こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

小説:村山由佳著【天使の柩】
久々に小説借りて読みました。過去に読んだ村山由佳先生の作品は、GLとかBLとか人間外生物とかのベッドイン等も出たりして結構「ドーン!」と衝撃受け暫く避けてたのですが、その衝撃が癖になったかの如く、念の為に心構えを持ち読みましたが・・・この作品は普通でしたね。
まぁ普通と言えど、主人公の15歳少女の生き方に難があるのですが・・・結構、似たような駄目男と早々に肉体関係持ち、子供産んで離婚してというリアル経験者なども学生時代身近で知ってた為、読んでて楽観的には読めず超リアル感覚で読み切っちゃいました。
主人公の女の子は、比女性と日本人とのハーフの子で生まれた時から祖母に母娘とも歓迎されてなく、母親はそれに耐えられず子供を捨て帰国し、祖母は残された孫に対し酷い呪文みたいな言葉をののしり(恐らく母親に対し言いたかった言葉では?)たまに折檻しながらも、料理などを教え孫をそだてるんですよ。で、エリート人生歩んでいた父親はある日を境に人が変わり、一度は家族心中(自殺)の奇異行動に出た事もあり、その母(祖母)の死後は自分が家に居る間は娘を軟禁すると言う(これも考え様によっては娘を衝動的に殺してしまわない処置だったのかも)・・・とんでもない環境で少女は育つんですよ。そんな環境故に、家以外の避難所とし、自分の身体目的で軟派してきた男の部屋に入り浸る気持ちも解らなくはない。肉体関係持ち、一応彼氏という存在となったその相手に対する感覚や思いも、ある成人男性と出会ってから一転していくという。ラストはそれなりにHappyEndですが
それまでの過程が滅茶苦茶とは言わなくても意外と重いですね。
まぁ、正直夢見る乙女達向けの小説とは言い難く、ちょっとした諸事情ありの未成年人生経験を知る又は経験した方が読むと、多々共感出来る点も多々ある訳ですよ。学校教育での苛め的な場面もあるし、見せかけだけの同性友人関係とか、女を食い物にする男性の厭らしさ等々・・・自分的には「成程」と考えさせられる描写が多々あった訳ですよ。
でも、ラストがキチンと纏められていて、少女は心ある夫婦の養女として引き取られるのですが・・・それがまた、後半文中にあった「人生はお肉じゃがと同じ。お肉が好きでそればかり食べてるとジャガイモばかり残る。又逆も然り。これまで生きてきた人生で嫌な事ばかりの人は、良い事しか残ってない」(台詞は簡略化してます)の言葉通り、ある小事件を通して知り合った心ある人達との交流のおかげで、少女には先の明るい人生が待っていると言う感じのHappyEndで終わってたのはホッと安堵出来た作品でした。
スポンサーサイト

'17米【スパイダーマン・ホームカミング】
夏休みの映画鑑賞で、我が子がカーズかミニオンで悩んだ挙句、スパイダーマンを選択(USJアトラクションの影響と思う)。
で、日本での公開初日の上映初回で観て思いの外面白かったのだが、「こんな話だったっけ?」と、映画スパイダーマン1しか観た事ない自分は?マークを拭いきれぬままでした。何となくラストが続編あり気な終わり方してたので、映画内で結構重要な役割で登場してるアイアンマンとかも観た事なく、スパイダーマンとの繋がりも意味不明故、これは一度最初からDVD借りてこないとなぁ~と、帰宅後にPCで調べたら映画シリーズが下記の通り沢山ある事を初めて知り、「えっ?こんなに何時の間に!?」って感じで・・・景気の影響により、趣味に時間避けなくなりつつあった女盛りから結婚するまで、どちらかと言うと仕事主体で生活行動していた結構長い期間・・・私は一体何を楽しみに生きてたんだろうか?と、マジで浦島太郎気分になりましたが、映画自体は流石アメコミ実写版だけあり、ユニークかつ迫力があり楽しませて頂きましあ。

まぁ、そんなこんなで、旧シリーズから全て借りて観てみるべきか、アイアンマンからアメイジングスパイダーマンシリーズを借りるべきなのか・・・それが悩みどころ。

スパイダーマン(2002年)☜ 恐らく自分が見たスパイダーマンはこれだけかと
スパイダーマン2(2004年)
スパイダーマン3(2007年)
アイアンマン2' ( (2008年)☜ この映画でアイアンマンとスパイダーマンが会うのかな?
アメイジング・スパイダーマン(2012年)
アメイジング・スパイダーマン2( 2014年)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)
スパイダーマン:ホームカミング( 2017年)

'16.邦画【君の名は】
漸く、主人購入DVDが返却されてきた為一年遅れで映画観ました。
一言で言うなら・・・成程、ドラマチックな恋愛観を抱いてる男女万民には、絶対的な支持がこのアニメには起きる訳だ・・・で、物語の発端から最後の再会迄、確かに良く出来た作品で「面白い」とマスコミ等のインタビューで答えてた方の気持ちは理解出来た内容ではありました。でも、やはり・・・超リアリズムな、一般的な甘い恋愛をした事ない自分的には、何処か醒めた感で最初から最後迄「ふ~ん・・」と観てただけ・・・。
子供が騒いでいたHシーンと言うのも、たきとみつはが入れ替わる度に描写されてた場面の事で、「成程!これか!」と納得した物の、DBや進撃の二次作品でBLやらNLR18を閲覧してる自分的には「まぁ、普通、男が女の身体に入り込んだら、そういう行動とるわな~」で、子供と同じ歳頃にキューティーハニー等をTVで観てた自分故、正直、我が子が騒ぐ程に大した事ないじゃん・・・でしたが、その手の描写に免疫ない小学中学年が観ると厭らしいHなシーンに映る物なんだなと認識。
で、たきとみつはの入れ替わり生活の場面では、私がみつはみたく男子の身体に入り込んだ時にしたい事は、こんな純情路線デートでなく、男性が女性に感じるベット淫の感覚(相手をイカス時の男ならでの高揚感など)を経験してみたいな~等と・・・不健全な事を考えたりもした。
そんな個人的な不健全思考は置いといて、この物語の良い点は二人の時間がずれていて、危険を救い新しい時間に作り直すという、時空を超えた人命救助劇の恋愛物語という点でしょうね。確かに、私よりロマンチストな主人が好みそうな話だ(一般的に女子より男子の方がロマンチスト感は高い)と感じたと共に、昨年の上映中、別映画チケット購入した際に見掛けた、年輩の中年男性や学生男子達が、一人又は集団で「君の名は」鑑賞に来てた訳が理解出来た(学生は主題歌目的かもしれんが)。
でも恋愛映画嫌いな人間からしたら、この内容なら何も恋愛に結び付けなくても・・・という辛口発言が出そうでもあるかな・・・と。
まぁ・・・TVで紹介してた言葉より、夢ある綺麗な作品だったとは思います。初めてですね。TV映画紹介の方が陳腐で何処か下品に感じたと(文章では違ってたのかも)、映画観てから思えれる作品は・・・。

'17夏ドラマ【愛してたって秘密はある】
DBZ改とDBGTアニメ放送見捲るこの夏、唯一録画して観始めた福士蒼汰君主演の夏ドラマですが、何これ!興味深いお話しじゃんかって感じで、一話からサイト漫画原稿の指が止まるくらいに没頭してしまった。
まぁ、観ようとしたきっかけは福士君主演と言う事だったのだが、その後、各局今夏ドラマ内容を調べてみて、これが一番興味そそられた為に録画鑑賞にまで辿りついた。でも、観て良かった!最初に「おっ!鈴木保奈美が出てんじゃん!」と嬉しくなった。
いや~この人昔と変わんないよな~。今年齢の織田裕二と「その後の東京ラブストーリー」とかやっても、熟年元CPでイケんじゃない?って感じの若さと落着きと綺麗さがそのままでございます。
鈴木保奈美と言ったら、諸事情で縁切った元友人の妹がクリソツで、当時は「保奈美に似てんね」が男性からの誘われ文句だった事を、その姉(元友人)には内緒でお茶した過去聞いたのを思い出した。妹は顔が鈴木保奈美似、姉は電話での声が松田聖子似で・・・当時は男性受けが良かったんじゃないか?
で、保奈美ちゃん以外でも嬉しいのが、DBドッカンバトルCMでも御存知の遠藤憲一さんが出演されてる事。これがまたお堅い職業の渋い父親役なんだよな~。そしてもう一人、脇役なのだが結構色んなドラマに顔出ししてる鈴木浩介さん!もう、何て言うのかな・・・第一話ではこの方の演じる役の雰囲気が、このドラマの超シリアス設定を緩和してくれてる様な錯角さえ起こしたぞ!
で、本日、お勉強になった遠藤氏演じる立花弘晃のお言葉「天網恢恢疎にして漏らさず」です(解説 -《「老子」73章》天の張る 網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行 えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるという意味)。この言葉もだが、恋人同士の会話とか・・・ところどころDBベジブルに使用出来そうな台詞や場面もありまして・・・主人公が罪人であるが故に、この場面はかつての破壊王子ならどうなるかなとか・・・一人萌え思考にも走りそうなのを堪えておりました。

7/16地上波放送【カーズ2】
カーズは子供が入園前にレンタルで観せた時は凄く楽しんでたのですが、今だとTVで点けてても余り興味が無いのか、観たり観なかったりですね。でもトミカ(入園前にハマってた玩具で色々買わされ今も残してある)から発売されてるカーズ1ミニカーは、何台か買わされウチにある。まぁカーズ映画に男児がハマるのって、自分の好き嫌い番組がよく分別出来ない頃、親から与えられたトミカで遊んでるうちだけでしたね。後、親しい子が好きだと教えてくれる、また、一般的に超流行ったディズニー映画だけで、アナ雪は息子が観たいと言ったのでレンタルしたし、ラプンツェルも私が録画したのを一応観てた。でも、結局特撮や刑事ドラマに戻る。女児は幾つになってもディズニー映画好きな子は多いですよね・・・。
カーズ1の映画館上映は何やら「ゲド戦記」と重なり、客入数が今一だったらしいのですが、カーズ2よりカーズ1の方が私個人的には好きな内容ですね。で、今、カーズ3が映画館上映されてるそうですが、我が家ではこの夏、わざわざ子供映画は観には行かない。何故ならこの夏は来週から毎週一回ずつの子連れ外出を約束しており、主人が同伴嫌がる為に平日行けの指示受けた。アミューズメントパーク二施設、展示会に二回、花火一回と・・・どれもこれも平日でも夏休み故に人混みが凄い為、マジ行く前から疲れてます。だから映画館まで子供と一緒したくない!だって自分が見たいの映画って・・・我が抑えれなくなってからは、R12やR15のばかりなんだもん。そんな作品を好む自分が、子供向映画を観たいわけないじゃん。だが、冬にもし妖怪ウオッチ新作上映されるなら・・・アニメ映画は旦那が連れてかない為、自分が付合う羽目になるんだけどね。
で、今我が子が興味ある映画が【ポケモン】と【関ケ原】。ポケモンは連れてく気ないが、【関ケ原】は自分も観たい為同伴させるか否か悩み中ですね。で、我が子が作って欲しい映画は【ドラゴンボール超の映画外伝】らしいのだが・・・確かにDBファンも観たいだろうが制作側事情と、DBファンの好きなシリーズ等も皆異なってる為に、映画館に客が入るか不明だから難しいかもね~。
Copyright © R-nagatomo Diary. all rights reserved.