返却ですが・・・来月中旬には追加の依頼物を完成させないと駄目な為、明日は小説でなく痴呆患者介護本でもあれば借りて一読しておこうと思います。追々、今更聞けない冠婚葬祭についてももう一度勉強しとかないとな~とは思ってますけどね・・・。
スポンサーサイト

新ドラマ【資格探偵 日暮旅人】
1/22に松坂桃李君主演のドラマ始まりました。どしょっぱなから子役が「パパ~」と桃李君に走り寄るから、(えっ!?その若さで父親役なの?)と疑問を感じて見てたら本当の親でなく安堵しました。今回の第一話、桃李君演じる、障害持ちの日暮旅人探偵が引き受けた仕事関連で、引き取った子供・衣ちゃんが巻き込まれてしまい、其の消息を辿るみたいな感じの序章でしたが、LASTの旅人の「まだ気づかれてはいけない」の雰囲気から察するに、回を増すごとに不協和音が流れてきそうですね~。ドラマの行方は原作小説読んじゃえば早いんだろうけど、取敢えずドラマ観終わるまで小説読まず、ドラマ見終えてからの気分で続編含む小説読むのは考えようかな~と・・・そんな感じ。人の良さげなパートナー雪路(演:浜田岳さん)と旅人の、一寸、ホームドラマ的な面もあるミステリアス探偵ドラマは今始まったばかりなので、こちらも全話見終えてから個人的主観感想述べたいと思います。

では、昨日から我慢してた日常不満爆発で、全く気持ち的に明るくなれない為日記終了!

【信長協奏曲:映画版】
1/16に民放で【信長協奏曲:映画版】が放送されました。録画しつつも鑑賞が今になったのは、当然、自分の体調不良が要因ですが観た感想の方は普通に娯楽で観てて面白かったです。
もともと2014年でTVドラマで気に入った作品であり、2016年映画館行く暇なく時が過ぎ、レンタルするのも忘れてた作品ですけど、やはり戦国時代は好きな為に駄目ですね~。どんな作品でも戦国武将扱ってるだけで面白いと思ってしまう単純頭です。
この話は普通の現代高校生サブロー(演:小栗旬)が戦国時代にタイムスリップする事から始まるお話し。原作漫画の方は未だ連載中で、ドラマとは設定等が違う様なのですがまだ漫画は読んでません。当然、アニメの方も見てないですね。単に小栗旬が織田信長演じる訳!?で期待せずに観たドラマだったのですが、このサブロー信長と池田恒興(演:向井理)との関わり方が凄く良くて、又、史実無視した人間関係と言うのも愉快で・・・当然、映画もそんな人間模様があるかなと思いましたが、映画の方は本物の信長とサブロー信長の決着を主軸に映像化されてましたね。結局、サブロー信長の下で光秀と名乗ってた本物信長は、本物信長として本能寺の変で自害でなく秀吉に殺され、本能寺の夜襲で本物信長と入れ替わったサブロー信長は、その後明智光秀として秀吉に殺され、サブローは戦国時代での死と共に現代に戻るという。何とも、凄いパラレルワールド展開。この作品の面白い点は、戦国時代にタイムスリップしたのがサブロー一人でなく、それぞれが戦国史に名を残してる人物になってると言う点で、他のタイムスリップした人間も皆、戦国時代での死と共に現代に戻れ関わりなく生活を続けてる所ですね。
で、一番の女子向け見所は、やはりサブロー信長と帰蝶(=濃姫)の時空を超えた純愛と言う点なのでしょうが・・・それなりに感動はしましたが、史実でも今一はっきりとした資料が存在しない、信長の正妻であろう濃姫は歴史小説やドラマで色々な描かれ方をされており、過去の読んだ作品からの彼女のイメージと比べると、このドラマの彼女の性格は「う~ん・・・こんな乙女チックかな?」と流石に感じました。パラレルワールド物語で大まかな点は許せれましたが、流石に最後のSD映像で帰蝶(濃姫)が語るサブロー死後の戦国事情・・・タイムスリップしたウィリアム・アダムスがSDに撮影したと言う設定迄は、納得出来るのですが・・・家康が天下とるまで帰蝶(濃姫)は生きてたっけ?信長死後年数経過してからの映像なのに何でこんなに若いまま?って言うのが、このパラレルワールド歴史ドラマでの唯一納得出来兼ねた疑問符でした。

小説&ドラマ2本感想&木曽川風景
先ず小説感想。岸田るり子著【パリ症候群~愛と殺人のレシピ~】を読みました。「パリ症候群」、「砂の住民1=クロテロワ=」、「砂の住民2=依頼人=」は関連ある3本のストーリー、他「すべては二人のために」、「青い絹の人形」と、何れも一寸した、人が死んだ事に対して又は犯罪を犯す心理の謎と解き明かす推理小説みたいな計5本の話で構成されてる小説です。
感想としては犯罪を起こす側にも、立場変えてみれば正当であると思えれるお話が書かれてたかなって感じです。そして読んでる途中で正直「またか!」とショックを受けた話がありました。それは前回読んだ百合系話が掲載されてた【Adult education】と同じで、今度は男色家が出てきた事ですね。男色家はBLなどで慣れてはいるが、こういう形のは初読みだった故に一瞬本を閉じました。「パリの症候群」で男色家のミッシェルと言うフランス人が脇役で登場し、その時点ではまぁ海外舞台小説だからこういう設定人物が登場しても変でないと思い読んだたら、「砂の住民2=依頼人=」でミッシェルがHIV感染の日本人恋人カオルの高額な薬購入資金の為、完全犯罪に加担すると言うお話で・・・男同士のSEX描写が書かれてた文章は数行だった為、BL小説程のきわどさはないのですけど・・・この話は人から非難を受けるのを承知な相手と恋愛した事ある人なら、ある事情で完全犯罪をもくろんだ主人公の紳士と、お金が必要でそれに加担するミッシェルの思考行動苦難が理解出来そうな話で・・・最後は凄く気の毒な終焉を迎えてます。他4本の話も中々楽しめましたが、私はこのショックを受けた話が一番好きです。

ドラマ感想1.【不機嫌な果実~三年目の浮気~】。娯楽で見るには三者三様の夫婦生活が描かれており、こんな夫婦生活してる人達は知らない為凄く楽しめるドラマなのですが、流石に出てくる女三人のうち二人は、男に対し尻軽過ぎだろ?って感じで・・・前後編見終えて正直に「また続編作る気かよ?くどくねぇ?」と思っちゃった。私がこのドラマで登場してる女性陣の夫なら・・・自分勝手の思い込みだけで不倫しようとすんじゃねぇよ!とか、旦那の愛情知りつつ何故若い男との浮気に走れる?と思ってしまい、どれも一度なら兎も角二度・三度となると・・・御免被りたく自分なら離婚届けに印鑑押し妻捨てますね。でも、今回も独身貴族である吾郎ちゃんの、何処か情けない夫演技が見れた事と、山本君が出演してた点では個人的には良かったです。

ドラマ感想2.【A LIFE~愛しき人~】。いや~竹内結子さんとの久々共演、木村君ドラマ第一話、先程録画で観ましたが・・・副院長の妻の脳腫瘍オペを、副院長と幼馴染である木村君演じる医者が、何れ行うという展開は・・・今までにない医療ドラマ展開なのかな?正直医療ドラマって織田裕二の【振返れば奴がいる】しか観てないないから解りません。若干、母の持病や自分が持ってた病気に対しての一寸した知識は勉強しましたが、今回のこのドラマで出てくる医療用語は聞き慣れてなく・・・小説買って(小説が現在出てるのか?)専門用語広い勉強しないと訳解らんです。でも、フジ月9ドラマの頃と違った感じで、中々木村君演技も良いんじゃない?て気になりました。という事でlこちらのドラマも毎週観て、全話終了後に作品自体の感想を書きとどめようと思います。

さて、下記写真は昨日天候が良くなってから向かった【湯の華アイランド】駐車場から見えた木曽川風景。こちらの日帰り温泉、年末のスクラッチくじで子供が無料券を当てた為、親子三人で寒波で冷え切った身体を温めに行き、夕食はそこにある食堂で鉄火・お勧め海鮮・サーモンイクラと、三人それぞれに好みの丼物を食して帰宅しました。この日の日替わり湯は「レモングレープフルーツ」と言うフレグランス湯で、柑橘系は私は大好きな為に岩盤浴と共に併設されてる漫画コーナーも楽しんで参りました。
湯の華からの木曽川 私が撮った木曽川全体。観難いですが遠方に雪山が連なってます。
木曽川(子撮影) 子供が撮った木曽川の雪解け濁流

新ドラマ【嘘の戦争】他・・・
何かタイトルが昔、フジで放送してたドラマ「銭の戦争」と似てるよな~と思いながら、一応第一話見ました。思ったよりダークな内容で「おー!ツヨポン、凄い役やってるね」と思ってしまった。個人的には「銭の戦争」の方が好きなのだが、こちらの作品も今後どのように転ぶかによりますね。まぁ、一話見た限りでは恋愛要素が表立って出てくる様な甘い感じのドラマでないと思うのだが・・・ツヨポン演じる役と恋愛的な面が有得るとしたら・・・親と弟の仇役の女性医師、又は、コンビ組んで仕事してる女子とだな。

自分のBlogを読んで下さる奇特な方は何となく感じてると思いますが、私は女子集団行動が苦手な人間です。なら男の集団と行動するのかと言われればそういう訳でもありません。OLとは名ばかり時代は、自分の化粧顔と服などで相当な遊び人と思われ、最初からそう判断して声をかける男女には、面倒だからその通りの振りと会話で適当に合わせてそれなりに楽しんでました。
小さい頃から女子同士で遊んでばかりで、同性同士の良い面以上に欠点と言うのも小学校入学前後から嫌と言うほど味わいまして・・・自然と幼馴染同士でも距離おいての交友となり、皆が嫌がってた子とは皆絶縁になってます。で、中学頃からクラスメート女子から腕組まれたり手を繋いだりを頻繁にやられる様になり、挙句の果てに自分の進路の行き先まで合わせ様とする始末で・・・自分の成績が第一志望に一寸間に合わず志望校変更したら、その彼女が泣きながら「○○さんが✖✖受験するって言ったから私も受けたのに!」と・・・まるで彼氏と志望校で別々になるのが嫌がる女子みたく凄い剣幕で怒られました。で、仕方なく私はまるで別れ話みたく「学校変わったら、又、新しい仲良し相手が見つかるから・・・」と返事をし、彼女とは卒業時点で縁を切りました。
その後、女子の誰かと特別に仲良くなるのは御免被ると思ってたのが、高校でも三年間同じ女子に同じ事される羽目になり、その子とは通勤電車が同じだった故毎日顔合わせてたのですが・・・流石に「一生私とこの家で暮らして!」と真剣な眼差しで言われた日には・・・ノーマル人間はひくよな。まぁ、そんなこんなで自分勝手な我儘感情押し寄せたがる女が嫌いになり、又、それを共感できる異性が傍にいた為にモロに更なる影響を受け、女子集団行動から脱する事と相成りました。
だから・・・今でも強気で我儘で、自分のいう事が世論でも正論と信じて疑わない、自分主体思考の女は苦手です。

働く女子が増えた平成故に、働く女の中には「専業主婦って楽してる」とか「趣味やる時間なんてない」と言う方が大半でしょうが、バブル前後景気で皆が遊び呆けてる間働き続けてた人間からしたら、今の会社に果たしてどれだけの仕事があるのか?と疑う訳であり、特に事務なんて人雇わなくても営業がやれば良い量しか売上ないんじゃない?と思う訳ですよ。つまり今の事務は昔と比べると一つの処理にかけてる時間が長いって事。新人は別として、今後も仕事慣れした事務が心底忙しいのは・・・恐らく、消費税導入数か月前後だけだと、個人的には思っちゃいますけど・・・実際どうかは今の事務現場見ないと解らないですね。
後、自分の趣味の(好きな事をする)時間は、どんなに忙しくても本当に自分がやりたいと思ってるのなら自分で作る物です。だけど人間は日々老います。私もそうでしたが・・・そんな時間があれば寝たいと思う様になるのは自然の流れです。又、そんな事してるより、金稼ぎした方が良いとかショッピングや旅行した方が良い思考に変化する方もいるかもしれません。それはそれで自分の趣味が変わったと受け止め、時間を上手に作れる様になり昔の趣味が懐かしくなった時、やる気があれば再始動するば良いと思うこの頃です。

感想・小説【Adult Educcation】
1/9に子供のベッドが届き、業者様へ組立設置して頂きました。感謝!でも設置完了が夕方で夕食作り等があり、まだ部屋が散らかり放題で全く片付いてません。今日も外出帰宅後から明日にかけ、キチンとした部屋に作り上げたいと思います。

で、その設置時間中に冒頭からカルチャーショック受けた村山由佳著短編集、【Adult Educcation】を読み終えました。諸事情で思春期頃の恋愛心理要素の話を探してて、まぁlこれで良いかと図書館で借りたのですが、恋愛心理と言ってもこれは大人向けで、ティーンエイジャー物ではなかったです。
先ず、DBサイトにベジブルR18漫画描いちゃった程にショックを受けたのは、女同士の短編が2本掲載されてた事。で、冒頭にカルチャーショック受けた、恋人との関係に若干の不満を抱えた女性が同窓会で肌を重ねた級友(女)と再会する「あと少しの忍耐」と言うお話以上に、「最期の一線」と言う・・・弟の彼女に手を出す姉の話がありまして・・・姉は弟が好き、弟の彼女は彼氏の姉を尊敬してると言う前提があり、姉の方が弟の彼女を抱くと言う行為で、弟の物を共有し疑似SEX感覚に陥るみたいな感じで、又、彼女の方も彼氏は好きだが、彼氏の姉の巧みな技で徐々に溺れていくという。兎に角、何が凄いって女同士漫画等で見るより、文章で行為そのものや感情を凄く詳しく描いてある方がエロく、確かに女子クラスや女子校などでは同級生の胸を掴み合い(大きさを図る)や乳首の色や形を観察(経験度合)をする子も居るらしいとは聞いた事あるのだが、まさか秘所にまで及ぶ行為を女性同士でする?しかもそれで快楽感じ溺れる?みたいな・・・共学しか知らない自分が全く持ってノーマルな女故に、読んでてキモイ部分があったのも事実でした。そしてこれをDBキャラで当てはめたら思考が芽生え、可能性があるとしたらカカベジの孫と子にあたる、パンとブラが年頃に成長した、そう言う行為に興味を持つ時期にしか有得ないかも・・・等と変なネタも思い浮かんじゃいまして・・・これじゃ如何!と、サイト掲載のベジブル漫画を突発で描いた訳です。

他の短編については、「ああ、何かこの手の話は噂などで聞いたな」「聞いた事はないが身近に有得そう」的な話しが多かったです。面白かったのは思春期従兄弟のマスターベーションのトラウマを作った女の子の「これでおあいこ」と言う話で、これはその現場を見られた男の子が女の子に暴力を振るわれ、その後女性との関係で勃起しても不能になる率が高くなったと言う・・・その従兄弟の仕返しを大人になった女性が受け、支配と被支配の逆転からの、復讐と区別のつかない激しいSEXに女性が今迄にない快楽を得ると言う内容です。
他にも、恋人とのSEXで満たされないM女とM男との話、叔母の夫と危なくなる話、愛犬を擬人化した女性の話、彼氏の借金のカタにAV撮影される女の子の話、恋人出張中に自分の殻を破る女性の話、官能若手小説家と関係を持つバーのママの話、女性の方が仕事出来る歳の差カップルの恋模様等々・・・色んな大人向け体験型恋愛模様が書かれた短編集で、面白いか面白くないかと問われれば、読みだして2日で一挙読み出来た為、私は百合系以外のお話は良かったと思います。因みに・・・最初に記載した作品以外は、そんなにエロくない為普通に読めます。
Copyright © My Diarys. all rights reserved.