FC2ブログ

映画【ベイマックス】

12/23地上波放送【ベイマックス】⇒主人公ヒロが開発した頭につける機械で、一つの小さいマイクロボットが集合し脳で描いたままの大きな形になると言う・・・もしかしたら、先日のDB超でアラレちゃん回で千兵衛さんが開発した本物マシーンマーク2の基盤となってる?と・・・冒頭から関係ないDB思考発動しちゃいました。お話的には自分が開発したマイクロボットを盗んだ奴が、証拠隠滅で大学に火を点け兄と尊敬した教授を殺した犯人...

映画【ビリギャル】

12/26【ビリギャル】⇒大抵の方が記憶に新しいであろう、学年ビリギャルが偏差値40上げて慶応大に現役入学したと言う、ノンフィクション小説を映画化した作品です。小説読んでなければ前情報も知らず、映画館で予告チラ見しただけの作品で、12/26地上波放送が初視聴!故に・・・舞台が自分が生まれ育った名古屋の某お嬢様学校生徒(自分の行動範囲内の学校で良い事も悪い事も噂は耳に入ってた)だったのかと言うのは映画見てから知...

【映画 妖怪ウォッチ3】他

12/23 映画『妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』 ⇒昨日子供同伴で観てきました。YWも最初のは3DSゲームの沿ったストーリーで無理がなかった為に面白いと思いましたが、それ以後は何となくで続いてる子供映画の様な気がして・・・子供は特撮同様、惰性みたいな感じで毎回映画鑑賞しております。まぁ、それなりに面白く感動部分はありますけども、やはり今回の実写コラボは一寸な~が個人的意見。自分、閻...

TVドラマ【IQ246】他

12/18最終回【IQ246】⇒1話から続けて観ており、面白い回とそうでない回とありましたが、最終話とその前の回はのめりこみました。特に毒薬をかけての沙羅駆とマリアTの勝負する時の会話は「思わず成程」と頷けるものもあり・・・二人の関係の結末は、頭が良い人間の考えは、頭の良い人間にしか理解できないと言う結論に達しておりましたね。マリアTの正体については、ハイピール映像が出た段階で朋美がマリアTだと直ぐ解ってしまい...

大河ドラマ【真田丸】他

12/18【真田丸】最終回⇒先ずは一年間、大河ドラマ出演された役者様達にお疲れ様と申し上げたいです。最終回で意外と感じたのは、大抵自分が観て来た大河ドラマは、主人公の最期をきっちり描いてる作品が多い為、この作品では信繁の最後の切腹シーンを画面では見せなかったと言う点で、徳川方についた兄が弟の死を遠い地で感じて終りという・・・前回のキリと信繁のキスをしながらの会話にも驚いたが、今回の最後も驚きでした。てっ...

映画【アポロ13号】

1995年上映の【アポロ13号】を2016年師走に漸く鑑賞。当時行きたくて仕方なかった映画だったのですが、その頃の自分は社員世代交代時期と、今は交友ない腐れ縁だったクラスメートの我儘行動で疲れ果てており・・・映画館赴く元気もなかったです。その後、TV等で放送された時も知るのが後からばかりで観れず終で、漸く若かりし頃のトムハンクスに昨夜会えました!映画の内容は、アメリカのアポロ計画三度目の有人飛行で起きた、宇宙...

ネットNews見出しについて

自分が教育アニメ等を通して育った世代だった故に、本日目についた見出しが=若手アニメーターの53%「家族の経済的援助を受けている」=の記事で、昔と変わらずアニメクリエイティブ職の収入が一般職より低く、現在は親からの生活支援を受けていると言う内容でしたね。まぁ確かに若手アニメーターが担当することが多い職種「動画」の平均年収が「111.3万円」と言う金額見ると、昭和バブル前の高卒事務職と年収同じで、平成の今の世...

TVドラマ【THE LAST COP】

タイトルに「THE LAST COP」と書いてますが、こちらは原作品でなく先日最終回迎えた「ラストコップ」の方です。huluでのseason1の放送を見てないけどTV連続ドラマを毎週拝聴しており、過去に自分が知る唐沢寿明さんの役キャラと違った面が多々あり、又、彼のスーツアクター経験が思う存分に生きた刑事アクションドラマで思いの外楽しませて貰いました。見始めた理由は仮面ライダードライブ役の竹内涼真君が出る(特撮出演者が出る...

長島SLで進撃巨人展

混むのが嫌で・・・保育園時代から個人的に鬼門である長島スパーランドで「進撃の巨人展」開催されるらしい。私的には交通が多種多様にある栄中心にある百貨店の何処かでやって欲しかった。と言う訳で・・・遠くて自分は赴きませんが、興味ある三重や愛知の進撃ファンの方、明日から開催だし園内にあるアウトレットショップ等でも今はクリスマス、年明けは福袋、その後はバレンタイン色してるかもしれないので・・・足を運んでみて...

映画【オズ始まりの戦い】

小学生時代に好きで何度も借りた、ライマン・フランク・ボームの人気童話「オズの魔法使い」と同じと思いきや・・・『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が、ディズニーとタッグを組み、作中に登場する魔法使いオズをジェームズ・フランコを主演として迎え、その誕生秘話を描くアクションファンタジーで・・・夢見る乙女期待裏切らない一寸したラブロマンスありの映画だったんですね。内容的には、ペテン(奇術師)人生を...