FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

2018年鑑賞してた夏ドラマ終了
今年の夏は「この世界の片隅に」・「健康で文化的な生活」・「義母と娘のブルース」を観てたのですが、この3本何やら原作は全てコミックだった様で、「この世界の片隅」の他も漫画だったのは放送開始から大分たった後に知りました。
「この世界・・・」はアニメ化にもされてた為、話の内容は解ってたのですが、やはり罪のない人々の命を奪いつくす戦争で子供が犠牲になる場面は何度見ても辛いです。「蛍の墓」を初観賞した時の衝撃も凄かったのですが、今回の子供が亡くなり片腕を失くす流れもショッキングでした。でも、こればかりは日本で経験した方も多い事実ですし、今現在も戦争を続けてる国もある為、何年時が流れても、人類は自分達人類や宇宙に息づく地球という惑星に対し、犯してる罪である戦争や原爆の悲劇から目を背ける事はしてはいけない気がしますね。ただ、このドラマ(漫画)の良い点は、戦争で起きた悲しさを乗り越え、次の時代を他人と供に一丸となり生きていく活力的な部分まで描かれてる事です。他人と一丸になる活力がなければ、日本という国が高度発展成長出来ていたかは微妙ですから。
「ケンカツ」は正直に役者目当てで見始めたのですが、見始めるととても勉強になる面白いドラマでした。正直、「生活保護」と言う言葉は知っていても、どんな人達がどんな時に使い、どんな手続きが必要か等知りもしなければ、調べた事もなかった為に勉強になりました。と言えど、今回ドラマ登場した受給者側事情と言うのが妙にリアルで・・・知人からまた聞きした話とか、友人宅の子供がそれに近かったとか・・・まぁ、妙に思い当たる設定の話数もあった訳なので、今後、不景気時に家族路頭に迷う事になった、又はなりそうな時に取る手段例の一つと考えれば、中々タメになるドラマではありました。
「義母ムス」は、これまた今迄読んだ事も観た事もない設定で・・・これは流石に現実では有りえないよな~との安堵感もあり、純粋に娯楽ドラマ(と書くと語弊があるが他に言葉が思いつかない)として面白かったです。そもそも「私の命は余命何カ月ですから一人残される我が子の育ての親になって欲しい」と、良く知りもしない相手に突然懇願され、いくら一人寂しいバイオリズムの時にそんな話が舞い降りて来たとしても、本当に結婚するキャリア女子は現実にはまず居ない。如何せん自分がそちら人生から下車してから、知人のたまに話聞いてても感じてたのだが、今のキャリア的ウーマンって自分が一番愛おしく大切で、人としての感情より自分の高水準生活維持する為の金銭欲の方が上回ってる気がするから、先ず、このドラマ的に感動出来る様な事態は有得ない。だが、現実に有得ないからこそ楽しめる作品もある訳で・・・このドラマはまさにそんな感じの奇跡ドラマでした。
スポンサーサイト

9月上旬に観た映画
2016年米映画【スノーホワイト/氷の王国】監督:セドリック・ニコラス=トロイアン
先月鑑賞した「スノーホワイト」の続編が、漸く鑑賞出来ました。録画してから観れるまでの期間が二週間程空いてて・・・主人に録画消去されなくて良かった。
内容的には童話によくありがちな展開で、前作の邪悪な女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)の妹フレイヤ(エミリー・ブラント)が、好いた男との間に出来た子を殺された事により心を閉ざし、氷の王国を作り始めた事から物語が始まるのですが、そもそもそんな王国を作った事も全て姉であるラヴェンナの仕立て上げたシナリオだったという。
手短にまとめるなら、妹の生き方を妬んだ姉が幸せな愛に満ち足りた生活を送ろうとした妹を、自分と同じ世界の仲間にしようと人を操り、フレイヤの魔女としての潜在意識を目覚めさせたが、姉が犯した事に気付いたフレイヤと袂を分つ事となる。また、その事実に気付くまでのフレイヤは、自分の子供同様に敵に殺されない様、国の子供達を城内で鍛練させるという、少し屈折したやり方ではあるが子供を愛する思いはあった様です。その中の男女二人が成長し恋に落ち、その魔女姉妹闘争に巻き込まれつつも、その二人はフレイヤ王女の死の間際に芽生えた「育ての親の愛情」により危機を脱し、国民達はハッピーエンドだが魔女姉妹は共倒れのアンハッピーという最後。
前作同様、鑑賞後は女性の厭らしさがふつふつと伝わってきて、思わず「御免なさい」と、口から出そうになった映画でした。

2015年米ヒーロー映画【アントマン】監督:ペイトンリード
地上波録画したのを漸く鑑賞。流石、マーベル作品と言うべきで、アクション映像などは見応えあり。1.5cmになれるスーツを人生崖っぷちなバツイチ主人公が盗んだ事から展開する物語で、面白い事は面白いのだが・・・あの蟻の集団画像は虫嫌いな今の自分(子供時代は平気で触れた)には受入れ難く、あの博士の「蟻は友達!(C翼風)」みたいな思考から物本の蟻を操作してると言うのは解せませんでした。その映像を除けば、主人公が例のスーツ機能を使いこなす様になるまでの過程は楽しめたけど、正直に個人の好みの問題で、同じマーベル作品なら「アントマン」より「キャプテンアメリカ」、「スパイダーマン」や「アイアンマン」の方が、ミーハーと言われ様と自分的には好きです。
あと、ラストが敵に危険な目にあわされそうになる我が子を命かけで守ると言う、ドラマ的には日米変わらない有りがち展開なのでしたが、別れた妻には警察官という再婚婚約者も居る為、前科者の主人公と復縁とはいかずとも、今後は良き友達的な温和な人間関係を築いていきそうな気配のENDには、日本のドラマ「LAST COP」の京極(彼は前科者でないが)の、元妻や娘との現代での関係を思い出してしまいました。

2018年邦画【検察側の罪人】監督:原田真人
あらすじ:東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗(しつよう)に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始め......。 (シネマトゥディ記事引用)
 
という内容の現在放映中映画故、感想は下記に反転文字で記載してます。
続きを読む

「2022年問題」以前に少子高齢化の深刻問題
バブル以後、崩壊後のダメージもそれほどなく、今も尚、景気がいい(バブルほどの景気の良さではないが)のは大手不動産業界。
そこで今問題視されてるのが、現在の「生産緑地」の指定期限がきれ、2022年に「住宅用地」として供給される様になる「2022年問題」らしい。この「2022年問題」という用語は、「生産緑地」の法改正した頃に一度TVで耳にした覚えがあるので、その当初からかなり危惧された問題だったのではないかと思いますね。
そして今や少子後期高齢化社会の日本故、地方の奥地から徐々に空き家化が進んでる。その中には老人孤独死というのもある為、住宅を今後作り続け近未来に不動産が潤う又は現在維持できるほどの需要があるのかは甚だ疑問。
と言うか、その前に後十数年で労働力が低下するのは必然で、各解体・各公共事業工事等含め大工職人も減る可能性もある為、生産が間に合わない事態にもなりますよね。その辺、今しか見てない傾向もある経済連や企業TOP、国の御偉様は対応策考えてるのかな?と少し疑問に思う日もあるが、凡人の無力な、「後は棺桶に入るのを待つだけ」年齢に徐々に突入していく庶民が何か出来る訳でもないけどね。
今の若者は高学歴故だけではないが、自分の服が汚れる、怪我するかもしれない危険な現場で働くをの嫌がる人も居るらしく、現場担当に変更された途端止める人もいるとか。まぁ、それはその方の人生故にとやかく言う気はないけど、そんな理由で自己退社される方は明らかに、金銭的に困ってる人間のとる行動ではないのは確かな様です。自分時代と異なり、働く意識も生活の為と文句言わず、雇用者は会社命令のまま移動も素直に受入れてた時代と違う故、子ども出世率が高かった昭和最後世代が現代社会から退職や老齢化に入った後、どの企業が支持され続け生き残るのかは本当に不透明です。

検索結果&検索サイト

親手術、姉同伴、自分自宅待機
先日日記に記載した内容の続。
姉に医者から聞いた通りの事を話したら、「考え過ぎじゃない?」の苦情的な返答を頂戴した。
確かにね・・・良かれと思って処置した物を母の身体から取り除く自体は、大した事ない手術かもしれん。でも、問題なのは今の母の身体事情で術中の体力・気力・血液の問題で、又、手術遅延しこのまま放置していたらどういう結果になるかと言う話でもあった訳で・・・姉が父の施設入居もあり働いてて疲れてんのは解るが、疲れてるのは夏休み24H子供と一緒、実家往復してた当方も同じなわけであり・・・互いの家が徒歩数分とか車で15分内なら兎も角、1時間以上かかる中、外出先から子供連れて呼び出された病院から聞かされたことを伝え、本家筋へ当たり障りない事情説明文章考えてる人間に対し、何でそんな風な言葉が出てくるんだよ・・・と少々ムッとした。そういう事言う前に、母が入院してから京都他に何回遊びで家を空けていたか振返った上、今回のICU入で貴様は容態確認に行ったのかよ!と怒れてきた訳ですよ。
このまま死んだら、又、滅茶悪化したら・・・間違いなくシスコンの遠方叔父叔母二人に、関わった人間全て総攻撃の身になるんだからさ。早くに両親亡くした叔父叔母にしたら、ウチラの母は彼等の母親と同じ。一部親戚筋からしても、ウチラの父より長生きして貰いたい御仁と言うのを理解した上で姉も毎回対処してくれよ。
又、「危険な状態だから手術日に御家族の方に来てもらわないと・・・」とこっちに電話してきた看護婦Wさん! 危険な状態なら尚の事、最悪な結果となった時点で即、子供を学校に迎えに行く必要のある私には自宅待機しか出来ないんだよ!それくらいこちらが一から説明しなくても勘まわせ能天気!
もう・・・何処までが本当で、何処までがオーバー(嘘)なのか・・・毎回のこの解らんドタバタで私がもう逃げたいわ!!!!
Copyright © My Diarys. all rights reserved.