FC2ブログ
こちらは管理人が観た各作品感想と日常呟き専門頁

最近少し心の闇にハマってた
自分、病院病棟とは物心ついた頃から親の入退院で何度でも行き来があり、自分が入院してた時もあったのですが・・・その時、同室のお婆ちゃんが「先に病院を出てくけど、私の方が嬢ちゃんより早くいく」と言われた事があり、当時は突然退院日に言われた事で何の事か解らなかったけど今なら寿命の差と言うのが解る。
子供が生まれる前、母か父どちらかが長期入院した際、寝たきりの方が一人亡くなられ御遺体が運ばれる瞬間に遭遇しましたが、身内の方が一人も病院にまだいらしてなかったのが妙に記憶にあり、あの方は家族に看取られる事なく亡くなられたなんだと知り、今の時代けして他人事でなく、「今は病院に預けっぱなしで、近くに住んでても一度も見舞いにも顔ださず、電話すると仕事なんだから死んでから連絡してと怒る家族も居るのよ。で、大抵その人が入院すると口煩いんだけど」と・・・看護婦さんに聞いたのを思い出しつつ、でも医師達がいらっしゃる病院で亡くなるのはまだマシかも・・・と自分が家で孤独死になる事も考えた事がある。まぁ、そんな感じで生死の境を戦われてる方もいらっしゃる病棟に、今も何か気になった時は病室へ顔出したりする日々です。
そんな年明けを過ごす中、色々なマイナス思考に陥りそうになったりもしたのですが、最後にはある方と別れる際に最後に言われた「しっかりしなさい」の言葉を思い出し、自棄になりそうな自分が踏みとどまりました。そして、八方美人的にも見え疲れる交友を続けていた昔の私に、仕事でコンビを組んでた方の「自分の人生だぞ」について考えたりしてました。彼は、上司に仕事で評価されるよりも、自分がこれだけやったとかやりきれたと誇れる仕事をしたいというタイプの方で、プライベート交友は幅広いのですが、自分と共通の趣味で、私みたいに我儘や個性強い友人達でなく、互いに譲り合い解り合える友人が多かった様です。当時の私はどちらかと言うと認められたいが先行する人間で、自分が嫌だと思った事の友人の頼みや仕事も何でも引き受けてたので、彼の言う事がよく理解出来なかった。「自分の人生」と言うのは、他人の敷かれたレールや人の目や評価を気にしたり、相手に合わせてばかりの心と偽りの道を歩むのではなく、何事も自分が一番後悔しない道を選び、自分に嘘のない生き方をする事なんですよね。彼はきっと・・・嘘をついて生き続けても辛い事を知ってたんでしょうね。最後に悔いのない人生と言うのは、どんな物かやはり解らないのですが、自分が選んだ道を歩み続けてる人はきっと・・・死に目に「良い人生だった」と思えるのかもしれませんね。
自分の場合もともと馬鹿の単細胞で、この半世紀で根気も協調性も欠けてしまってる為、今の出来る事をやる事しか出来ない人生故、今現在、親が生きてる間は親を大事にしたいと思います。だって・・・この半世紀の色々な分岐点において判断を誤っていた場合、私は既にこの世に居なかったかもしれない身だから・・・私を産んでくれて有難うの感謝は・・・自分の親にしか捧げる事は出来ないですもん。と、言う事で・・・風邪と月一お客様で絶不調だった体調も徐々に回復してきたので、明日からは無理し過ぎない程度に色々と頑張ろう!!
スポンサーサイト

観た!仮面ライダー平成ジェネレーションズ「FOREVER」
いやぁ~何時もなら月毎に多作品の感想書いてるけど、年明けから精神的にショッキングな事があり、数日間はヤル気も起きず茫然自失になってたら風邪がぶりかえし・・・と、まぁ、メンタル面が弱くなった時に治りかけてた風邪ウィルスに今も侵されてます。まぁ、落ち込んでいても時は戻らないし、現状もよくなる訳でもない。だからと言って全てを忘れて遊びに行って楽しめる程、神経強くもなければ図太くもない自分ではありますが、諸々な感情を整理しつつ体調改善に努めつつ・・・キチンと神宮参拝・車検・健診と済ませ、漸く気分転換で子供と主人に遅れをとった「平成仮面ライダー20作 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」を本日一人鑑賞してきました。

もう、もう・・・あのモブシーンエキストラに自分も参加したかった!と、言いたくなるほど、懐かしいライダー満載(スーツ―アクターの人は大変だったろうけど)。滅茶格好良いし今回の物語も良かった。(以下ネタバレ故にグレー文字)
続きを読む

今朝のYahoo!ニュース
今朝(昨日が新着だった記事かな?)の経済欄に記載してあった、下記の二点の記事の内容が対象的だった。小学中退(現実に有得るものなのか?)社長の地位を確率するまでの心意気エピソードと比べると、20代後輩指導の記事はなんて内容が薄いんだろうって感じ。

小学中退 異色のコンビニ社長
電話出ない20代 指導に悩み

自分も新人時代・転職時代・お局時代を経験してるから、20代の言い分も先輩の言い分も解るのだが、この手の先輩後輩の仕事指導問題って、その人の育ち方も若干影響出てしまうんですよ。親にそれなりに厳しく育てられた人は、やはり子供に厳しく育てていくのと同じでなんです。後、バブル前に育った昭和世代とそれ以後の世代では仕事に対する意識が違う。
日々のお金に余裕ない昭和世代の人は、仕事を金銭(日々の生活費)を稼ぐ為の手段と考え、自分のやれる事を精一杯やるし上の指導にも耳を傾けます。だって、自分より上の人に反抗した結果、取引先やらに悪評が広がり職を失う事になったら、生活手段を奪われる死活問題ですから。それでも、そこの給料では生活向上や維持が出来ない場合に、その世代には転職やら副業やらの手段が出てくるんです。
でも、金銭的余裕ある人にとっての仕事は、必死になって金銭(日々の生活費)を稼ぐ手段とは考えてない気がする。前文の方々より優れた学力を学ばれてる筈で、嫌なら転職も直ぐ出来ると思う人もいるだろうし、いざと言う時に頼れる祖父母親と同居してたり、孫に甘い祖父母が近郊在住だったり・・・又は小さい頃から祖父母や親が積み立ててくれた貯蓄があったりしたら尚の事、何故自分の我を押し殺してまで働く必要があるのか・・・と考える若者もいますから。まぁ、若い頃に色々な職場文句が出るのは若者の特権でもありますけどね。何れその若者たちも歳をとり、自分を甘やかしてくれたりどんな時も味方してくれる祖父母や親を失い、現代の超シビア感覚の子供達が後輩となる時代がきて、今文句言ってる20代が苦労する時がきます。何事も時代は巡り、自分の行いは自分に戻る(因果応報)ものです。人間と言う生物は寿命も生物上では長く、人生、生き続ける上で自分が経験するすべてが勉強なんですよね。

新年早々を風邪引き、若干ムカついた
主人実家挨拶の元旦迄は何とか気力が続いてたのですが、初売行こうかと思った2日目は大晦日前夜に炬燵で転寝してしまったせいか、いきなり喉が痛く鼻水も止まらなくなった為、主人と子供のお昼(大量に頂戴した餅を嫌がった為)買いに行くついでに風邪薬購入しました。自分は餅入り味噌汁でお昼を食べた後に薬を飲んだのですが、服用数分後に眠気が襲ってきて即ベットへ。気が付いたら17:00と言う・・・実に4時間の昼寝をしてしまいました。
何か勿体いない時間を過ごしたなぁ~と思いつつ、自分の現在の体調には十分な睡眠が必要なんだと言い聞かせ、趣味時間がなくなった言い訳にした。まぁ、昨夜、眠いのを我慢し23時からフジTV「さんタク」とスパドラ「サバイバー」の録画を観てたのも体調急変した要因かも。夕食後に再度薬服用したら大分楽になったので、無理な事せずに早寝を心掛けてたら早く治りそうな気配で安堵。明日の自分実家・・・と言うか、両親を預けてる先にはマスク着用で訪問。実に何年振りかで、主人と姉が一緒に食事する席を設けます。主人実家はご長男様が単身赴任で、今年は仕事都合で年末年始戻れず新年は会わず終い。その場合、孫を夫方祖父母に会わす為、その嫁様が御子様を連れて来るが一般的と思ってたのですが、やはり子供と共に自分実家に引っ込んで今年の正月は夫実家にはこないらしい。自分が育った地区の一般的な常識では、不思議ちゃん思考の年下兄嫁とその実家という感じ。
で、思ったのは、兄嫁は夫両親に何かあっても動く気ないんかい?と言う疑問符。
後期高齢少子化社会のこれから先、何時かは義親の体調も悪くなると予想される中、両親側の経費を担っている実姉が結構な年齢の独身の自分立場的には、今後色々な問題が出てくる筈。義親に何かあり息子家族を頼る時がきたら、素直に・・・「一番若い兄嫁が動け」と、あちら親御さんに文句の一つでも言いたいです。だって当方は義親に何かある頃、姉か自分に異変が出る可能性が高い訳で・・・それに比べ兄嫁本人が私より大分若い上に、兄嫁の御両親もまだ若くご健在。そして妹君も結婚されてる分・・・兄嫁自体は身軽に動ける立場の人なんだから・・・と思う近年です。尤も、離婚されてて籍抜いてるなら話は別ですけどね。
女の一生独身は友達にも多く、親の急死や介護で苦労してるのを知ってるだけに・・・私は兄嫁より実姉を大事にしたいし、義親や主人みたく、皆の中で一番若い兄嫁や姪子の我儘を受け入れる気は、甘え方や我儘が家族や親戚間で通らずに育った私には最初からない。

習事先の動画
塾や習い事先で動画撮影等ない世代故、今の子供の習い事先で動画撮影してる意図が解らない。恐らく子供のレベルが今どんな感じか親に知ってもらいたいんだろうけど。正直、出来る子と出来ない子、習得が進んでる子と進んでない子を比較するみたいな動画を、習い事先から送信されてきても・・・「ああ、子供の教育に不熱心な親に対しては嫌味を言いたいんだなぁ~。Youtubeに上げたのは笑い者にさせたいのかな~」とも思ってしまった。
大体、皆が解る台本なら兎も角、一部生徒が単語の意味や読みが解らない(教わってない・教えて貰ってない)様な台本使った人形劇なんて・・・出来る子の優越感満たすだけなんだから、出来る各クラス生徒同士別日程で、その親御さん達だけに披露すればいいんじゃない?とも思うわけですよ。生徒の性格や考え方によっては、習い事先の先生と出来る(または習得が早い)親子で、その逆の子達への嫌がらせや苛めしてる様にも・・・取れる訳。
そんな風に考えない、そんな思考は思いつきもしない、自分より弱者(この場合習得が遅れてる子)に思いやりも持てない優越感に浸りたいだけタイプには、恐らく劣等感抱いた人間の闇マイナス思考等は一生解らない故、些細な事が感受性高い子には苛めとなり、自殺に発展する場合もあると言う事が理解出来ないから、教育現場の苛め自殺と言われる事件も減らないのかも。

まぁ、家計費預かってる自分的には、将来実が結ぶかどうかも解らない塾や習い事に払うお金が勿体なく感じるんですよ(自分が塾通いしてないし、勉強嫌いなせいなんだろうが)。それに・・・個人的な見解を述べると、そういう塾で今頑張ってる各世代の子供が大人になる時、社会での求人が今現在その親子が望む職種で出るかどうか解らない時代になると思うし。どう考えても、AI万能ロボットが一般社会にお手頃価格で普及するまでは、工事関係等の肉体労働者求人の方が増えると思う。だって、就職氷河期に「大学進んで遊んでる間に求人も良くなるでしょ」と答えた世代は、その手の職種には就いてない様だから数年後の何年間は人員不足。
Copyright © My Diarys. all rights reserved.