こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

DB未トラ編終了で未来トランクスを食す!
タイトル見ると「なんじゃこりゃ!」ですよね。実は今日は子供のBDで、主人休みの昨夜は家族でお祝いしました。
毎年、誕生日ケーキはフルーツタルトかフルーツデコレーションだったのですが、今年は子供のたっての願いからキャラデコ、新婚時代から利用してる良心的経営で美味しい車5分のケーキ屋さん(先日迄の勤務先から直ぐ)で予約したんです。
てっきり描いて貰うキャラは、妖怪ウォッチか特撮キャラ?と思ってたらDBキャラと言い出し、では誰にするかで押し問答となり・・・子供にはその時「お母さんが好きなベジータは有得ない」と言われちゃいましたけどね(T_T)
その後、悟空、ブラック、未トラと候補が上がり・・・結局、未トラ編が好きな息子は未来トランクスを選んだのですが、未トラ編終了しケーキ屋さんのキャラ変更可能日過ぎた後、「ベジットか青髪悟空にすればよかった」とぼやいてた為、所詮、御子様が選ぶキャラなんてその時の旬活躍してるキャラなのよね~・・・と実感しましたね。

そして、昨夜は未来トランクスが微笑むケーキ(下記写真添付)に誰がナイフを入れるかという話になり、家族三人で「これを切るのは可愛そう」とか「グロテスク」とか「どこから切るべきか」と押し問答となり、結局、主役である息子に委ねた所、進撃のエレンみたくケーキナイフを掴み上げ「俺は未来トランクスを食ってやる!」と、進撃見た私だけが爆笑出来る台詞で、ナイフで顔を真っ二つにしてました。と、そんな経緯を経て、美味しく家族みんなでケーキを食した訳で・・・いや~本当に美味でしたよ・・・未来トランクスは❤ 昨夜の御馳走写真、手巻き寿司のネタは三人だと十分にお腹膨れる量です。
トランクスケーキ
誕生日の御馳走?



そんな昨日のお昼は、子供の社会見学で港施設の地震体験(震度6迄)や津波疑似体験(伊勢湾台風3D映像)をしてきたのですが、淡路大震災時も震度5強(?)と言う凄い揺れだったにも関わらず、当時、バブル崩壊経済気疲れから体重40前後で疲弊し捲り満員電車通勤してた拒食症になりかけ自分には睡眠だけが癒しだった故、その誰もが気付いて早朝に起きたと言う揺れにも全く気付かなかったと言う類まれな人種でして・・・昨日の震度2~6迄の段階的揺れ体験で、あの揺れで起きなかった自分って何だったんだろう?と・・・今になり自分で自分を気味悪く思った体験でした。。でも、中々勉強になり有意義な一日でした(動画添付をと考えてましたがデーターがスマホで圧縮出来ず、リンクにするとプライベートな問題発生故に止めました)。
スポンサーサイト

大物歌手落選の第67回紅白歌合戦
昨日、紅白出場者決まりましたが「SMAP」が出ないから「KINKI KIDS」 が出れると言う。紅白のジャニーズ枠って大変ですね~。
で、「THE YELLOW MONKEY」が初出場です。歌われる歌はグループ参加故に自分が二次サイト作ってるDBのDB超主題歌でないと思うけど、再結成後超Lucky君で良かったですね。で・・・お笑い界の「オリラジ」の【PERFECT HUMAN】も初登場らしいね。まぁ、ウチの子も今流行ってるピコ太郎と同じく、TVでビシバシ出捲ってた頃に一緒になって歌って踊ってたしね・・・。今もたまに思い出してやってる姿に呆れてます。そして主人と子供が今一番お気に入り「RADWIMPS」も初登場。PV録画消去せず貯まってるにも関わらず昨日アルバムCD届いた(-"-)
そして個人的に紅白選考で気になったのは、今回落選された「秦基博」さんと言う方です。最近歌手チェックなどしてませんが、検索かけたらYouTubeで出てきました。結構、バラード的と言うのか?聞かせる歌が多くて個人的には好きな部類です。下記URLから「秦基博MIX」画像が閲覧可能はな筈・・・
https://www.youtube.com/watch?v=-hkRusHMQ7k&index=2&list=PL7D2C204991D42644
で、上記内収録の「竹内まりや」の【元気を出して】を「スキマスイッチ」とカバーしてるのですが(下記URL)、この歌は個人的な人生曲と言っても過言でない想い出の曲です。こうして女性声帯でなく、男性声帯で聞くのも又一興と言う物で良かったです。
https://www.youtube.com/watch?v=pRpjpetxiLg&index=8&list=PL7D2C204991D42644

学校ボランティアと現代の教育現場
去年は余り感じませんでしたが、今年はメンバーが個人的には合いそうにない凄い教育指導ママさんばかりで・・・美術感覚が合わない。来月、学校の長放課で行う(昼放課以外にこんな放課がある事が自分世代には驚き)、参加自由型工作で使う部品を折紙で作ってたのですが、私は色指定なんて話聞いてないし子供独創性を発揮させるのも目的と思ってた為、色々な色でコマの切紙台紙を作ってたのですが、富士山を作ってた若ママさんが・・・色を全て夜のイメージなのか単に中キチ(愛知県に多い中日キチガイ)なのか知らないが、色を青で統一してたんですね。それ自体は自分の思い通りにしたいタイプなんだと思ったのですが、折角富士山を作ってるのだから・・・一般的に古くから正月飾りの縁起の良い富士と言うと「赤富士だろ?」と思い・・・何故、青山?と疑問に感じ、真剣に美的感覚が合わないと感じてしまった。その後、当然の様に御子様自慢話が始まりましたが、別に子供自身が自慢したり子供またいで聞かされる分には感心するのですが、その親がさも自分の手柄みたいに自慢してると意地悪心が芽生え、金出したのは親だがその結果出る様に努力したのは子供自身故、「あんたの勲章じゃないじゃん」と言いたくなる。これは、自分幼少時に「お金ないけど子供の未来の投資で」と、色々な習い事自慢しまくりママ連会話を聞かされ続けた結果なんですけど。子供心からその手の話聞かされても正直「あっそ。だから何?」って言うくらい可愛気のない女子で、尚且つ何かを受賞したと言う話に興味ない為、個人的に全く感心のない体育会系項目受賞などの(外国で何かそれなりの価値を得たと言うなら別)自慢は耳障りな上に、お喋りは進むが手が進んでない人達だった為、「とっとと作業終えろ!」とOL時代にも経験した年下連中にキレそうになる前に・・・自分の精神安定の為早々に逃げ出してきました。
過去に何か賞を取ったクラスメートには感心なかったが、自転車で夏休み日本一周し(だったかな?愛知から九州又は北海道間での往復だったかな?詳細は忘れた)、新聞にその姿が掲載されたたクラスメート男子には凄く感心した覚えがある。関係ないがウチの主人も名古屋南方から私の実家隣市迄自転車で走ってきた事のある強者で・・・流石にあの時は何か起きた時に御両親に申し訳ないから二度とやるなと願い出て、その意味不明なチャレンジ精神に負け・・・給料前に昼飯奢った覚えがある。

自分が晩婚で高齢出産故に、今のゆとり世代主体教育現場に色々な不満しか出ないのですが(絶対現代の教員って一般社会人より休日が多過ぎで楽してると思う)・・・それを口にするとバブル世代主人からモンスターピアレンツと嫌味言われる為控えております。でも週六日教育現場で育った者は、週休二日制導入後に学力低下し、家計削って家庭で塾通いなんかさせてる教育現場システム自体が間違ってると思うし、完全週休二日でない時代に社会人を始め働き続けた人間からしたら・・・下世代甘やかしてないで学校の完全週休二日撤退させろや!と文部省に文句言いたいこの頃です

森口博子の歌とSMAP
ORIGINの主題歌、森口だったのね~♪Zガンダムが彼女が歌ってたと思うので、久々に歌声聞いたら懐かしい気分。
一寸前迄はお昼番組に出てたけど、昔に比べると当然だが、彼女も大分痩せられてましたね。でも、喋りは当時のまま健在でしたね。しかしSMAP解散間近のこのタイミングで、森口がンダムで歌復活は何と言うべきなのか・・・・妙なマスコミ起用な感じがする。

当時不人気だったSMAPメンバーを成長させたと言っても過言でない、森口と森脇の「夢はMOROMORI!」は、あのジャニーズアイドルがバラエティをやると言うのが新鮮な時代故、欽ちゃん番組とは別の意味で観てて面白かったです。特に番組内でシリーズ化してたSMAPメンバーのおそ松パロ・・・良かったです。そんなSMAP売れない時代、売れてた二人との共演、その後SMAPは急成長し国民的アイドルに。それなのに今年はその人気一転、解散と言う結末と相成りました。ファン心理では残念ですが、本人達が決めた事だから温かく見守りましょう。確かにキムタクが結婚する頃から、メンバー内では何処か綻びが出た関係だったのかもしれません。最近思うのですが、週刊誌で書かれてる中居木村不仲説が本当だとしたら、恐らく一緒の時期に結婚しようねと約束してた女子親友同士で、どちらかに彼氏ができた時に生じる、彼氏出来なかった方の「裏切られた」感覚と同じ事が起きてる様な気もします。まぁ、人生山あり谷あり、七転び八起、株同様に上昇があれば下降もある訳で・・・でも陽はまた昇ります。年末解散するメンバーが(紅白出ないなら実際の解散映像はないと言う気もする)、何時か映画やドラマ・歌番組など何処かで普通に共演出来る事を祈ります。

と話がSMAPに脱線しましたが、THE ORIGIN Ⅳ【決戦前夜】(左記文字クリックで画像表示)の主題歌「宇宙の彼方で」は透明感あふれる、Zガンダムとは違う感じで歌われております。

東農地区の紅葉Ⅱ
東農地区の山の景色が一変しました。
東農地区紅葉

今日は学芸会
今、これを入力しようとしたら地震が起き(11:48頃、震源地:和歌山県南部、当地域震度3)、背中のカップボードが揺れた時は流石に押さえてしまいました。さて、そんな今日は子供の学芸会でした。一年の時のピアニカ演奏と異なり、二年の今年は「飛べない蛍」と言うお話の劇をやりました。皆、緊張してる子も居れば慣れた感じで演じてる子も居て、こういう劇が好きか嫌いかは、子供の台詞読む速度や声音で明白に別れますね。とは言え、二年がやる劇だからと内容も省略してるんだろうと舐めて観にいったら、結構内容が一本の目的軸にそってしっかり纏められておりました。

≪ストーリー羽が爛れて生まれた蛍のピピは皆が飛び立つ時に飛べなくて、自分の姿に対し自暴自棄になります。みんなはピピのことを気遣っていました。そんなある日、人間の子供が病気の友達に見せる為に蛍を捕まえに来て、ピピが捕まりそうになります。でも、ピピの友達の蛍が人間の子の手に止まり、ピピの身代わりとなり人間に捕まえられます。ピピは身代りになった友達を案じて泣き叫びます。そこへ集まった数十匹のホタルも「実は自分が捕まろうと思っていた」と其々に告白し始めます。こんな飛べない蛍の自分は人間に捕まっても構わないと思っていたピピは、身代わりになった友達蛍も、今自分を取り囲んでいる仲間達も、捕まえられそうになった自分の犠牲になろうとしたのかが理解できず「何故?」と問いかけます。仲間たちは口々に言い始めます。「ピピは飛べないが、自分達は飛ぶ事が出来るから逃げる事も出来る」と。暫くすると身代わりになった友達蛍が人間に逃がされて帰ってきました。今迄自暴自棄になってたピピはこの時、自分は一人でないと初めて気づき幸せな気持ちを手にする事が出来たのでした≫

と、こんな感じの「他とは違うホタル」の心情を描く事で「いじめられる子ども」の心情を暗喩させ、その心をイメージさせて自らが「いじめられる子ども」の気持ちや立場を理解できるようになることを目的とした物語として、1967年に書かれた児童書らしいです。
何やら声優陣が坂本千夏さん、山口勝平さん、折笠愛さんが人気あった頃に、同作のアニメ版が作られた様なので興味ある方は検索してみて下さい。


少し早い紅葉見物
秋から冬への季節の移り変わりは年々遅くなっておりますが、木々の色が変わるのは時間をかける暇なくアッと言う間で・・・11/7に実家訪問した際はまだ木々が緑でしたが、一週間経過すると落ち葉は凄いし温度低い場所の木々は既に赤くなりつつあるしって感じで・・・折角なのでNewオープンした店の帰り道にある、芝生公園に立ち寄り東農地区の紅葉具合を拝見してきました。でも、この地区の自然の山は、整備されてる観光地の木々と異なり、まだ紅葉全開と言う感じではありませんでした。だけどこの時期、昼間も既に13度から上がらない地域故に、恐らく一週間後はまた色が変わってる事と思います。
最近、閉じこもりっぱなしでDVDやら小説やら見て、二次創作漫画描いてるだけだったので、こういう自然の移り変わりを目にすると心の洗濯になります。
これが温泉浸かりながらの景色だったら・・・もう何も言う事もない癒しシュチューエーション!あ~温泉でノンビリしたい・・・
紅葉11/14の岐阜東農地区紅葉具合

【実写版:進撃の巨人】
今頃になり進撃実写漸く観ました。まだアニメも漫画も全く鑑賞する気がない時、スマスマで草薙君(エレン父役で出てたね)がパロってて、実写くらい観に行こうかな~と当時は思ってましたが、アニメと原作内容知ってくると実写は観に行かなくて良かったと思いました。だって登場人物全然ちゃうし話も違うしって感じで・・・PCグラフィ映像での巨人バトル戦や血潮等の表現の仕方は凄く良かったのですが・・・エレンやジャンは全然弱いし、ミカサも全然違うしで・・・別作品と思えば面白い事は面白いけど、途中で話見えてしまった感が強かったです。
今はアニメ全話鑑賞したばかりでアニメ印象が強い為、個人的主観感想としての実写「進撃の巨人」は今一です。あれは実写版にリヴァイ出さない方針にした演出側は、リヴァイファンの反響を想定したら正解な処置だと思います。何でもリヴァイの発音が日本語にないから登場させなかった書き込み等ありましたけど、あの作品でリヴァイ登場させてた方が作品感想炎上した気もします。実写限定キャラの月島はリヴァイの代役だとは考えれないし。月島=リヴァイだと、ミカサに強引にリヴァイがキスする事になるんだぜ!しかもエレンの前で!信じらんね~し絶対嫌かも!だってミカサってエレン一筋じゃねぇ?
それでも実写版で予想反して当りと感じたのはハンジさん(役:石原さとみ)。実写ハンジのハイテンション声がアニメとクリソツで・・・声優さんが吹替えしたのか、さとみさん御本人なのか私は知らないのですが、あのハンジだけは実写も良かったです。
漫画やアニメの実写化は期待すると裏切られる事多々あるのですが、予想遥かに超えた見ごたえある楽しさを提供してくれたのは、過去作品ではやはり私的には「るろ剣」だけかもしれません。(進撃落書きはリンクの別Blog記載)

アニメ映画【ガンダムオリジンⅢ】
一時期お笑い世界でもブームを巻き起こしてる為、大半の方は機動戦士ガンダムと言うアニメは存じてるかと・・・この度、遅ればせながらそのアニメのオリジンシリーズⅢ、録画してたのを観ました。このオリジンはTVでは今一解り難かったシャアの過去が明確にされてて凄く良い物語です(ガンダムシリーズ、自分ではZZまでしか観てない)。と、言えどお笑い界でブームになった初代主人公アムロレイでなく、そのライバル「赤い彗星のシャア」サイドストーリーみたいになってますけどね。個人的にアムロは好きでなかったんです。たしかブライトか誰かにビンタされた時、「親父にもぶたれた事ないのに!」・・・あの一言で、お前男のくせに殴られた次の瞬間がその言葉かよ・・・と、子供心に何か今迄ヒーローと違う感を感じ、このキャラ嫌かもと思った記憶がある。シャアが出て来るまではセイラさんとカイの妙なコンビネーションが好きでした。

話はオリジンに戻し、あの「赤い彗星のシャア」の若かりし頃・・・当時、各局で競って放送してたTV刑事ドラマ好きだった自分が、一番最初に好きになったアニメキャラ故にオリジンと言う作品には惹かれまくりです。士官学校時代、自分の素性を知った者への非情な口封じにしろ、ザビ家御曹司ガルマを自分の都合よい立場へと言葉巧みに導いていく姿にしろ・・・これぞ己の復讐目的達成の為に手段選ばない、でもドロドロな嫌な感じがないスマートな復讐劇で・・・ニヒルなアニメイケメンキャラ未だ存在ありって感じです。初代作品でシャアは敵方(連邦軍からみて)だったのだが、自分には最後迄憎めない愛しいキャラでアムロを憎みました。

最後にシャアの活躍を画面で見たのは映画「逆襲のシャア」だった気が・・・この作品でシャアはすっかりおじさん化しており、原作の安彦氏の絵柄でもなかったんですよね。そしてお話自体も想像してたのとは大分かけ離れてて・・・個人的には期待外れだったのを覚えてます。でもオリジンは若いシャア満載で、少年期の田中真弓さんの声も良かったですが、やはり馴染みある池田秀一氏シャアの方がファンとしては心躍る物があります。あの何を考えて生きてるのか誰にも解らない、シャア・アズナブルと言うキャラを生かしてる、昔と今も変わらない池田さんの声演技に大拍手ですね。

突然人生観・・・生きてる限りストレスは続く
表題みられた方に「だから何?」と言われても、自分はけしてストレスからの突発自殺はしませんけど・・・戦前・戦後・高度成長・段階・バブル・ゆとり・独身・既婚者・子持ち・・・と、様々な世代で成り立っている現代社会故、各世代間での立場間思考相異でストレスは誰も抱えてますよね。そして、それを愚痴り続けたい時期も長い一生にあるのは事実で、自分もすっごく経験あります。でも愚痴っても過ぎた時間は戻らない訳で、その状況や相手に言われた発言を不満と感じるか自分を一回り成長させる糧と考えるかはその人次第。

それぞれの方が口や態度にした愚痴や不満等は、その人の立場になって初めて理解出来る物。私も数年前に親の身体事情で大変な友人の愚痴や八つ当たりを受け怒りたくなった事もあります。でも当時の彼女と同じ立場に今なり(と言えど、親同居してる訳でも独身でもない為100%同じではない)、当時の彼女の漠然とした未来自分への不安や苛つき、色々な機関への怒り等、昔よりは理解出来てるつもりです。だからこそ、辛い事や嫌な事からの逃避手段の一つとして自分の楽しみ方(趣味)を失っては駄目だと、最近昔の趣味を取り戻した自分はつくづく思います。それが一つでもあれば、ドツボのマイナス思考へ向うのは引き留められます。マイナス思考の行き着く先は精神異常・・・酷い時は発狂や自殺ですから。自分の知人にも、自分が楽になりたい最終手段で自殺した方は数名います。かくいう私も、小さい頃から他人の感情に関わり過ぎると自分思考感情を見失い、激ヤセする程に疲弊傾向があった為、友人との間にも一定ラインからは踏み入れない距離を置いての付合いをしてました。でも女盛り半ばから数年間・・・ある人の感情に染まり過ぎた為、自分の楽しみも去る事ながら夢も何もかも失くしてしまいました。その時の感情を消すのに実に10年以上の時間を要して今となれば凄く勿体ない年数です。
私にも夢と希望があり、必死に誰に何を言われても文句一つ口にせず正社員として働いてる時期がありましたが、それはその自分選択誤り時に見失い、夢実現可能まであと数年で不可能となった。一時期は精神科にと家族が言い出した時期もあるくらい、当時の仕事一筋状況化してた自分から脱した後、数か月は言動や行動等が奇異だったと自分でも思います。でも時が解決する物で・・・思考精神がまともに戻りつつなると、人は別の道を模索始めます。自分は今の人生に滅茶苦茶な不満がある訳でもないけど、100%満足してる訳でもありません。でも、息をして無事毎日を過ごす平凡が一番かなとは思い始めてます。

誰かに何かを言われ「自分の人生は私のモノだ」とよく発言してた身内と友人を持ってた自分ですが、その言葉を聞く度に「なら周りに恨まれてもそれを追求してけば」と思った事があるのも事実。人との共存と言うのは、時にはそんな自分の我を殺して歩み寄る事から始まるのではないのかな?・・・と思うこの頃です。
Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.