FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

映画【ベイマックス】
12/23地上波放送【ベイマックス】⇒主人公ヒロが開発した頭につける機械で、一つの小さいマイクロボットが集合し脳で描いたままの大きな形になると言う・・・もしかしたら、先日のDB超でアラレちゃん回で千兵衛さんが開発した本物マシーンマーク2の基盤となってる?と・・・冒頭から関係ないDB思考発動しちゃいました。
お話的には自分が開発したマイクロボットを盗んだ奴が、証拠隠滅で大学に火を点け兄と尊敬した教授を殺した犯人かもしれないと思い立ったヒロは、兄の忘れ形見である癒しロボットのベイマックスと二人で犯人捜しする事から、兄の科学者友人達と手をとって活躍する物語への流れになるのですが・・・これが凄く強いマイクロボットを操る仮面の男が出て来たり、協力して開発した様々な装備を仲間同士身につけスーパーマン並になったり、ベイマックスがsuperヒーロー並ロボットに変化したりと・・・ストーリーは中々ユニークかつスリリングな展開となります。そして、意外な人の正体と人間性があらわとなり、この人物が皆が犯人と思ってたクレイの命を、過去の因縁から狙う真犯人。そしてヒロは兄への復習心に一旦囚われはするが、その人物がそんな人間になってしまった真実を知り、皆と共に真犯人に法的な罰をと・・・生きて捕える事を決意。物語は因縁の対決と全ての命ある人間が幸せになる終焉へと向かいます。ただ一体、心優しい兄の意志を継ぎ最後までそれを貫いたロボットの犠牲と共に。
取り戻した平和と愉しい日々の中、ある日ヒロは思い出の品と共にある物見つけて・・・と、こんな感じの実写のドラマにありがちな、どんなに憎んで復讐心を燃やし行動しても死した人間は戻らないという人間模様ヤリトリと、どんな優れた発明品も使う者の意志によっては絶対的な悪になると言う・・・何とも奥深い物語で他事やりながら見てた手と目が、何時の間にか物語の行末に奪われていたと言う素敵作品でした。
しかし・・・ゲームのファイナルファンタジーのCM見てても思うのですが、最近の3Dアニメって完成度が年々増していってて凄いですよね。自分の高校時代が日本企業でもPC利用という流れになり始めた時故に、当時のPC技術が様々な分野に枝分かれし専門的分野で開発され、高校卒業と共にプログラミング言語等勉強しなくなり知識も忘却の彼方の自分ですが、世界ではその間もPC性能だけでなく、それを操る側や作品を作る側の技術力もハイスピード向上してる事に対し、心から感服せざる負えません。
又、時既に遅しと言えど・・・この様な夢のある3Dアニメを仕事とされてる方が羨ましいと思えるこの頃でもあります。
スポンサーサイト

映画【ビリギャル】
12/26【ビリギャル】⇒大抵の方が記憶に新しいであろう、学年ビリギャルが偏差値40上げて慶応大に現役入学したと言う、ノンフィクション小説を映画化した作品です。小説読んでなければ前情報も知らず、映画館で予告チラ見しただけの作品で、12/26地上波放送が初視聴!故に・・・舞台が自分が生まれ育った名古屋の某お嬢様学校生徒(自分の行動範囲内の学校で良い事も悪い事も噂は耳に入ってた)だったのかと言うのは映画見てから知りました。名古屋人と言う前提があると三人子供が居て、父親の自分の夢かけた野球を息子へ投影する執着心も納得出来ましたね。私があのスパルタ野球指導受けてる息子なら、中学時点で反抗期突入してると思い、ウチの親は戦時体験者中卒で良かったな~とつくづく思いました。中卒故に仕事に対しては真面目で、自衛隊経験もあり教養追求心も常に持ち合わせてた父ですが、残念ながら長女は兎も角・・・次女にその思考は受け継がれておらず、お話の塾講師みたいな教師に私も勉強を教えて貰ってれば、小・中と続く一般的教養の勉強嫌いは治ってたかもしれません(高校時代の即実践に繋がる専門課程は別)。
物語全体の感想を言うと、つきなみですが素晴らしく更生が上手くいったファミリーノンフィクションドラマで感動はしました。家族が一旦バラバラになって更生するって言うのは結構難しく、私はその逆結末を迎えた家族や友達を幾つか観て来た人間故、「こんなドラマの様な本当の話もあるんだ」と思ったのが率直な気持ちですね。後・・・現代の全ての塾が本当にあの様な、学力不足な子を完璧に伸ばしてくれる学習方針をしてるのであれば、今後、学力がどうなるか定かでない我が子にも通わせる事も考えてみてもよいかもとは思いますね。

【映画 妖怪ウォッチ3】他
12/23 映画『妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』 ⇒昨日子供同伴で観てきました。YWも最初のは3DSゲームの沿ったストーリーで無理がなかった為に面白いと思いましたが、それ以後は何となくで続いてる子供映画の様な気がして・・・子供は特撮同様、惰性みたいな感じで毎回映画鑑賞しております。まぁ、それなりに面白く感動部分はありますけども、やはり今回の実写コラボは一寸な~が個人的意見。自分、閻魔キャラが好きなので本編と次回告知でほんの一寸しかアニキャラが出てない事実には・・・です。山崎賢人閻魔と工藤工ぬらりひょんの踊るシーンは笑えたが、やはり妖魔界の二組はアニキャラで出演して欲しかったかなって。そんな実写不満は結構好きな遠藤賢一さんと武井咲ちゃんが出てた事で若干解消されました。遠藤謙一人面犬同様に澤部佑クマ(おっさん過ぎ)には超笑え、敵の変化した実写妖怪が、卵から孵化したみたいな液体流しての巨大化が何ともリアルで・・・その姿はエイリアン人形(知る人少ないよな)みたいでした。
全体的には実写とアニメ世界を繋げてしまう闇と言う発想は良かったと思いますが、これは一寸・・・子供年齢によっては賛否両論でるかもって感じでもなくはないです。次も恐らく付き合わされると思うので・・・今回みたいに大人がタルく感じるシーン(カナミ事情説明部分が内容先に飲み込め寝ました)が無いといいなと・・・。関係ないけど今度のドラえもん映画の主題歌はCD1枚だけ持ってる平井堅だった。久々に聞くと良いよな~この人の声も・・・。

進撃の巨人OVA【悔いなき選択】&【イルゼの手帳】⇒【悔いなき選択】は先に漫画を読んでたので、アニメの方では本当にリヴァイ描写しかしてない点に驚きでした。そして色がある分グロテスク・・・リヴァイが怒りで巨人を滅多切りにするScene。思わずゾゾって感じ・・・でもスピード感溢れる画像の連続で観てて迫力あり凄く良かった。
【イルゼの手帳】の方は一度PCで拝聴してた為に漫画が後でした。でも再度DVDでみると「恐いもの知らずハンジ!」って感じのお話ですね。性別が明確にされてないハンジですが、自分では女という事を前提であの性格は最高かもと感じてます。あんな感じの変人は男性なら実在してそうだし、女性って本当に特殊人格者でないとあの域には達せれないと思うんですよね。だから進撃のハンジのあの性格が好きです。性別判断書き込み等では170センチの女性なんて意見もありますが、私の友人・同級生には170センチ女性が数名居て、ほとんどの男子が見下ろされてましたね。彼女達の共通意見は皆、彼氏や夫を持つ第一条件が自分より背の高い男という事で・・・約十年程前にあった時は中々そんな男性との出会いはない感じで、それなりに独身エンジョイしてました。

TVドラマ【IQ246】他
12/18最終回【IQ246】⇒1話から続けて観ており、面白い回とそうでない回とありましたが、最終話とその前の回はのめりこみました。特に毒薬をかけての沙羅駆とマリアTの勝負する時の会話は「思わず成程」と頷けるものもあり・・・二人の関係の結末は、頭が良い人間の考えは、頭の良い人間にしか理解できないと言う結論に達しておりましたね。マリアTの正体については、ハイピール映像が出た段階で朋美がマリアTだと直ぐ解ってしまいましたけどね。
でもマリアT演じる中谷さんが仰ってた様に、「人間は嘘を語りますが、物言わぬ死体は雄弁に真実を語るものだと言います。私の演じる朋美は、欺瞞に満ちた世間の人々よりも、決して彼女を裏切らず、真実のみをそっと囁く死体を誰よりも愛する法医学専門医監察医で、同じように死体の言葉を聴くことのできる法門寺にシンパシーを感じていますので、法門寺に匹敵するくらいの変態ぶりを静かに発揮できたらと思います」の通り、彼女の演技は生きる事にも人間にも希望見出せれないIQ300の女性の異常性を素晴らしく演じてたと思います。何やら最終話視聴率は低かったとの事らしいですが、この手のストーリーが好きな人間には見応えはあり、気軽に同調したり楽しめれる恋愛物よりは面白かったと思います。女性目線意見としては、回重ねてくうちにディーン・フジオカの演技が凄く恰好良くなってて、演じる役89代目・賢正が良い男になっていきましたね。

【ファイティングニモ】⇒大抵の方が知ってるクマノミ親子を主役にしたディズニー映画。こちらの作品も恥ずかしながら今回初観賞。絵本の方は子供が小さい頃、怪我治療で通院してた外科で読みきかせてました。そのせいか今回TVで放送されるのを知った際、「観たいから録画して」と頼まれての鑑賞となりました。内容はダイバーに連れてかれた息子ニモを助ける為、父親マーリンが海を旅するという「息子を訪ねて三千里」みたいな話で、一難また一難と、熱帯魚として飼われてたニモと、ニモを助ける旅に出たマーリンにも起きますが・・・結局最後はディズニーらしいHappyEndです。この映画で一番驚いたのは、最初の妻コーラルと卵の大半をオニカマスに食べられると言うショッキングで現実描写の始まり部分でした。面白かったのはマーリンと一緒に旅してたドリーの性格ですね。

大河ドラマ【真田丸】他
12/18【真田丸】最終回⇒先ずは一年間、大河ドラマ出演された役者様達にお疲れ様と申し上げたいです。最終回で意外と感じたのは、大抵自分が観て来た大河ドラマは、主人公の最期をきっちり描いてる作品が多い為、この作品では信繁の最後の切腹シーンを画面では見せなかったと言う点で、徳川方についた兄が弟の死を遠い地で感じて終りという・・・前回のキリと信繁のキスをしながらの会話にも驚いたが、今回の最後も驚きでした。てっきり信繁腹切りまでをしっかりと画にした後、大阪城に残った者達が自害という流れでいくかと思ってましたから・・・何とも漫画的な綺麗な終わり方の様に感じなくはなかったです。でもやはり大河ドラマはどの作品も、その監督や役者たちの苦労が伝わるかの如く、一年通して見応えあるドラマだと思います。

12/20【仮面の男】⇒レオナルド・ディカプリオが双子二役を演じた映画を先程観ました。兄はフランスのルイ14世と言う王、弟であるフィリップは兄に鉄仮面をつけさせられ牢獄暮幽閉暮らし。国民の貧富とは無縁に贅沢で暮らすルイ14世、双子で生まれ骨肉の争いを避ける為に前国王が側近(アラミス)に命じ田舎で育ったフィリップ。
そのフィリップの存在をルイ14世は母アンヌから聞かされた直後に、彼を幽閉させたという・・・何とも血を分けた兄弟とは思えない処遇を行っていた。そんなルイ14世の国民に対する悪政へ難色を示していたアラミスは、影でイエズス会の首領として王政への批判をしていたが、14世からその首領を見つけ次第殺せとの命がくだる。アラミスは遂に昔里子に出したもう一人の王子フィリップと、ルイ14世との入替作戦を実行。しかしルイ14世に仕えてたダルタニアンがそれに気づき計画は失敗。だが、ダルタニアンはその計画を阻止すると共に、王妃アンヌから「フィリップも貴方の息子」と告白される。どうやらルイ14世とフィリップの父親はルイ13世でなく、ダルタニアンらしいのだが・・・この辺が実の息子と解釈して良いのか、ダルタニアンが生涯愛した女性が王妃アンヌのみだったから、貴女の子は私の子と同じと言う意味なのかが、私はこの映画のベースとなる「ダルタニアン物語」を読んでないから解らない。で、結局ダルタニアンはフィリップを庇い、殺そうとしたルイ14世の刀で命を落としてしまいます。でもその瞬間、彼が一人で抱えてきた、王妃を愛したと言う重い罪から解放されたとは思います。結局、悪政を行ってたルイ14世が仮面で牢獄暮らしとなり、フィリップが老いた三銃士達を相談役に迎え新しい国政を行い・・・数年後、牢獄で暮らしていた元・ルイ14世も恩赦を受け、田舎で静かに一生を過ごしたというLASTで締め括られておりました。この時代のフランス舞台映画は人間の欲とエゴ全開の様な気がして・・・結構見入っちゃいますね。まぁ、一寸兄弟同士の対決や入替作戦がバレる所等は、あの時代の漫画や書物同様にお決まり展開だなと思いましたが、たまにはそんな映画も娯楽で観るのもよいのではという感じです。だけど、レオナルド・ディカプリオ主演作だけで物を言うならば、「タイタニック」が万民に受けが良く超感動を与えてた故、それと比べちゃうとやはり物足りなさを感じちゃう気持ちは否めないです。でも装飾や背景や小道具等は、その時代を想像させるに足りるもので素敵でしたね。

映画【アポロ13号】
1995年上映の【アポロ13号】を2016年師走に漸く鑑賞。当時行きたくて仕方なかった映画だったのですが、その頃の自分は社員世代交代時期と、今は交友ない腐れ縁だったクラスメートの我儘行動で疲れ果てており・・・映画館赴く元気もなかったです。その後、TV等で放送された時も知るのが後からばかりで観れず終で、漸く若かりし頃のトムハンクスに昨夜会えました!
映画の内容は、アメリカのアポロ計画三度目の有人飛行で起きた、宇宙船の爆発事故実話を元にしたお話です。宇宙船の事故は、センターエンジンの故障から始まり、酸素タンクの爆発が起きて電力の不足に陥り、二酸化炭素濃度の上昇、降下用エンジンによる軌道修正、司令船の再起動、最後の難関大気圏突入とパラシュート脱出の順で進みます。これは判断を誤ると即死と言う、宇宙空間と地上で乗組員三人と管制室(ヒューストン)クルーとの、知恵比べヤリトリが見所です。まさに生死をかけて仕事をしている男たちのロマンを感じずにはいられませんでした。まぁ、NASAの過去計画では有名な事故故に事細かに書きませんが、宇宙を舞台としたフィクション映画はこれが初めてなのではないのでしょうか(少なくとも私はこの作品以外では話も聞かないし知らないです)?で、流石に初上映から21年後に観てみると・・・今もダンディな魅力はありますけど、トムハンクスが若くてイケメンです。

で、劇場鑑賞する予定だった現在上映中の【ビースト】・・・思った通り劇場に行く事が不可能な状態と相成り、レンタルかTV放送を待つしかない様ですが、先に小説読んだ方が早いかもね。この冬休み劇場鑑賞するのは子供付添の【妖怪ウォッチ】のみ。でもこれ実写とアニメとのコラボらしく・・・本来アニメ作品での、そんなコラボ上映だけは止めて欲しかったかなって感じです。

ネットNews見出しについて
自分が教育アニメ等を通して育った世代だった故に、本日目についた見出しが=若手アニメーターの53%「家族の経済的援助を受けている」=の記事で、昔と変わらずアニメクリエイティブ職の収入が一般職より低く、現在は親からの生活支援を受けていると言う内容でしたね。
まぁ確かに若手アニメーターが担当することが多い職種「動画」の平均年収が「111.3万円」と言う金額見ると、昭和バブル前の高卒事務職と年収同じで、平成の今の世でそれだけでの独り立ちはキツイでしょうね。明日の金もない暮らしを経験してない育ちで、突然その様な状況に追いやられても、仕事が好きでやりがいはあれど生活面では文句や愚痴が出るものなのかもしれませんね。でも、今の時代その業界に限らず、定職付けず非正規社員で親の世話になってる若者は沢山います。何故そうなったかは、色々雇用側と雇用される側、それそれの言い分要因があると思いますが、若者が定職に就けない、職種差別みたいな年収差等・・・昔から何等解決策だ見出されてない事事態が問題な気もしますね。なら貴女が彼・彼女達の為に何が出来るかと問われても、権威も何もない庶民の一人には何も出来ないし、してあげれず「そうなんだ」と思う訳なのですが・・・ただ、こうした問題は何も解決されてないままで続いてるのが悲しい現実だなと、心から思わずにはいられない歳になったな・・・と思います。

TVドラマ【THE LAST COP】
タイトルに「THE LAST COP」と書いてますが、こちらは原作品でなく先日最終回迎えた「ラストコップ」の方です。
huluでのseason1の放送を見てないけどTV連続ドラマを毎週拝聴しており、過去に自分が知る唐沢寿明さんの役キャラと違った面が多々あり、又、彼のスーツアクター経験が思う存分に生きた刑事アクションドラマで思いの外楽しませて貰いました。
見始めた理由は仮面ライダードライブ役の竹内涼真君が出る(特撮出演者が出るドラマは一応一話だけでも観る主義)と言う事だけだったんで、その竹内君の演じる若山と言うキャラも彼が演じたドライブの恰好良さとはどんでん返し・・・最初はイケメン若手刑事キャラと思えば放送回を重ねる度にキモキャラに・・・でも片思いしてて最初敬遠されてた奈々子ちゃんとは結局うまく言った様で良かったですね!今回の最終回、録画部分と生放送部分との合同映像でしたが、役者が台詞噛みしてた点(主に若手。流石と思ったのは松浦演じる藤木さん・・・生演技でもこれぞ俳優と言う感じでミスもなければ笑そそる様なギクシャク演技もなし)は別として、話の繋げ方は上手でしたね。で、LASTのひきがこれまた日テレさんズルいですよ~と嘆きたく成る程、「必ずhuluの放送と映画を観てね~!!」ノリで話しに幕・・・まぁ映画は観に行くけど、hulu登録はどうするか思案中。1&2+アナザストーリ全てまとめたDVDBOXたる物を、数か月後に発売してくれたら必ず買うのだが・・・と悩んでます。にしても唐沢さん・・・1963年生まれだったんか~!20代にマジ恋した相手と同じうさぎ年!いや~・・・妥協しないピョンピョンはねる、何時までも少年心無くさない落ち着きない兎年(完全偏見な兎生まれへの印象)の奥様してる山口智子さんって・・・実際は存じませんが何となく凄いと拍手したい気分。

と、いう事で来年は観たい映画が年明けから沢山あり過ぎて・・・今からどれを劇場でどれをDVDにするかで悩み中。
取敢えず1月の「ザ・コンサルタント」か「ドクターストレンジ」(アメコミキャラ)のどちらかと「キセキ」(松坂桃李君)、2月の「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(ティムバートン好き)は劇場でみたいかも。「沈黙」と「海賊と呼ばれた男」は小説読んでからDVDかな?で4月は当然、木村君の「無限の住人」(福士君も出るし)。そして5月に今回の「ラストコップ」・・・でも、この映画封切日が東京で開催される某イベントと同じ日(どちらに赴くかは未定)という・・・以上が現時点で観に行く予定の映画ですね。あっ、ビーストも子供登校不在時間に上映してるうちに行かないと・・・。
関係ないが今日テレビ見てて、どん兵衛のCMに時代キャラで少し出てた佐藤健君がウィスキー「知多」のCMに出ててビックリ!甘いマスクの彼が大人の飲み物CMやる様になったんだと感心しました。そしてどん兵衛と言えば、何やらラッセンの絵とコラボCM流すそうで・・・個人ギャラリーで行われてたラッセン展に就業後に足を運んだ時代思い出しました。私は原画が欲しかったのですが桁が違ってて・・・結局、それより幾らかは安い版画も買わなかったのですが、当時親しくしてた友人は将来喫茶店経営する時がきたらの店内雑貨品投資で車みたくローンを組んで版画購入してました。購入後、彼女の部屋に絵が飾られてたのは知ってますが、喫茶店経営してるのかは十年以上音信普通の為不明。

長島SLで進撃巨人展
混むのが嫌で・・・保育園時代から個人的に鬼門である長島スパーランドで「進撃の巨人展」開催されるらしい。私的には交通が多種多様にある栄中心にある百貨店の何処かでやって欲しかった。
と言う訳で・・・遠くて自分は赴きませんが、興味ある三重や愛知の進撃ファンの方、明日から開催だし園内にあるアウトレットショップ等でも今はクリスマス、年明けは福袋、その後はバレンタイン色してるかもしれないので・・・足を運んでみては?

進撃の巨人展 SELECT WALL NAGASHIMA
◇開催日:
2016年12月10日(土)~2017年2月12日(日)
*休園日 2017年1月30日(月)~2月3日(金)及びカウントダウン実施時は除く

◇時間: 平日 10:00~17:00、土日祝及び特定日 9:30~17:30

◇会場: ナガシマスパーランド内 ナガシマスパードーム

◇料金: 前売 遊園地入場セット 大人 2,300円、小学生 1,500円   当日券 大人 800円(小学生以上)、小学生 600円

※小学生未満は無料※当日入館券はスパードーム前で販売※当日券は遊園地入場料が別途必要

◇お問い合わせ先:ナガシマスパーランド 0594-45-1111(代)(9時~17時) 三重県桑名市長島町浦安333 TEL 0594-45-1111

アクセス:駐車場:13000台(乗用車 1日 1000円)
■車の場合:伊勢湾自動車道「湾岸長島IC」よりすぐ 
■電車の場合:JR関西線・近鉄名古屋線「桑名駅」より三重交通バスで20分、「長島温泉」下車徒歩すぐ



映画【オズ始まりの戦い】
小学生時代に好きで何度も借りた、ライマン・フランク・ボームの人気童話「オズの魔法使い」と同じと思いきや・・・『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が、ディズニーとタッグを組み、作中に登場する魔法使いオズをジェームズ・フランコを主演として迎え、その誕生秘話を描くアクションファンタジーで・・・夢見る乙女期待裏切らない一寸したラブロマンスありの映画だったんですね。
内容的には、ペテン(奇術師)人生を歩んでるオズと呼ばれる男がオズと言う国に迷い込んだ事から始まる、彼の善良な心を芽生えさせるお話でございます。まぁその過程において、オズの国で最初に出会ったオズを「予言の国を助けてくれる魔法使い」と思い込んだセオドラとの相手ペースチョイラブやら、その姉エヴァノラとの未遂ラブ等の描写もあるのだが、実はこの二人姉妹のエヴァノラがとんでもない悪魔女でして・・・オズ国王を殺したのが自分にも関わらず、国民や妹セオドラには国王の娘グリンダが犯人の「悪い魔女」と思い込ませており、オズを単なるペテン師の人間と人目で見破った後は、その彼の性格を利用し金銀財宝が報酬と言わんがばかりにグリンダを葬る事を約束させる。だが悪い魔女退治で向った先で、オズはグリンダと出会いこれまた一目惚れ感覚で歩んだ際に真実を聞かせられ、その状況を魔法の球で見てしまうエヴァノラとセオドラ。セオドラの方は自分から心変わりするオズへショックを受けると言う、本当に可愛い反応だったのですが、姉のエヴァノラはその妹の嫉妬心を蒼り、セオドラに呪いがかかるリンゴを食べさせ、妹の心から善良心を排除し真の悪い魔女にしたてあげる。この時にセオドラは姉が国王を殺した犯人だと知るのだが時既に遅し。悪の魔女化したセオドラ、この後はディズニー映画らしい悪役魔女のままで終ります。姉、エヴァノラもグリンダとの対決で真の姿に変貌させられ(醜い恨みつらみが重なる老魔女顔)、前国王殺しの罪で都永久追放となり、最後はペテンTrick術の知恵で魔女達を退散させたオズと、オズの新国主(?)グリンダとのHappyEndで幕と言う・・・実にディズニーらしい終り方でした。
背景と人物との合成映像で加工処理に若干難点を感じはしたが、背景画はとても素晴らしく何処の雪山を使用したかなどは解る方ならわかる映像となっております。ストーリー的には超現実的な大人目線から見ると、何故そうなる?その後は?そんなんで解決できるか普通?的な疑問点は多々あるのですが、単にファンタジーハピエン物が好きな夢見る乙女や男性の娯楽、御子様の良心を築く為の題材作品でみるには良い作品なのではないでは・・・と個人的には思いました。でもやはり、普通の「オズの魔法使い」物語の方が私は好きですね。過去にミュージカルやった際、観に行けなかった事が悔やまられます・・・
Copyright © My Diarys. all rights reserved.